ポルシェ タイカン対テスラ モデルS! 究極のEVサルーン最強はどっち?

ポルシェ タイカン対テスラ モデルS! 究極のEVサルーン最強はどっち?

 高級ピュアEVのパイオニアであるテスラ。その高級EVサルーンのフラッグシップとして君臨してきたのがモデルSだが、近年は欧州高級ブランドのEVも次々と登場。今年はついにポルシェ初のEVであるタイカンが日本に上陸した。

 現時点でポルシェタイカンとテスラモデルSは、圧倒的なハイパフォーマンスを誇る高級4ドアサルーンEVの頂点といえる存在だが、実際のところこの2台は、スペックや走りなど、その実力はどれだけの違いがあるのか? 

 そして今、最強のEV4ドアサルーンはどっちだ!?

文/西川 淳 写真/ベストカー編集部、テスラ

【画像ギャラリー】内装写真もあり!! ポルシェ初のEV、タイカンが日本上陸!!


■モデルS進化版がタイカンの持つEVのニュル最速タイムを超えた!?

テスラ モデルS。ニュルでの驚異的なラップタイムは世界のクルマ好きたちを驚かせた

 未来への期待を込めた価値を原資に日々を革新するテスラのような企業には、いかなるニュースであっても社名が叫ばれているので、それを糧にして前進するという貪欲さが求められるものだ。

 イーロン・マスクがこれまでみせてきた無邪気なまでの数々の振る舞いもまた、自らのカリスマ性を意識して計算された投資家へのアピールだったのかもしれない。

 数多あったテスラ関連ニュースのなかでも最近、旧来からのクルママニアが震撼したのは、モデルSの進化版プロトタイプが記録したニュルの驚異的なラップタイムではなかったか。「ニュルで最速を目指す」とトップがツィートしたものだから、現場はもう躍起なのだろう。

 ポルシェタイカンの持つEV最速タイム7分40秒を(かなり苦労したようだが)更新したらしい。“らしい”というのはそれが非公式タイムであるからだ(それをいうなら過去にも改造版モデルSが驚くようなラップタイムで走っているらしい)。

 しかもそれはアタック専用プロトで実施されたもので、市販予定であっても市販車では今のところない(まだ買えないし、市販車もできてはいない)。2022年に日本でも販売されるという進化版モデルSプレイド(3モーター)のそれはプロトタイプであったという。

■ポルシェはテスラを意識してタイカンを開発したのか?

ついに日本上陸をはたしたポルシェ タイカン。同社初の本格量産EVだ

 とはいえ、モデルSが長らくピュアEV界最強の4ドアサルーンであったことは論を待たない。圧倒的にリディキュラス(馬鹿げた)な加速パフォーマンスを持つモデルSは、“信号よーいドン!”の最強モデルとして君臨し、ランボルギーニアヴェンタドールでさえも投稿動画では打ち負かされていた。

 はたしてポルシェがタイカンの開発プロセスにおいてモデルSをどこまで意識したのか、具体的な内容は寡聞にして知らない。

 その実力をポルシェのエンジニアが徹底的に検証したことは想像に難くないが、モデルSを仮想ライバル(つまり勝つことを目標)としたかどうかについては、タイカンという市販車を実際に試した今となってはいささか疑問ではある。

 実はモデルSなど眼中になかったのではないか。ライバルなどではなかった。内容を詳しく比較すれば、そういう結論にならざるを得ないのだ。

次ページは : ■スペックでは最新のモデルSプレイドが圧倒!