ヤリス6カ月連続トップ! 売れ筋ヤリスシリーズに死角はなしか?


 トヨタのヤリスは自販連の「乗用車ブランド通称名別順位」で今年2月トップに立ち、これで8カ月連続の1位。軽自動車を含めたランキングでも6カ月連続の首位となった。新たなベストセラーとなっているヤリス。その売れている理由はどこにあるのか? 

 ヤリス、ヤリスクロス、さらにGRヤリスとラインナップを広げ、パワートレーンもガソリン車あり、ハイブリッド車ありと充実しているが、ヤリスシリーズに死角はないのか? それほど魅力を持つクルマなのか?

 モータージャーナリストの岡本幸一郎氏が徹底的に分析します!

文/岡本幸一郎  写真/ベストカー編集部、日産

【画像ギャラリー】驚異の売れ行き!! 新たなベストセラー、トヨタ ヤリスを分析する!!


■ヤリスの販売台数は3モデルの合計

販売台数はシリーズ3モデルの合計となるが、それを置いてもすでに定番になりつつあるといってもよいだろう

 自販連による「乗用車ブランド通称名別順位」において、2020年に首位になったことがあるのは、ヤリス、ライズ、カローラの3つで、それぞれ7回、3回、2回、月販首位を獲得している。

 ただし、年間の販売台数では、ヤリス15万1780台、ライズ12万6040台、カローラ11万7370台となっている。

 しかし、ヤリスはヤリスクロスとGRヤリスとの3モデルの合計、カローラもカローラスポーツとカローラツーリングと旧カローラフィールダーとの4モデルの合計であり、単独で2020年に年間でもっとも売れたのはライズだ。

 しかも姉妹車のロッキーを加えると、その差は実質的により大きなものとなる。

 そのライズも依然として売れゆきは上々ではあるが、発売から1年あまりが経過して、やや勢いに陰りが見られはじめたのに対し、旬を迎えたのがヤリスシリーズといえる状況となっている。

 本稿を執筆している時点で、2020年7月から2021年1月まで7カ月連続して「乗用車ブランド通称名別順位」(※軽自動車は含まない)で首位に君臨しており、この先も当面続きそうな勢いすら感じさせる。

 ご参考まで、ヤリスは日本だけでなく欧州でも、2020年モデル別販売台数ランキングで、1位VWゴルフ、2位ルノー ルーテシア(現地名「クリオ」)、3位プジョー208、4位オペル コルサ、5位シュコダ オクタヴィアに次ぐ6位に名を連ねるほどの人気を博している。

■売れゆきはヤリスクロスがヤリスを上回る

シリーズ別にみると、ヤリスクロスがヤリスを上回る売れ行きを見せている

 ところで、ヤリスというのはもともと海外名だったことはご存知のことだろう。

 現行型で車名を変更したのは、TNGAプラットフォームへの刷新、国内全チャンネル併売化、WRCの日本開催など、クルマ自体とそれを取り巻く環境が大きく変わるなかで、「新しいスタートを切る」という想いを込めて、新たにヤリスを名乗るはこびとなったという経緯がある。

 ヤリスのこれまでをざっと振り返ると、2月に標準のハッチバックが発売され、当初はネッツ店のみでの取り扱いだったところ、5月より全販売店で取り扱いが始まり、その後は8月にヤリスクロス、9月にGRヤリスのデリバリーが始まった。

 2020年の年間販売の内訳は、ヤリスのガソリンが約6万1840台、同ハイブリッド が約5万3460台、ヤリスクロスのガソリンが約1万2710台、同ハイブリッドが約2万100台、GRヤリス が約3670台である。

 ヤリスクロスが発売されてほどなく売れゆきでヤリスを上回り、最新の2021年1月の販売の内訳は、ヤリスが約8180台、ヤリスクロスが約9350台、GRヤリスが約980台となった。

 人気グレードは、ヤリスはハイブリッドがZグレード、ガソリンがGグレードで、ヤリスクロスはハイブリッド、ガソリンともZグレードとなる。GRヤリスはいわずもがな、別格的な位置づけのRZのHigh Performance だ。

 販売比率がヤリスはガソリンが高く、ヤリスクロスはハイブリッドが高いあたり、それぞれ求められるのが価格の安さか付加価値の高さかという違いがうかがいしれて興味深い。

 購入者について、ヤリスのようなコンパクトカーはなおのこと、女性の家族が主に使用しているケースが多そうで実態は違ったものになりそうだが、ひとまずデータとしては、年代は50~60代が50%以上を占め、性別は男性が60%以上に達しているという。

次ページは : ■デザインや走りの質感アップが魅力

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ