2輪ぶんはまだ使えそう!? タイヤ2本だけの交換はありなのか?


 通常、使用限界がきたらタイヤは4本とも全部まとめて交換したほうがいいもの。

 しかし、駆動輪の2本がすごく減ってしまったとか、使用限界まで半分とか中途半端なタイミングで釘を踏んでパンクしてしまったとか、何かしらイレギュラーな状況でタイヤ交換の必要が起こり、「4本とも交換するのはもったいないなぁ」なんてケースも意外とあるもの。

 こんな場合、2本だけとか1本だけ交換するというのはOKなのか?

 特に最近はタイヤの大きいSUVや、ベーシッククラスでも扁平率が低くてホイールサイズの大きい車種が多く、こういったクルマのタイヤは価格が高いということもあって、できれば費用を抑えたいという人も少なくないはず。

 それでもタイヤは4本全部を交換したほうがいいのか? 2本交換にはどんな弊害があるのか? タイヤメーカーへの取材経験も豊富なモータージャーナリストの斎藤 聡氏が解説します。

文/斎藤 聡  写真/standret@AdobeStock、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】クルマの駆動方式に応じたタイヤの摩耗特性を知る


■FF車やFR車は駆動輪が大きく摩耗する

FF車は駆動輪となる前輪が大きく摩耗する。定期的にタイヤローテーションを行いたい

 タイヤ2本交換は、ありのケースとなしのケースがあります。つまりケース・バイ・ケースです。

 性能を厳密に考えるなら4本同時交換がベストかもしれませんが、乗用車のほとんど95%はそれほどシビアに作られていません。また、ECOのことを考えると、まだ使えるタイヤを廃棄するのは、あまり好ましくありません。

 クルマの駆動方式を考えた時、FF車は前輪に駆動力がかかるため、後輪に比べて前輪の摩耗が激しくなります。FR車の場合は後輪が摩耗しやすい傾向にあります。また、前輪は操舵輪なので、タイヤの外側が摩耗しやすくなります。

 ですからタイヤのローテーションをしないと案外「前輪だけ」、とか「後輪だけ」が摩耗してしまっているなんてことが起こります。

 スタッドレスタイヤを持っていて、冬にタイヤを履き替えるなら、そのタイミングで前後のタイヤを入れ替えれば、前後輪の摩耗をほぼ均一にすることができます。1セットのタイヤを長持ちさせることができるし、タイヤ交換も4本同時に行えます。

スタッドレスタイヤの交換時にローテーションするのもいい(kelly marken@Adobe Stock)

 これは後輪駆動車の場合も同様ですが、前後異サイズのタイヤを装着するクルマもあるので、そんな場合は前後輪それぞれのタイヤが摩耗した時が交換タイミングになります。

 ただし、前後どちらかのタイヤが交換時期に来たタイミングで、反対側のタイヤも摩耗が進んでいる場合は一考の余地があると思います。

 気分的にはジャストのタイミングで交換したいのですが、ある程度摩耗が進んでくると排水性が悪くなってきます。さまざまなタイヤメーカーが異口同音に言うのは、5分山を下回ると耐ハイドロプレーニング(=アクアプレーニング)性能が明らかに落ちてくるということです。

 残りのタイヤを、まだ5分山なのに交換するのは現実的には難しいと思いますが、4分山3分山あたりになっていたら、ウエットの安全性を考えて同時交換を強くお薦めしたいと思います。

 またミニバンなど車高の高いクルマは特に気を付ける必要があるのですが、前輪の外側だけ摩耗が進んでしまう(偏摩耗)ことが起こります。普段から注意していて、早めにローテーションをすることをお薦めします。

雨の日の高速走行時にタイヤが水面に乗り、ブレーキが効きにくくなることをハイドロプレーニング現象という。タイヤが5分山を下回ると耐ハイドロプレーニング性能が明らかに落ちてくるという(Paylessimages@Adobe Stock)

■4WD車は前後輪の摩耗に差がつきにくい

4WD車は前後輪が同じ速さで回転するため前後どちらか2本交換すると、前後輪に回転差が生じて駆動システムに負担がかかってしまう。4輪同時のタイヤ交換がお薦め

 問題は4WD車です。ほとんどの4WD車は前後のタイヤが同じ速さで回転するように作られています。ですからタイヤの摩耗も前後の差が小さくなります。それだけに前後どちらか2本交換してしまうと、前後輪に車輪の回転差が生じて駆動システムに負担がかかってしまうことが考えられます。

 問題になるのはタイヤの回転差です。185/60R14サイズのエコピアを例に挙げます。このタイヤの外径は578mm。タイヤの溝は新品時で約10mmありますから、外周長は1815.8mになります。5mm摩耗して5分山になると外周長は1784.4mm。

 外周長の差は3.14cmになります。ちなみに100m走ると新品タイヤは約55回転、5分山タイヤは約56回転で1回転の差がついてしまいます。時速100kmで走っている時、1分間のタイヤの回転数は新品918回転に対して5分山は934回転で16回転の差になります。駆動系に対して少し負担がかかっているのがわかると思います。

 4WDは前後輪で摩耗の度合いが大きく異なることはないのですが、それでも前輪外側の摩耗は進みやすいので、前後のローテーションはしたほうがいいと思います。前輪のタイヤ外側の摩耗が進むと曲がりにくくなります。曲がりにくくなるとハンドルを切る量が多くなってしまうので、さらに摩耗が進んでしまいます。

 4WD車は、通常の運転で「前だけ」、「後だけ」摩耗が進むというのは考えにくいので基本的には4本同時交換をお薦めします。

 問題は1輪だけがパンクしてしまった場合など不測の事態です。1本が使えなくなってしまった時、なかなか4本同時に交換する踏ん切りをつけにくいですよね。

 最悪の状況としては4WD車のデフ回りが発火原因とみられる車両火災の事例が数件あり、タイヤの前後異サイズが原因とされている例があります(実際の原因は定かではありませんが)。

 だから一般論としてタイヤ外径が違っても大丈夫、とは言いにくいところです。というわけで現状4WDに関しては、4本交換を基本と考えてもらうのがいいと思います。

次ページは : ■4年経過したタイヤは減りにかかわらず交換するのがお薦め!

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ