クルマのバック時に鳴るピーッピーッという音の大事な役目と重い教訓


 クルマを後退させようと、シフトを「R(リバース)」にいれると、国産車のほとんどは「ピ―ッ、ピ―ッ」という音が鳴ります。また、トラックやバスなどは車外にも「ピ―ッ、ピ―ッ」という音や、「バックします」という音声が流れるものもあります。

 ですが、輸入車の場合だと、リバース音が鳴らないクルマもあり、バスやトラックについても、最近は後退時に大きな音が鳴らないクルマがでてきました。なぜこのようなことになっているのでしょうか。

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:Adobe Stock_metamorworks
写真:HONDA、Adobe Stock、写真AC

【画像ギャラリー】事故ゼロの社会が見えてきた!! 世界初で初めて レベル3の自動運転を実現した「ホンダセンシングエリート」をクイックチェック!!


義務付けされているものではない

 そもそもリバース音は、シフトの操作ミスよる事故防止を目的として装備されたものです。

 AT車(オートマチックトランスミッション車、以下AT車)の場合、ストレートパターンのギアシフターの場合が多く、「D」と「R」のポジションが近いため、Rに入っていることに気づかずにアクセルを踏み込んでしまう、という誤操作が懸念されました。この誤操作を防ぐため、80年代ごろから取り入れられはじめました。

リバース音は、シフトの操作ミスよる事故防止を目的として装備されたもので、義務付けされているものではない(PHOTO:Adobe Stock_あんみつ姫)

 輸入車でリバース音が鳴らないクルマがあるのは、海外ではMT車の比率が高かったから。しかし昨今は海外でもAT車の比率が上がってきているようで、輸入車でもリバース音が装備されているクルマも増えてきました。時期は定かではありませんが、メルセデス・ベンツやBMWなどは、この10年ほどでリバース音が装備されてきたようです。

 しかしながら、マニュアルミッション車(以下MT車)は、今でも後退時にリバース音を鳴らさないのが一般的です。なぜならMT車の場合、リバースシフトの位置がシンプルかつ、クラッチ操作も行う必要があるため、シフトの操作ミスで事故になることは考えにくいからです。

MT車の場合、リバースシフトの位置がシンプルかつ、クラッチ操作も行う必要があるため、シフトの操作ミスで事故になることは考えにくい(PHOTO:Adobe Stock_sandpiper)

 リバース音は、実は事故防止のため自動車メーカー各社が自主的に取り入れたもの。法律や保安基準などで搭載を義務付けられているものではなく、リバース音が鳴らないからといって、車検が通らないということはありません。

リバース音は、実は事故防止のため自動車メーカー各社が自主的に取り入れたもの(PHOTO:Adobe Stock_xiaosan)

バスやトラックの後退時音も「自主的なもの」

 また、バスやトラックが後退する際に、車外で聞こえる「バックブザー」についても、実は明確に定められているものではなく、安全のためメーカーが自主的に備えているものです。

バスやトラックが後退する際に、車外で聞こえる「バックブザー」についても、実は明確に定められているものではなく、安全のためメーカーが自主的に備えた(PHOTO:写真AC_K-factory)

 しかしながら近年は、音量が小さくなっていたり、そもそも鳴らない車両も増えてきているようです。その理由は「近隣への騒音対策」。早朝や夜間に作業を行うこともあるトラックでは、近隣から苦情が寄せられることもあるそうです。しかし、この動きに待ったをかけた自治体があります。徳島県です。

次ページは : 徳島県で、「車両後退時の警報音、使用義務付け」条例が成立