新型はノートもフィットも消滅!! MT車は滅んでしまうのか?

新型はノートもフィットも消滅!! MT車は滅んでしまうのか?

 昨年はノートとフィットがフルモデルチェンジし、2車種とも新型ではスポーティグレードがなくなり、MT車も設定されなくなった。ただその一方で、マツダのように今もほとんどの車種にMT車を設定しているメーカーもある。

 とはいえ、今後発売される新型車は脱炭素社会に向けてハイブリッド車やEVなどの電動車の割合がますます増えてくるのは明らか。さらに先進運転支援システムなどの自動運転化も進むことで、MT車の存続はより一層難しくなってくるはずだ。

 今もすでに、スポーツモデルまでも2ペダルのATが主流になっていて、日本でMT車は少数派。この先、MT車は消滅してしまうのか? モータージャーナリストの松田秀士氏は次のように考えているという。

文/松田秀士  写真/NISSAN、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】運転は文化だ!! 衰退の危機の中、どっこい生き残っているMT車たち


■電動化が進むとMTは消滅してしまうのではないか?

先代のホンダ フィットRS。MT搭載車もラインナップされていたが、新型にモデルチェンジ後はMTの設定はなくなった
先代のホンダ フィットRS。MT搭載車もラインナップされていたが、新型にモデルチェンジ後はMTの設定はなくなった

 ハイブリッド(HV)、プラグインハイブリッド(PHEV)、電気自動車(EV)と現代のクルマは多種多様に変化を続けている。HVやPHEV、そしてEVも、システムがどうであろうと、クルマが動くのはタイヤが駆動しているからだ。そして、それを運転する人が操作(運転)するからである。

 しかし、上記に挙げた電動車が普及することによって、ある操作が確実に消滅する方向にある。クラッチ操作だ。クラッチ操作が必要なくなるのでクラッチペダルもいらなくなる。

 もちろんクラッチ操作のいらない、ATなどによる2ペダル化は今に始まったことではない。でも、ATはベースにMTがあるわけで、たとえクラッチ操作のないATであっても機械的にはクラッチの機能が必要であった。

 そのため、AT車が主流のモデルにおいても、MTモデルをラインナップすることは、それほど難しいことではなかった。もっと言うと、欧州販売を考慮すればMTの設定が必須であって、シンプルで軽量なMTは今でもコストパフォーマンスにも優れる価値がある。

 ただし日本国内では数の原理で、少数派になるMT車のほうが割高だったりする。まぁその話は置いといて……。

 要するに、今後この電動化が進むとMTは完全消滅してしまうのではないか?

  それを証明するかのように、新型となった日産ノートとホンダフィットからMTモデルは消滅した。特にフィットはコンベンショナルなガソリンモデルがあるのに、MTモデルは設定されていないのだ。

 政府は「2050年カーボンニュートラル」の戦略のなかにクルマの電動化を提唱している。だから、いまさら将来必要なくなるMTモデルをラインナップする必要ナシ、と判断したのだろうか?

次ページは : ■EVにMT車がない理由はモーターの特性にある

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サクラより先に満開!! 感動の「日本車ALLアルバム」大特集!! ベストカー4月10日号

「どのクルマにしようかな~?」とお悩みのアナタ。ずばり、発売中の「ベストカー」4月10日号はお役立ちになることウケアイです。今売っている日本車のことがすべて掲載の「日本車ALLアルバム」大特集があるからです! 2023年9月登場のプリウスクロスオーバーの情報も!

カタログ