トヨタ ランクル70周年!! なぜ売れ続ける?? 営業マン「試す」別格の存在感


 1951年、警察予備隊(現在の自衛隊)への納入を目的に開発されたトヨタBJ型ジープは、1954年にランドクルーザーへと改称され、今年でちょうど70年を迎える。

 ランドクルーザーは、流行りのSUVとは一線を画す存在。それにも関わらず、最新の販売台数(2021年2月)は登録車中22位の2715台。しかも前年比133.9%と昨年よりも販売を大幅に増やしている。

 流行に乗らずとも、ランクルが売れ続ける理由とはいったい何なのか。元トヨタディーラー営業マンの筆者が、ランクルの存在を紐解いていく。

文/佐々木亘 写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】本物は流行に左右されない 道無き道を走り続けるランドクルーザーの魅力


最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ