ランエボ スカイラインGT-R 忘れられない衝撃がある! 今も心に残る純エンジン車 8選


「なくなって初めてその大切さに気づく」、なんていう言い方があるが、世界的な環境規制の波に押され、徐々にその居場所を失いつつある純エンジン車は、いずれその代名詞のようになってしまうのかもしれない。

 ここでは自動車評論家 片岡英明氏に「1メーカー1台」の縛りのもと、長い純エンジン車の歴史のなかから「これは!」と心震わせた8台を上げてもらった。

※本稿は2021年3月のものです
文/片岡英明 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年4月10日号

【画像ギャラリー】フロンテクーペからGS Fまで! プロも心躍る純エンジン車8台をギャラリーでチェック!!!


■各メーカーの衝撃を受けた純エンジン車たち

 自動車の世界に電動化の波が押し寄せてきた。

 こういう時代だからこそ、軽量ボディを武器に操る楽しさに満ち、サウンドも心地よい純エンジン車の魅力が再確認できる。

●トヨタ&レクサス GS F(2015年登場)

 トヨタで衝撃を受けたクルマは、限定発売されたLFAを除けばレクサスのGS Fが一番だ。

 5LのV8DOHCエンジンの滑らかさと上質なパワーフィール、そして音色もいい。

 また、トルクベクタリングやトーコントロールの採用による気持ちいいハンドリングも魅力に挙げられる。

 ボディの大きさを感じさせないし、サーキットを走っても痛快だ。

レクサス GS F

●日産 R34スカイラインGT-R(1999年登場)

 日産ではR34型スカイラインGT-Rに魅了された。R32型からの正常進化モデルだが、絶大な安心感があり、操る楽しさは格別だ。

 意のままに気持ちいい走りを満喫できる。現行のGT-Rが重いと感じられるほど軽やかなフットワークを見せ、ワインディングを走らせた時の達成感はメチャ高い。

 高回転まで回した時のストレート6の官能的なエンジン音にも感激だ。

日産 R34スカイラインGT-R

●ホンダ 初代NSXタイプR(1992年登場)

 ホンダで衝撃を受けたのは初代NSXである。

 なかでもレーシングテクノロジーを結集し、ドライビングプレジャーを徹底的に追求した「タイプR」は刺激的だった。

 軽量なNSXを極限までダイエットし、120kgもの軽量化に成功している。

 それでいてサスペンションなども手直ししたから切れ味鋭い身のこなしを見せるようになる。

 心臓を3.2LのC32B型V6DOHC・VTECに換装し、6速MTへと進化させた第2世代のタイプRは、さらにワクワクする走りを実現した。

 この気持ちよさは、電動化に4WDを採用した今のNSXにはない魅力と言える。

ホンダ 初代NSXタイプR

●マツダ FD3S型RX-7(1991年登場)

 マツダで衝撃を受けたスポーツモデルはロータリーエンジンを搭載したRX-7だ。

 最後の作品となった3代目のFD3S型RX-7は、スタイリッシュなルックスに加え、走りも素晴らしい。

 シーケンシャルツインターボで武装した13B型ロータリーはパワフルで、高回転まで一気に回りきる。

 徹底して軽量化し、重量配分にもこだわったから、人馬一体の走りを存分に楽しめた。

マツダ FD3S型RX-7

■ビートを奏でる個性的なエンジン音

●スバル アルシオーネSVX(1991年登場)

 スバルは、上質なフラット6DOHCエンジンを積む4WDグランドツアラーのアルシオーネSVXが衝撃の1台だ。

 これからの時代、6気筒エンジンは少数派になるが、ボクサー6は絶滅危惧種。

 この心躍る回転フィールは、自然吸気の純エンジンだけが持つ快感である。

 VTD式フルタイム4WDも操る楽しさをスポイルしていない秀逸な味つけだ。

スバル アルシオーネSVX

●三菱 第3世代ランサーエボリューション(2001年登場)

 三菱で衝撃的だったのは、2Lの排気量のなかで最高のパフォーマンスを目指して送り出されたランサーエボリューションである。

 定期的に進化を続けていったが、アッパレだったのは4G63型DOHCターボだ。

 ランエボIXまで使用され、第3世代では6速MTも登場する。電子制御システムを積極的に用い、自慢のハンドリングにも磨きをかけた。

三菱 第3世代ランサーエボリューション ※写真はIX

●スズキ フロンテクーペ(1971年登場)

 スズキは2サイクル3気筒の小気味よいパワーフィールが光るフロンテクーペだ。

 瞬発力は鋭いし、ビートを奏でる個性的なエンジン音と独特の香りにも惹かれる。

 二度と出てこない不世出のマイクロスポーツだ。

スズキ フロンテクーペ

●ダイハツ 3代目シャレードGTti(1987年登場)

 ダイハツは、3代目シャレードのホットハッチとして送り出されたGTtiにシビれた。

 1Lの直3DOHCインタークーラーターボはパンチがあり、軽量ボディで痛快な加速を見せてくれた。

ダイハツ 3代目シャレードGTti

【画像ギャラリー】フロンテクーペからGS Fまで! プロも心躍る純エンジン車8台をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ