スイフトスポーツは走ってよし!! イジってもよし!! 3段階メニューで出来るチューン方法を伝授


 安くて楽しくて維持費も安い。もう現代の夢のようなクルマといえばスイフトスポーツだろう。最近になってやたらスイフトスポーツ推しだが、実はスイフトスポーツはチューニングベースとしても超絶楽しい。

 現行型はターボだからパワーアップも体感しやすいし、もともとが剛性の高いボディだけあって足回りの効果も出やすい。さらに970kgという超軽量ボディがもたらす恩恵は高く、チューニングベースとしても最高だ。

 そんなスイフトスポーツのチューニングメニューを「松竹梅」の3段階でご紹介しよう。著者は元レブスピード編集長の加茂新氏。チューニング業界の専門家のおすすめとは!?

文/加茂新、写真/加茂新、SUZUKI

【画像ギャラリー】乗って楽しいイジって楽しい、スイフトスポーツをチューニング!!


■日本の至宝スイフトスポーツを松竹梅3段階メニューでしゃぶり尽くせ!!

スズキ スイフトスポーツ。モデルチェンジでこれまでの1600ccNAから1400ccターボエンジンとなり、チューニングの効果が現れやすくなった

 現在国産最強のコンパクトスポーツ「スイフトスポーツ」。世界戦略3代目となるZC33SはこれまでのNA1600ccユニットから1400cc+ターボにスイッチ。その圧倒的なトルクとチューニング伸び代の大きさ、970kgという軽量ボディと相まって、痛快な走りを手に入れた。

 しかも、ターボエンジンだけにパワーやトルクの上げ幅が大きく、チューニングの効果が現れやすい。やればやるほど明確に効果が現れる。そこで今回はそのメニューを3段階の松竹梅メニューで解説する。

■梅メニュー ECU書き換え+マフラー+ブレーキパッド

HKSフラッシュエディターはOBD IIコネクターからECUデータを書き換えるツール。ノーマルに戻せるのでディーラー入庫時も安心で支持されている

 現代のターボ車チューニングはECU書き換えがもっとも効果が高い。ECUチューンといえば、ギリギリまで空燃比を薄くして、安全マージンを削ることで出力アップを図っていると思われてきた。しかし、現代ではちょっと違う。

 燃調を薄くするというより、さまざまな規制や燃費基準に合わせられた制約を開放し、可変バルブタイミングを補正。フェイルセーフに掛からない安全な範囲で、ブースト圧や点火時期を調整することで出力アップを果たす。エンジンの寿命が縮まることはまずない。

 HKSのフラッシュエディターなら、そういったチューニングデータをOBD IIコネクターからインストールするだけ。価格は約7万円。ほかにもショップオリジナルのECU書き換えサービスで10~12万円ほど。どちらも15~20psほどの向上が望める。

 10%を超えるパワーとトルクアップで明確に効果が感じられるのがターボ車のいいところである。さらに5万円ほどで現車合わせすれば、170ps近いパワーも可能だ。

マフラー交換ははじめの一歩であり、もっともフィーリング変化の大きいチューニングでオススメのアイテム

 そして、次にオススメしたいのがマフラー。現代のスポーティカーではマフラー交換してもパワーはあまり上がらない。数馬力しか変わらないことも多い。スイフトスポーツでも例に漏れずである。

 しかし、レスポンスが圧倒的に変わる。パワーチェックのグラフ上では変わらないが、アクセルに対する反応が俊敏になる。これは感動に値するレベルの変化。発進するときも素早くエンジンが反応し、加速するときも車体が軽くなったような感じさえ受け、費用対効果の高いオススメメニューだ。

スイフトスポーツのブレーキは歴代モデルで共通して踏み込んでいく途中で効くクセがある。ZC33Sも同様で、ちょっと初期から効くスポーツパッドにすると扱いやすくなる

 ブレーキパッドはスポーツ走行しなければ変えなくてもいいが、ブーストアップすればかなりクルマが速くなるので、少し耐熱温度の高いものに変えておきたい。一般的な街乗り~ミニサーキット対応のセミメタルやロースチールと呼ばれるモデルで十分。

次ページは : ■竹メニュー LSD+スポーツ触媒+サス+エアロ

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ