【知ってました??】 いまさら聞けない!ガソリンの話


 「日本で販売していて、中国でも売っているようなクルマがあるけど、中国仕様のクルマはちゃんと馬力出てるの? 中国のガソリンって、なんかマズそうだけど」。

 編集部にかかってきた読者からの一本の電話が今回の企画の発端。確かにクルマが持つ性能をフルに発揮するには、耐ノック性につながる高いオクタン価を持つガソリンが必要。粗悪なガソリンではコンピュータがエンジン保護のため、出力を絞ってしまう。

 実は国によってけっこう規格が異なるガソリン。グローバル化が進む現代。その規格の差に起因する問題はないのだろうか?

 というわけで、今回はグローバル的観点に基づいて、ガソリンについての再検証を試みたい。

文:国沢光宏、ベストカー編集部
写真:ベストカー編集部
初出:ベストカー2017年4月26日号


■ダウンサイジングターボが有効か否かは「オクタン価」が決める
(TEXT/国沢光宏)

日本でダウンサイジングターボがパッとしない理由

 間もなく日本で発売されるシビックのアメリカ仕様は、176ps/22.4kgmを発生する1500ccターボエンジンを搭載している(編集部註:この記事は2017年3月時点のものです。

 2018年4月2日現在のシビック日本仕様のエンジン出力(L15B)は173psです)。大雑把にいえば2300ccのターボなしに相当する出力だと考えていいだろう。

 このエンジン、日本でもステップワゴンに搭載されており、レギュラー仕様で150ps/20.7kgm。ターボなしエンジンなら2000cc級に相応する。

 ドコが違うかといえば、ガソリンの種類です。日本仕様はレギュラーじゃないと売りにくいということで、90オクタン対応。アメリカで売ってる仕様は、日本式にいえば95オクタン相当くらいのガソリンを前提にしている。

 ちなみに日本のオクタン価は『RON』という基準の表示。アメリカだと『AKI』基準になるため、表示されているオクタン価と少し違う。

 90オクタンと95オクタンでエンジン性能が違うかと聞かれたなら「圧倒的に違いますぜ!」と答えておく。なかでもビミョウなのが熱効率を追求したダウンサイジングターボである。

 90オクタンだと高負荷時にノッキングしてしまうため、点火時期を遅らせなければならない。95オクタンなら過給エンジンの美味しい部分を引き出せるのだった。

 ちなみに150ps仕様も176ps仕様も、日本のカタログに記載されるJC08モードだと燃費差ほとんどなし。したがってハイオク仕様にしてもメリットがない。

 けれどアクセル開度大きい使い方をすると、ハイオク仕様は燃費よくなります。実用燃費で10%よくなれば、ガソリン価格が5%高くたってメリットある。だからこそアメリカもヨーロッパもダウンサイジング人気なのだった。

レギュラーガソリン対応のため150ps/20.7kgmの出力となってしまうステップワゴン。ハイオク仕様にリセッティングすれば走りがよくなるのは間違いないが……
レギュラーガソリン対応のため150ps/20.7kgmの出力となってしまうステップワゴン。ハイオク仕様にリセッティングすれば走りがよくなるのは間違いないが……

 もう少し突っ込んで書くと、ハイオク使うからダウンサイジング過給に「面白さ」が出てくる。ステップワゴンの1500ccターボ、出力もトルクもライバル車の2000ccとイーブン。燃費はむしろ若干の負け。

 コスト的には高額なタービンやインタークーラー、直噴使うダウンサイジング過給のほうが高い。だったら安価なターボなしエンジンで充分でしょう。

 いずれにしろ平均走行速度の低い日本の道路事情を考えれば、ダウンサイジング過給エンジンにハイオク入れて走るより、排気量の大きい普通のエンジンのほうが効率的だ。

 今後も平均走行速度が上がるとは思えないから、ダウンサイジング過給の普及は難しいかもしれません。中国などの新興国や東南アジアなども、オクタン価の高いガソリンは高いため普及しない?

シビックの日本仕様は、発表されているその出力からハイオク仕様になると予想される
シビックの日本仕様は、発表されているその出力からハイオク仕様になると予想される

■これが世界のガソリンのオクタン価。日本のガソリンの質はよい?悪い?
(TEXT/ベストカー編集部)

規格どおりなら日本のガソリンはイマイチだけど……

 ガソリンの、エンジン内における自己着火のしにくさや、ノッキングの起こりにくさを表すのが、オクタン価。「100」に近づくほど耐ノック性が高く、高性能エンジンに向くとされている。

 日本の規格ではレギュラーがオクタン価=89以上、ハイオク=96以上と決められているが、実際に流通しているガソリンは、レギュラーがオクタン価=91程度、ハイオクが98以上と言われている。

 この表は各国のガソリンのオクタン価の、規格ではなく実際の価を示したもの。正直「ここのガソリンはマズいだろ」とのイメージを持っていた国でも、案外まともなものが流通していてビックリだ。

 が、なかにはロシアやインドネシア、エジプトなどのように、オクタン価が高いほうの製品でも95と、日本のハイオクの規格価に届かない国もあるので、「日本仕様のGT-Rで、ロシアの大地をカッ飛びてー」と考えている人は、ちょっと気を付けたほうがいいかもしれない。

 ロシアのごく一部で流通しているという、オクタン価=80のものなんかを給油された日にゃ、自慢のVR38DETTエンジンが昇天しちゃうかもしれない。まぁ、そんなことを考える人は、おそらくいないと思うが。

ロシアのガソリンスタンド。見た目はキレイだが、オクタン価=80のガソリンを売ってるかも
ロシアのガソリンスタンド。見た目はキレイだが、オクタン価=80のガソリンを売ってるかも

次ページは : ■各国で異なるガソリン品質。自動車メーカーの対策は?