売らなきゃよかった!? 中古スポーツカー高騰の功と罪


■ホンダS2000

ホンダ S2000

ホンダ S2000の中古車情報はこちら!

 700万円以上といえば、ホンダ S2000の中古車価格も最近は700万円を超えることが多い。

 S2000は、いわずと知れたS800から数えて29年ぶりに登場したホンダの名作FR車。縦置きされた自然吸気の2L直4DOHC VTEC「F20C」はリッターあたり100psを軽く超える最高出力250psを8300rpmで発生。

 そのうえで9000rpmまでを許容回転数とした超絶エンジンであった。新車時価格は338万~399万円である。

 で、そんなS2000の中古車は今、底値の物件は180万円前後で探すこともできるが、ボリュームゾーンは300万~450万円付近で、走行距離の少ない後期型は500万円以上となるのが一般的。

 2021年5月中旬時点での最高値物件は、なんと880万円(!)である。

■日産フィガロ

1991年2月から1992年にかけて合計2万台が生産されたフィガロ。価格は187万円だった(1991年式)。ボディカラーは四季をイメージした、エメラルド(春)、ペールアクア(夏)、トパーズミスト(秋)、ラピスグレイ(冬)の4色で、ルーフトップ部はいずれもホワイト

日産 フィガロの中古車情報はこちら!

 ホンダS2000とはずいぶんジャンルが異なり、スポーツカーではないが日産パイクカーシリーズの第3弾として1991年に発売された小型オープンカー「フィガロ」の相場もかなり上昇している。

 新車時は187万円というきわめて妥当な価格で販売された日産 フィガロだったが、走行距離がかなり短い博物館級の個体には今、580万円から600万円ほどのプライスボードが掲げられている。

 もっとも、この580万~600万円というのは異例であり、一般的なコンディションのフィガロは130万~190万円といったあたりが相場だが、それでも「こんなに小さくて古い車なら、100万円以下の予算で買えるかな?」と思うのは大間違いな相場状況なのである。

 とはいえ、ここまで挙げた5モデルは「相場が高騰するのも当然ではある」と思える名作だ。

 佇まいが素晴らしい日産フィガロや、エンジンをはじめとするすべてが素晴らしいホンダS2000、この種のサイズ感と性能を備える車はもう二度と出てこないであろうGC8のSTIや初代シビック タイプR、S15シルビアなどに関しては、高騰した相場に対してもある程度納得できる。

次ページは : ■なかには残っているだけで価格が高騰した便乗商法的な旧車もある