なんじゃこりゃ!? ホンダの四輪バギーがすげぇ!!! 日本で走れるの??


 4月7日、米国ホンダが“サイドバイサイド”というジャンルに属する「パイオニア1000」と「タロン1000」のスペシャルエディションを2021年夏から発売すると発表。

 日本でお馴染みのホンダが手掛ける、なんとも見慣れない四輪バギーだが、本稿では、ほとんどの日本人にはイメージのない「サイドバイサイド」というジャンル、そして2台のスペシャルエディションを紹介していきたい。

文/永田恵一 写真/HONDA

【画像ギャラリー】本稿未掲載含む全15枚!! ホンダ パイオニア1000とタロン1000をみる


より四輪に近いバギー「サイドバイサイド」

サイド・バイ・サイド・ビークル(SSV:Side by Side Vehicle)は、バイクのパワートレーンを使用した多用途四輪車のことを指す。四輪バギーと似ているが、シートが横並びなど異なる点がある

 日本でもATV(オール・テレーン・ビークル)というジャンルを耳にしたことがある人はそれなりにいるだろう。

 ATVは、簡単にいうとバイクのパワートレーンを使った三輪か四輪のバギー(現在は四輪がほとんどだ)で、米国規格協会では全幅50インチ(約1250mm)以下、車重600ポンド(約272kg)以下、跨座シートとバーハンドルを持つ車両と定義されている。乗員定員は1人乗り、タンデム(前後)の2人乗り、1人乗りと2人乗り+荷物と何種類かある。

 バーハンドルにタンデムシートとバイクに近いATVに対し、バイクのパワートレーンを使った四輪バギーというのは変わらないが、丸いハンドルや横に並ぶシートを持つなどクルマに近いイメージなのがサイドバイサイドである。

 サイドバイサイドを生産しているメーカーはホンダ、ヤマハ、カワサキ(日本では販売していないが)をはじめ、世界的に見れば数多い。

ホンダ製バギーの2台はどんなモデル?

ホンダ パイオニアは、500㏄~1000㏄搭載の3人乗りと700㏄~1000㏄搭載の5人乗りのモデルがある。駆動方式は全て4WD。価格は、日本円換算で約97万7000円~約187万8000円

 この2台の最大の違いは、「パイオニア」は3人乗りの1列シートと3人乗りの前席と2人乗りの後席を持つ5人乗りという仕様があり、ユーティリティにも配慮しているのに対し、「タロン」は2人乗りの1列シートと2人乗りの前席と2人乗りの後席を持つ4人乗りという仕様で、スポーツ性を重視しているということである。

 バリエーションを「パイオニア」から見ていくと、エンジンは3人乗り仕様が500cc、520cc、700cc、1000cc、5人乗り仕様が700ccと1000cc(すべてバイク由来)を搭載し、トランスミッションは700ccまでがAT、1000ccはDCTを組み合わせ、駆動方式は全車4WDとなる。

ホンダ タロンは、1000cc搭載の2人乗りと4人乗りのモデルがある。駆動方式は全て4WD。価格は、日本円換算で約217万1000円~約260万5000円

 「タロン」のパワートレーンは2人乗り、4人乗りともに1000cc+DCTの4WDのみで、オフロードでのスポーツ走行の想定によるものなのか「パイオニア」に比べると立派なドアが付き、エクステリアもパイオニアよりシャープな印象だ。

 価格は「パイオニア」が8499ドル(約97万7000円)~1万7299ドル(約187万8000円)。「タロン」は1万9999ドル(約217万1000円)~2万3999ドル(約260万5000円)と、「パイオニア」は実用品という側面もあるが、「タロン」は大人のオモチャ的な嗜好品の要素を強く感じる設定だ。

次ページは : それぞれのスペシャルエディションの内容は?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ