形を変えて再ブーム!? なぜクーペに復活の兆し?? SUVやセダンに設定相次ぐ訳


  「デートカー」で流行も、衰退の一途をたどっていたクーペにふたたび脚光!?

 かつては、ホンダのプレリュード、日産のシルビアなど、デートカーとして一世を風靡したものの、近年は衰退していたクーペが形を変えていま、ふたたび注目を集めつつある。

 欧州のメルセデスベンツやBMWはセダンながらクーペルックをもつ“4ドアクーペ“を相次いで投入しているほか、近年大流行しているSUVでも、ホンダのヴェゼルやトヨタ ハリアーなどの国産勢を筆頭に、欧州車もクーペのように車体後端をなだらかに傾斜させた“クーペSUV”が多数投入されている。

 なぜいまクーペルックの車が増えているのか?

文/御堀直嗣 写真/TOYOTA、BMW、GM、HONDA、SUBARU、MAZDA

【画像ギャラリー】ぱっと見クーペ!! クーペ風シルエットを持つSUV&セダンと今や希少な国産正統派クーペを見る


最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ