すべてはここから始まった!! 名物シリーズの記念すべき第1作『ワイルド・スピード』を観る!!

すべてはここから始まった!! 名物シリーズの記念すべき第1作『ワイルド・スピード』を観る!!

 ハリウッド映画ながら多くの日本車、それもクルマ好きが喜ぶスポーツモデルが登場する『ワイルド・スピード』シリーズ。

 メインキャストとしてこの映画の人気をけん引し、自身も大変なクルマ好きで多くの日本車を所有していた故ポール・ウォーカーのコメントとともに、原点ともいえる第1作を振り返る!

文/渡辺麻紀、写真/NBCユニバーサル・エンターテイメント
(C) 2001 Mediastream Film GmbH & Co. Productions KG. All Rights Reserved

【画像ギャラリー】よみがえるブライアンの勇姿!! シリーズ第1作『ワイルド・スピード』を見る


■現在まで続く超人気シリーズの原点

仲間たちで力を合わせてスープラをレストアしていく。このファミリー感がシリーズの大きな魅力だ (C) 2001 Mediastream Film GmbH & Co. Productions KG. All Rights Reserved

 01年、その第1作が公開されたとき、これほどまでに愛され続けるシリーズになると、誰が予測しただろうか。

 19年にはスピンオフも作られ、今年は、コロナ禍で去年から延期されていたシリーズ9作目も公開される予定となり、その人気は衰えるどころか高まるばかり。こんなカーアクション・シリーズは後にも先にもこの作品だけ、『ワイルド・スピード』だけだと言い切っていい。

 そこで今回は、その人気シリーズの記念すべき第1作『ワイルド・スピード』を取り上げてみたいと思う。最近はカーアクションがSFの領域にまで達しているシリーズだが、この1作目は正統派のカーアクション。改造車によるストリートレースのカリスマと、そのチームを潜入捜査する刑事の友情を描いている。

 改造車を駆った神業的なドライビングテクニックをたくさん拝めるのだが、その多くはプロの腕前によるもの。VFXは補助的に使われているだけで、車が空を飛んだり、氷の上を暴走したりはしない。つまり、最近の作品に比べると地味ではあるが、圧倒的にリアルなのだ。

■その数60台以上!! まるで日本車のプロモーション映画

仲間を救うために走るトレーラーに飛び移る。この頃はまだアクションにもリアリティがあった (C) 2001 Mediastream Film GmbH & Co. Productions KG. All Rights Reserved

 そのリアルに合わせてなのか、登場する車はほぼ日本車。

 潜入捜査官ブライアン(ポール・ウォーカー)の最初の車は三菱エクリプスで、その後、トヨタ・スープラ。カリスマのドミニク(ヴィン・ディーゼル)は真っ赤なマツダRX-7。

 このほかにもスカイラインGT-R、ホンダシビッククーペ、さらにアジア系ギャングが駆るバイクもホンダ製と、日本車がズラリ。その数、60台は超えるというから驚かされる。

 劇中、公道の信号待ちで突発的にゼロヨンレースをするシーンがあり、そのときのブライアンの車は改造して見違えるようになったトヨタスープラ。対戦相手は「お前が一生かかっても乗れない車」とドライバーが豪語するフェラーリF355GTSだったのだが、スープラが見事勝利を収める。

 ちなみに、このフェラーリのドライバーは車の実際の持ち主でもある本シリーズのプロデュ―サー、ニール・H・モリッツ。

 もちろん、遊びのカメオ出演ではあるものの、そんなリッチな人が大衆的なイメージの日本車に乗るはずもなく、その一方でお金のない若者たちが日本車を選ぶのは、低価格で性能もよく、しかも改造しやすいからだという暗黙の了解が、このエピソードからも浮かび上がってくる。

 本シリーズ、リアルに基づいていた最初の3本までは日本車が数多く登場していたが、ヒットするにつれて製作費もどんどんアップ(1作目は3800万ドル=約41億円、現在はおよそ2憶5000万ドル=約270億円と約6.5倍!)。アクションもド派手かつSFっぽくなってきた4作目以降では欧米の車が多く、日本車はあまり出演しなくなった。

次ページは : ■作品の中に生き続けるポール・ウォーカー