街の遊撃手のCMを覚えていますか? いすゞの名車 FFジェミニが絶滅寸前危機!!!


 テレビの画面でクルマがジャンプして空を飛ぶのは、アニメの「マッハGo Go Go」のマッハ号か激しいカーアクションが魅力の「西部警察」くらいだった。

 しかしわずか15秒のTV-CFでパリのエッフェル塔前で空を飛んだり、2台のクルマがまるで社交ダンスを踊っているかのようにパリの街を駆け抜けていく映像が流れたのはインパクト大だった。そのクルマが「街の遊撃手。」というキャッチコピーで1985年5月に登場した、いすゞFFジェミニだった。

 みなさんはこのTV-CFを覚えていますか? FFジェミニのTV-CFの背景とともに、いすゞジェミニとはどんなクルマだったのか。そして現在FFジェミニの中古車は手に入るのかを紹介する。

文/萩原史博、写真/いすゞ ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】歴代3モデルと2代目ジェミニのバリエーションモデルはこちら!


■FRからFFへ劇的に進化を遂げた2代目ジェミニ

「街の遊撃手」というキャッチコピーを見事に映像化した2代目ジェミニのTV-CF

 遊撃手といえば、野球のショートストップのこと。ショートストップは戦列で時期を見て待機し、動き回ってあちこち固める遊軍のようだ。と訳したことから遊撃手と言われるようになった。

 そして、ショートストップは足の早さや肩の強さ、さらに高い判断能力を求められるため、攻・走・守のバランスが取れていることが求められるそうだ。

 FFジェミニはオシャレでキビキビとした走りのクルマとして開発され、このキビキビした走りから想起されたのが野球の遊撃手だったことからジェミニの走りのイメージとマッチしたという。

 しかし遊撃手だけでは、野球のイメージが強すぎてしゃれたセンス表現ができない。そこで、FFジェミニが最も似合う走りのシーンを想像して追加されたのが街と言う言葉だった。そして「街の遊撃手。」というFFジェミニのキャッチコピーが出来上がったのだ。

 当時クルマの広告宣伝の主力は有名な俳優やタレントを起用するイメージ広告が主流だった。これはタレントの個性とクルマのコンセプトが一致すれば、非常に効果的だ。しかし多くの場合タレントが主となり、クルマが従となってしまうことが多くクルマの本質が伝わりにくい。

 また、有名なタレントを起用するには高額なギャランティーが必要となる。そこで、FFジェミニは広告展開において、クルマのコンセプトである「小さいけれどヨーロピアン感覚の、おしゃれでキビキビした走りのクルマ」を逸脱せず、クルマのキャラクターを脳裏に残る強い印象は何かを考えた。

 その結果、「街の遊撃手。」をビジュアル表現するために、ストレートにヨーロッパの街角にFFジェミニを置いて、質感そして本物感を表現することとした。

 当時は現在のようなCG合成などの技術が未熟で、質感を実現するためには現地ロケを行うことがマストということで実際にパリで撮影を行った。

 ジェミニのイメージであるキビキビとした走りを表現するのに、2台のクルマがパリの街中を駆け抜けながら、ペアとなってダンスを踊るように走り、最後にポーズを決める。というアイデアは、広告代理店のプロデューザーが通勤途中で見かけた展示してあるクルマから生まれたという。

■映画のカーアクションさながらのTV-CFはインパクト大

2代目ジェミニのTV-CFはパリで撮影された。ヨーロッパの街並みに似合うデザインも秀逸

 クルマがダンスを踊るように走る。アイデアは素晴らしいが、実現可能なのかどうかという疑問がスタッフに残った。しかしそれを簡単に払拭したのが、フランスに本拠を持つ、レミー・ジュリアン アクションチームだった。

 映画「007」シリーズでカーアクションを担当するこのチームの存在なくして、このTV-CFの成功はありえなかった。

 黄色と赤のジェミニが2台揃ってスピンターンをしながら走る作品やこの2台がエッフェル塔前をジャンプしている作品。名曲「雨に歌えば」をバックに黄色と緑のジェミニがスピンしながら走行する作品。青と黄色のジャミニ4台がパリの街を駆け抜けて最後ジャックナイフでポーズを決める作品。

 極めつけは1986年の正月にオンエアされたジェミニダンスシングシリーズ。あけましておめでとうございます。の文字をバックに赤と黄色のジェミニが片輪走行を行う作品や赤と白のジェミニがパリのメトロの駅を走行し、出入口から出てくる作品などもある。

 文字にするだけでもワクワクしてくるが、シリーズ化されているのが特徴だ。ちなみにこのTV-CFはYouTubeで検索すれば今でも見られるので探して、1度は見てもらいたい。

 そんなTV-CFでインパクトを与えたいすゞジェミニだが、この1985年に登場したジェミニは2代目モデルとなる。1971年にいすゞはGM(ゼネラルモーターズ)と提携を行い、このパートナーシップによる初のワールドカー構想(Tカーシリーズ)の乗用小型車として1974年に初代ジェミニは登場した。

次ページは : ■オペル カデットをベースに開発された初代ジェミニ

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ