おもてなし? 余計なお世話? こんな装備なんかいらない!


■ミニバンのスライドドアに付く乗降用電動ステップ

セレナの乗降用電動ステップ。そもそも低床設計のミニバンであれば必要性を感じない装備でもある

 これはパワースライドドアを開くと同時にサイドシルに収納されていた乗降用ステップが電動で出てくるというもので、三菱デリカD:5と日産セレナを例に考えてみる。

 デリカD:5の場合はコンセプトが「SUVの要素を盛り込んだミニバン」なだけに、最低地上高が高く、乗降性もよくないのでアリな装備だ。

 対するセレナは乗降用電動ステップがオプション設定されており(装着すると持ち込み登録)、あると2列目以降にアクセスしやすくなるのは事実だ。

 しかし、それはよく考えてみると「普通のミニバンのセレナで乗降用電動ステップがあるとよく感じるというのは、『セレナがプラットホームの古さなどによりそもそも乗降性が悪いから』という証拠ではないか」ということでもある。

 そのため普通のミニバンで乗降用電動ステップがあると有難いというのはユーザーの使い方もあるにせよ、お節介という以上にそもそもクルマに問題があると考えるべきではないだろうか。

■アイドリングストップ機構

エンジン停止した直後に再始動することも多々あり「意味ないじゃん」と感じることもしばしば

 アイドリングストップは当サイトで何度か書いているようにお節介装備の筆頭だ。

 正確に言えば、燃費向上や環境負荷低減のため10年ほど前から普及し始めたアイドリングストップだったが、確かに特に市街地での燃費は明らかに向上するが、いろいろな使用パターンを総合した燃費の向上度合いはそれほど大きくない。

 それ以上にアイドリングストップは12Vバッテリーへの負担が大きいため、12Vバッテリーの寿命はアイドリングストップなしに対し3分の2程度。

 またアイドリングストップ車用のバッテリーの価格はアイドリングストップなし用の1.5倍程度のため、長いスパンで見るとアイドリングストップ付は12Vバッテリーに掛かる費用がアイドリングストップなしの2倍近く掛かる。

 この時点でアイドリングストップ装着によりかさむコストをガソリン代でペイすることはほぼ無理だろう。ということが明らかになってしまったので、今ではお節介な装備に成り下がってしまったというわけだ。

 さらに環境負荷という面でも、燃費の向上による二酸化炭素排出量は削減できたとしても、12Vバッテリーの消費が増えるというのは疑問が残る。

 ということを総合すると、CAFEにより「何が何でもカタログ燃費を向上しなくてはならい」というメーカーもあるにせよ、アイドリングストップの装着は環境負荷やユーザーの負担を総合的に見て、慎重に考えてほしいところだ。

次ページは : ■急激に進化した「自動駐車機能」だが……