堅調人気もなぜ消滅?? 消えた実力車が生き残れなかった分水嶺

堅調人気もなぜ消滅?? 消えた実力車が生き残れなかった分水嶺

 人気も堅調で、実力充分。それなのになぜ廃止された? 消えた実力車が生き残れなかった「分水嶺」は?

 最近は以前に比べると国内新車販売が低迷している。1990年には778万台が販売されたが、2020年は約460万台であった。コロナ禍の影響を受ける前の2019年は、消費税の導入があったとはいえ520万台だ。最盛期に比べると、国内販売は70%以下に低下した。

 また近年ではSUVの車種数が増えている。メーカーでは電動化や自動運転に関する投資も急増しており、国内向けの新車開発を絞るようになった。

 そこで生産を終える車種も増えたが、廃止するのが惜しいクルマも少なくない。その事情を考えたい。

文/渡辺陽一郎 写真/MITSUBISHI、TOYOTA、NISSAN、HONDA

【画像ギャラリー】人気だったのに…市場から消えた実力車5台の内外装をチェック!!


トヨタ プリウスα

プリウスα(販売期間:2011年~2021年/全長4615×全幅1775×全高1575mm)

 まずプリウスαが挙げられる。2011年に発売され、1か月後の受注台数は5万2000台に達した。2013年に入っても1か月に8000~9000台が登録され、この頃はプリウスシリーズ全体の約40%をαが占めた。

 しかし2015年にプリウスが現行型にフルモデルチェンジしても、プリウスαは刷新されなかった。それはトヨタのハイブリッド車が増えたからだ。

 2011年時点では、ハイブリッド車は少なかったが、2013年にはカローラフィールダー、2014年にはヴォクシー&ノア、2015年にはシエンタと、空間効率の優れた車種にもハイブリッドが設定された。その結果、プリウスαはフルモデルチェンジされず2021年に生産を終えた。

 ハイブリッド専用ワゴンは貴重な存在だったが、そのニーズは、現在用意されている豊富なトヨタ車で補える。またハイブリッドの車種数が増えて身近な技術になったため、今ではハイブリッド専用車の魅力も薄れた。

 そのためにプリウスαの廃止だけでなく、プリウスの登録台数も減っている。2010年にプリウスは、αなどを含んだシリーズ全体で1か月平均2万6000台を登録したが、2010年は5600台だ。プリウスシリーズの需要は10年前の20%程度まで下がりαの廃止に至った。

トヨタ エスティマ

エスティマ(販売期間:1990年~2019年/全長4795×全幅1800×全高1730mm)

 以前はLサイズミニバンの主力はエスティマだった。アルファード&ヴェルファイアも、このエンジンとプラットフォームを使って開発された。

 しかしその後にアルファード&ヴェルファイアの登録台数が増えた。2010年は、エスティマは1か月平均4500台前後で、アルファードは約3000台、ヴェルファイアは5000台であった。

 この時点ではエスティマも健闘していたが、アルファード+ヴェルファイアの姉妹車全体では8000台に達する。この後もアルファードとヴェルファイアは売れ行きを伸ばし、エスティマは古くなって登録台数を減らした。

 エスティマがフルモデルチェンジされずに廃止された理由には、アルファード&ヴェルファイアの好調な売れ行きと併せて、ミニバン需要に関する不安感もあった。現時点でミニバンは日本の人気カテゴリーだが、子どもの数は減っており、今後需要が急落する心配もある。そこに開発費用の削減も加わって廃止された。

 そして今ではトヨタの全店が全車を扱うから、販売格差も拡大している。ヴェルファイアはアルファードの8%しか売れていない。仮に2012年頃にエスティマをフルモデルチェンジしても、販売不信に苦しんでいた可能性がある。

 その一方でエスティマには、アルファード&ヴェルファイアとは違う独自の価値もある。トヨタの開発者は次の通りコメントした。

 「エスティマは空力特性に優れたミニバンだ。全高も低いから、アルファード&ヴェルファイアに比べるとボディも軽く、タイヤは細くできる。もしアルファード&ヴェルファイアが開発されていたら、走りが軽快で、なおかつ燃費の優れた上級ミニバンになっていたと思う」

 廃止するには惜しいクルマであった。

次ページは : 日産 ティーダ