テスラ大幅値下げで販売増!? いつか日本車の脅威になるのか?


 ここ数年、欧州の自動車メーカーを中心に、もの凄い勢いでピュアEV(電気自動車)のニューモデルラッシュが巻き起こっている。また、2025年にジャガー、2030年にはボルボが専門ブランドになることを発表するなど、世の中のEV化へのスピードが急加速している状況だ。

 今、電動化への流れが大きく変わろうとしているが、それでも世界的にEVを代表するブランドといえば「テスラ」だ。とはいうものの、日本ではまだテスラは一部の愛好家によって指示されているEVメーカーといえるだろう。実際に都内でも、走る姿を多く見かけるほどのクルマではない。

 しかしながら、テスラは今年2月に売れ筋であるモデル3の一部モデルの価格を大幅に値下げして400万円台とし、日産のリーフなどと比べて選べるような存在にもなってきている。

 まだ日本では少数派ながら、独自のブランドイメージに加えて、最近は戦略的な価格での販売を始めたテスラは、将来的には日本車の脅威になるのか? 国沢光宏氏は次のように考えている。

文/国沢光宏 写真/TESLA

【画像ギャラリー】これから多数登場するであろう国産ピュアEVのライバルとなり得るのか!? テスラEVを写真で見る


■テスラファンはこの記事を読まないでほしい!

テスラ モデル3。一部のグレードは大幅な値下げで価格は400万円台となり、価格帯では日産リーフと競合する領域となった

 最初に書いて置くが、この記事、テスラファンは読まないでほしい。きっと腹が立つし、時間のムダになります。何より自分のクルマに満足しているなら幸せなことだと思う。

 ということで本題です。世界的に見れば最も売れている電気自動車はテスラである。コストパフォーマンスの高い「モデル3」が出てから、爆発的な売れゆきになった。

 大雑把に言うとモデル3以前のモデルは1000万円級。モデル3で半額以下になってます。日本でも大幅な値下げを行い、441万円のリーフe+より安い429万円スタートに!

 しかし日本におけるテスラの売れゆきはハッキリと伸び悩んでいる。日本だけ売れていない、と言い換えてもよかろう。なぜか? 理由は明らか。信用されていないからだ。

 そもそも自動車メディアだってテスラを信用していない。売れゆきナンバー1自動車誌のベストカーですら”ほぼ”登場しないし、輸入車を専門とする『エンジン誌』でも紹介されない。

■自動車メーカーというよりパソコンメーカー寄りの企業姿勢

テスラストアがあるのは東京、川崎、大阪、愛知の4カ所だ(画像はテスラホームページより)

 なぜ信用されないのかといえば、これまた簡単。テスラ、ナゾだらけです。そもそも販売台数を聞くと「公表してません」。搭載している電池の容量を聞いても「公表していません」。

 私が「こりゃダメだ」と思ったのは、事故についてメディアから聞かれ「当局の捜査に協力している」しか言わないこと。命を預ける気にならないです。

 火災だって同じ。テスラ、世界規模で少なからぬ台数が発火している。

 2019年3月に香港で自然発火の後、3回ほど爆発。翌月上海で駐車中に爆発的な炎上を起こしている(いずれもモデルS)。「セルの不具合」とテスラは言うが、詳細不明。一連の炎上事故を受けテスラが出したコメントも「ガソリン車より燃えない」。

 さらに問題だと思うのはトラブル出た時の対応である。

 テスラ、ディーラーというモノが存在しない。というのもネットで契約し、納車は近所の「テスラストア」か「サービスセンター」「自宅配送」(配送料金は全額客側の支払い)の3通り。いずれも携帯電話のショップみたいなコンセプトだし、そもそも非常に数が少ない。

 トラブルが起きたり、わらない事象に遭遇したらコールセンターに電話するのだけれど、PC業界の常識なんだろう。つながるのに時間がかかる。さらにやっと出たと思ったら、日本語が怪しい。もちろんその場で答えてくれないケース多し!

 500万円の自動車を買ったお客に対する姿勢とは思えないです。私なら辛抱できません。

次ページは : ■テスラでなければ起きなかった事故

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ