ホンダジェット4年連続の堂々首位!! 飛躍の航跡


 ホンダの販売が好調だ。といってもこれはクルマではなく、航空機事業子会社のホンダ エアクラフト カンパニーが手掛ける「ホンダジェット」の話だ。

 ホンダは、小型ジェット機カテゴリーにおいて4年連続で世界第1位のデリバリー数を達成したことを発表した。

 カテゴリートップをいかにして実現したのかをレポートする。

文/永井隆、写真/Honda、Mitsubishi Heavy Industries

【画像ギャラリー】ひらいた翼 天に飛ぶ!! 4年連続カテゴリートップのホンダジェットとぶ


■空も陸も「小型」が強い!? ホンダジェットの販売好調

コロナショックをものともせず4年連続カテゴリートップを達成したホンダジェット

 ホンダのビジネスジェット、ホンダジェットの販売が好調だ。コロナ禍の影響を受けながらも、2020年のデリバーリー数は31機を数え、小型ジェット機のカテゴリーで4年連続して世界1位となった。

 ホンダジェットは、最大定員が8人(乗員1人なら乗客7人。同2人なら同6人)。価格は20年度で530万ドル(1ドル109円として5億7770万円)。ホンダの航空機事業子会社であるホンダ・エアクラフト・カンパニー(本社は米国ノースカロライナ州)が、事業を担っている。

 2016年12月に米国連邦航空局(FAA)より型式証明を取得して引き渡しを開始。北米を中心に、欧州や中南米、東南アジア、中国、中東、インド、そして日本で販売されていて、累計で170機以上が運用されている。さらに、20年にはロシアとパキスタンで型式認証を取得した。

 新型コロナウイルス感染拡大から、ビジネスジェット市場は大きく縮小した。ホンダジェットの場合、19年のデリバリー数は36機。「20年上半期にはコロナ禍の影響を受けた。しかし、20年後半からは回復できた」とホンダ。

■ホンダジェットは「空のフィット」!! 快適性と燃費を重視しつつ操縦性能も高い

アメリカにはローカル空港が多く、ちょっとした出張に自家用ジェットを使って夜は家族と自宅で過ごす経営者も少なくない。快適なホンダジェットはそんな弾丸出張にはぴったりの用途だ

 ではなぜ、ホンダジェットはビジネスジェットのなかで4年連続して首位になれたのか。やはり、自動車メーカーであるホンダのブランド力が、特に中心マーケットである北米で生かされているためなのか。

 「とんでもない。そんな甘くはない。自動車とはまるで違うビジネスであり、むしろ自動車のホンダブランドはマイナスにも作用する。価格も、カテゴリーのなかでは安くはない」とホンダ。

 北米ならば、中小企業のオーナー経営者がユーザーに多いそうだ。米国の場合、国土が広い上すぐに使用できるローカル空港が多い。

 このため、ビジネスジェットはビジネスシーンで多く使われる。会社から最寄りの空港までは車を走らせ、空港から目的地の近くの空港へとビジネスジェットで”ひとっ飛び”に向かう。商談を終えると、逆の経路で帰り、夜は家族と自宅で過ごす……。

 こうした使われ方の中で、「エンジンが胴体ではなく主翼上面に配置されているため、静粛性に優れ、振動は少ない。何より、機内スペースは広く、トイレもしっかり確保されている。燃費性能が高く環境と財布に優しい」(ホンダ)と話す。

 このほかにも、一体型複合胴体を採用し、クラス最高水準の最高速度、最大運用高度、上昇性能などを実現しているのも、連続1位の理由だろう。

 航空機に詳しい事情通は、「ビジネスジェットのなかでは、ソニーが社用機にも使っている仏ダッソーファルコンをベンツEクラスだとすると、ホンダジェットはフィットだろう。豪華さはないが、操縦しやすくて、キビキビと飛行し、経済性は高いから」と指摘する。

次ページは : ■「HY戦争」で疲弊したホンダが飛び込んだ空の世界