欧州トヨタの秘密兵器!! 次世代SUV「アイゴX プロローグ」登場!! これ…売れそう…

ヤリスよりもさらにコンパクト! トヨタの欧州向け次世代コンパクトSUV「アイゴXプロローグ」登場!

 2021年3月に発表された欧州トヨタのコンパクトSUV「アイゴXプロローグ」。

 2014年4月に発売を開始した現行型の2代目からは7年ぶり、2018年4月の最後のマイナーチェンジから数えれば3年ぶりとなる今回のコンセプトカー。

 判明しているサイズは全長3700mm・全高1500mm・ホイールベース2430mmで、仮にこのサイズのまま販売されるなら、ヤリスの全長3940×全幅1745×全高1470mm(欧州車)よりもさらにコンパクトなモデルが欧州で引き続き投入…ということになる。

 現行型とは打って変わってぐっと近未来的なエクステリアとなったその姿を、兄弟車たちとも比較しながら見ていこう。

※本稿は2021年3月のものです
文/ベストカー編集部 写真/TOYOTA、Peugeot、Citroen
初出:『ベストカー』 2021年4月26日号

【画像ギャラリー】全方位補足! 30枚の画像で「アイゴXプロローグ」をチェック


■PSAとの共同開発によって生まれた「アイゴ」

 トヨタの欧州法人が2021年3月17日、新型Aセグメントコンパクトクロスオーバーのコンセプトモデル、「アイゴXプロローグ」を世界初公開した。

 コンセプトモデルとはいえ、そのスタイリングはカローラやヤリスなどここ最近のトヨタデザインの潮流を昇華したシャープなフロントマスクを持ち、非常にスタイリッシュにまとめられている。

 大径19インチホイールに張り出したブリスターフェンダーが特徴的で、日本国内でも好まれそうなデザインだ。

トヨタ アイゴ Xプロローグ

 そもそもアイゴはヤリスの下になる位置づけの欧州市場で販売されているコンパクトカー。

 PSAとの共同開発で誕生し、2005年に初代モデルが登場、現行型の2代目は2014年から販売されている。

 プジョー版は「108」、シトロエン版が「C1」を名乗る。

アイゴ(2015年)。全長×全幅×全高は3465×1615×1460mm、エンジンは排気量1L 3気筒NA(72ps/93Nm)を搭載する。こっちのほうが「X」味が強い!!?
プジョーの108(2015年)
シトロエン C1(2015年)

 この新型コンセプトモデルは3代目となる新型アイゴの源流として発表された。

■気になるパワートレーン そして日本導入の可能性は???

 アイゴXプロローグのデザインを手がけたのはトヨタの欧州デザインスタジオ、「ED2」。

 同スタジオによればアイゴXプロローグはAセグメント市場での革命を起こすべく、近未来的かつアグレッシブでスポーティなイメージを狙ったのだという。

 ボディカラーは唐辛子をイメージした鮮烈な「スパークリングチリレッド」だ。

大胆さ、アクティブ感を際立たせたエクステリアデザインのアイゴXプロローグ。基本コンセプトとなる概念は「スパイシーさ」だという

 プラットフォームはヤリスと同じGA-Bプラットフォームを採用し、そのボディサイズは全長3700mm、全高1500mmでホイールベースは2430mm。

 欧州仕様のヤリスは全長3940×全幅1745×全高1470mm、ホイールベース2560mmだから、アイゴXプロローグは全高が少し上げられているが、ヤリスよりひと回り小さい。

スパークリングチリレッドとブラックのボディカラーが新鮮。ルーフラインはクサビ形でスポーティさを狙っている。六角形のテールランプと屋根のルーフラックは連続性を持つ
ヤリス。現状でのトヨタの、そして日本のコンパクトカー界のエースだ

 気になるのは次期型のパワートレーン。

 直3の1Lガソリンに加え、ハイブリッドモデルの登場も予想され、将来的にはEV仕様が追加される可能性も大いに考えられる。

 アイゴは基本的には欧州市場をメインとするモデルだが、登場が予想されるEV仕様については後々日本市場にも導入される可能性も充分あり得る。期待して待ちたいところだ!

【画像ギャラリー】全方位補足! 30枚の画像で「アイゴXプロローグ」をチェック