クルマを長生きさせたい! 達人が教える「自分でできるメンテナンス術」


 平成31年3月末現在の平均車齢は8.65年で前年に比べ0.05年延びて27年連続して高齢化するとともに、25年連続で過去最高齢となっている(軽自動車を除く)。ナンバープレートを付けている自動車が初年度登録してからの経過年の平均であり、人間の平均年齢に相当する。

 一方、国内で新規(新車)登録されてから抹消登録するまでの平均使用年数は、平成31年3月末の乗用車(軽自動車を除く)の平均使用年数は13.26年となり、前年に比べ0.02年長期化し、4年連続の増加で過去最高となった。

 まさに、人間の高齢化とともにクルマも高齢化を迎えている。新車を買うお金がないので、今乗っている愛車をいかにして長持ちさせるか、と頭を悩ませているに違いない。

 しかし、昔に比べると、愛車を常日頃から点検チェックやメンテナンスをしている人は少なくなっている。

 そこで、改めてクルマを長持ちさせるための簡単メンテナンス方法を、日頃から愛車のチェックを欠かせないDIYメンテナンスの達人、池畑浩が解説する。

 ちなみに池畑氏の簡単なプロフィールですが、約30年にわたりVWに勤務し、現在は自動車事故調査資格のボッシュCDRアナリストになられています。

文/池畑浩
写真/池畑浩 ベストカーweb Adobe Stock

【画像ギャラリー】クルマに負担がかかる運転してませんか?? 愛車を長持ちさせるメンテナンスの基本を写真でチェック!!


クルマへの負担を減らす走り方

JAFの出動要請理由では、バッテリートラブルと並んでタイヤのパンクが多い。ところで愛車の適正空気圧を知っていますか?

 ある日、ベストカーweb編集部のOさんから「クルマを長持ちさせる秘訣を紹介してください」と連絡があった。「秘訣なんて、そんな偉そうなことは言えないよ」と返すと、「池畑さんは愛車の空冷ビートルを自分でほぼ毎日チェックしているじゃないですか。FACEBOOKで見てますよ。こんなクルマに愛情をかけて自分でメンテナンスする人、いまどき珍しいです」。

 まあ、たしかに1975年タイプIを愛してますからメンテをするのは当然です。自分のポンコツ経験が役に立つのかなあと思いつつ、これまで出会った多くの技術畑の人や熟練テクニシャン(輸入車業界ではメカニックではなくこう呼ぶ)の経験に基く貴重な話を思い出し、「お役に立てる話もあるか」と言うことで、凝りもせずお引き受けした次第です。もちろん空冷VWに限った話ではなく、一般のクルマが対象です。

 まずは基本というか、自分でメンテナンスをする前に、クルマへの負担を減らす走り方からお話ししたいと思います。走り方ひとつとっても、クルマへの負担を減らす=長持ちさせる方法はたくさんあります。

 まずは基本中の基本であるタイヤの空気圧。日本自動車タイヤ協会も「空気圧に過不足があるとタイヤが損傷したり、事故につながる恐れがあります。タイヤの空気圧は徐々に(自然に)低下します。目安として月に1度は空気圧を点検してください」と注意喚起してます。

 かつてVWも独自のエコドライブ・トレーニングで「月に1度の空気圧チェックと規定値+10%の空気圧」を推奨してました。空気も作業もタダなので、これはぜひ実践してください。

走っている時こそ、愛車への労りを

急発進、急加速、急減速、急なハンドル操作など急の付く操作はクルマを痛める原因だ(Adobe Stock@yamasan)

 言うまでもなく、走っている時こそ愛車への労わりが重要です。「急」が付く動作(発進、加速、減速、ハンドル)、いわゆる「雑な運転」は燃費の悪化だけでなく、ブレーキやタイヤの無駄な消耗、足回りやブッシュ等への負担増、最悪の場合は事故に至るなど悪いことだらけ。

 先々の交通状況を見越したゆとりある運転をするだけでクルマへの負担を減らし、燃料やブレーキなど無駄な消耗も抑えられます。急なギア操作もシフトミスを招いたり、オートマチックでも内部損傷の原因になりかねません。

 話は逸れますが、タイヤ同様、つねに正しいドライビング・ポジションで運転することも基本中の基本です。イザと言う時、緊急回避できなければ、クルマを長持ちさせるどころか、壊すだけです。

次ページは : 路面の凸凹を見逃さない

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ