ここは60年代のアメリカか!! モトクロス場に突如出現 ドライブインシアターに大興奮


 趣味のバイク走行やイベント撮影などで、筆者が度々お世話になっている「オフロードヴィレッジ」(埼玉県川越市)は全日本モトクロス選手権も開催されるれっきとした本格的モトクロスコースだ。

 そして大型連休の真っ最中、そこの社長さん(元全日本モトクロス王者でレジェンド)のSNS発信で驚いた。「今日もドライブインシアターやるから来てね!」と記されていたのだ。

 またまた社長さん面白いこと考えたなー。ドライブインシアター(※以下DIT)って見たことないし、興味あり!ということでワリと近所のコースに午後から出かけてみた。

 社長を直撃すると、「あー、あそこで準備してる若いのに聞いてねー」と言われた。なるほど広いパドックエリアを貸し出したんですね。アポなし突撃取材敢行。

文、写真/池之平昌信

【画像ギャラリー】家族でワイワイ楽しめる個室映画館!! モトクロスコースにドライブインシアターが出現


■現代の日本にアメリカ生まれの映画文化が降臨

オフロードバイクが巻き上げる砂塵と騒音の中、スクリーンが設営されていた

 筆者は「コロナ禍で密回避の映画鑑賞スタイルを提案する、やり手の商売人」を想像していたのだが、それは見事に裏切られた。そこに居たのは純朴そうな青年だったのだ。

 柿沼節也さん、28才。早稲田大学文学部・映画サークルOBだという。バイクの巻き上げる土埃と爆音にまみれながら同年代の友人数名でコツコツ黙々とセッティングしている姿が印象的だ。ところでなぜ今DITなんですか?

 「実はコロナ禍より前からココで何回もやってるんですよ。数年前にアメリカ横断ドライブ旅行中に出くわした光景に感動して…。日本でも!と決意しました」

 へー、アメリカにはまだあるんですか!もうすたれた米国自動車文化だとばっかり思ってましたが…。

 「全盛期(1960年代)には全米で5000軒あったらしいんですが、今でも300軒ほどあるようです。やはり都市部より田舎に多いですね。夕暮れとともに浮かび上がる映像は素敵なんですよねー」

上映準備に余念がない柿沼節也さんと仲間たち。DIT愛に溢れる若者たちだ

 と、語り始めるとDIT愛があふれ出して止まらない柿沼さん。発電機やトラックに載せた上映機の準備をしながら日没を待っていると一番乗りのお客さんがワゴンRに乗ってやってきた。川越市在住の倉澤さん(45)は奥さんと小学生のお嬢さん3人で来場。フロントベンチシートに仲良く並んで鑑賞するそうだ。

 「実はここのリピーターなんですよ。DITを本場で見たことはないですが、映画のワンシーンなどでよく見ていたので興味がありました。魅力? うーん、やっぱりアメリカへの憧れですかねー」

 なるほど、仲良し家族でワイワイ喋りながら見られる映画館なんて皆無なのは確かだ。

■楽しみ方は十人十色

スクリーンに後部を向けて停車する軽トラを発見! 荷台に横になって鑑賞しようという算段だ

 続々と集まりだしたクルマの中にホンダの軽トラを発見。しかもスクリーンに後部を向けて駐車している。こ、これはまさか!

 「はい、ここ(荷台)に座ったり寝転んだりしながら見ますよ」とは若いカップルだ。

 「このためにレンタカー借りてきましたから!音声ですか?このラジカセで聞くから大丈夫です」

 まさかの軽トラ桟敷スタイル。これには米国人でもびっくりだろう。けど、かっこいい! 気持ちいい季節だし、うらやましいぞ。

 赤から濃い紫色に染まっていく美しい空を見ながら上映開始時間をのんびり待つ。ユルい。けどそれがなんともいい時間だ。

 残念ながら今回はコロナのこともあり、ポップコーンなどの出店はなし。だが持ち込み飲食は自由。マイカーで他人を気にせずボリボリ食べ放題なのだ!

 夕闇に包まれたころ、筆者も指定のFM周波数に合わせて車内から500インチ(11×7m)の巨大スクリーンを見てみた。確かにクルマは優れたオーディオルームにもなり得るので不思議な未体験臨場空感だ。音量なども自分で好きに調整できるのもいい。

 そして想像していたよりもスクリーンは綺麗でクリアに写っている。これならなんの不満もない。サイコーじゃないか! 前述の柿沼さんは言う。

屋外の巨大なスクリーンに映像を映し出すには投影機の性能が肝心だ

 「屋外巨大スクリーンなので投影機の性能がモノをいいます。新品だと一千万円ほどするBARCOというベルギーのメーカー品を使ってます。実はヤフオクで超格安で買えたんですけどね。

 今日は好天ですし、風も無くて最高ですが、この入場者数では赤字確定ですね。去年はコロナ特需もあってけっこう調子良かったんですけどねえ…。

 大手シネコンチェーンなんかもDITを始めたりしてるんですが、うちはマイナーでもこだわりの良作品を上映していきます。DIT界の早稲田松竹(有名映画館)みたいなもんですよ。ドライブインシアターをつくる会のホームページもありますから是非見てください」

次ページは : ■良作を良心的価格で上映

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ