キャデラックXT4が登場!! 待望の日本にジャストなアメ車!?


 アメリカンラグジュアリーの象徴のひとつであるキャデラックは、大きなクルマばかりというイメージも強いが、そのイメージも過去のものとなろうとしている。なんとブランド初となるコンパクトSUV「キャデラックXT4」が、ついに日本上陸を果たしたのだ。

 SUVラインアップを強化する新生代キャデラックの中でも、最も小さいサイズを特徴とするXT4の日本仕様の詳細をお届けしたい。

文:大音 安弘、写真:ゼネラルモーターズ・ジャパン

【画像ギャラリー】小さなアメリカンラグジュアリーSUV「キャデラックXT4」


日本でも扱いやすいキャデラック

 ゼネラルモーターズ・ジャパンは、2021年1月15日、キャデラックのコンパクトSUV「キャデラックXT4」を発表し、1月16日より販売を開始した。価格は、570万円~670万円となる。

 新世代キャデラックは、SUVラインアップにも力を入れている。これまで日本にも、最上級の「エスカレード」を筆頭に、ラージサイズの「XT6」、ミッドサイズの「XT5」を導入してきた。

 今回、その末っ子となるコンパクトサイズの「XT4」を加えることで、日本でもフルラインナップが構築されることになる。

 注目のボディサイズは、全長4605mm×全幅1875mm×全高1625mmと、日本の価格ではミッドサイズに近い。

 しかしながら、全幅こそXT4のほうが大きいものの、トヨタRAV4 と同等のサイズであることを踏まえれば、日本でも扱いやすいサイズといえるだろう。

キャデラックのSUVラインアップの末っ子「XT4」が日本上陸。そのサイズは、RAV4に近い

アメラグ感たっぷりでモダンなデザイン

 人気のSUV市場で、ブランドエントリーの役割も担う「XT4」だけに、そのスタイリングも新鮮さに溢れるもの。高級車らしい風格を持ち合わせながら、特徴的なLEDライティングやスポーティなテイストを積極的に取り入れた若々しいものに仕上げられている。

 大型かつ幅広のペンダゴングリルとシャープのLEDライトの組み合わせは、ワイド感と力強さを強調。小さいながら、キャデラックに相応しい風格も併せ持つ。

 ボリューム感の秘密は、ロングホイールベースにもあり、前後のオーバーハングを大胆に切り詰める。しかしながら、野暮ったさを感じさせないのは、バランス感覚に優れたデザインの賜物だろう。

 インテリアは、攻撃的なスタイリングとは一転し、落ち着きのある心安らぐ空間が広がっている。最新のデジタル技術や先進の安全運転支援機能などを備えながらも、贅沢なアメリカンラグジュアリーの世界観をしっかりと守り抜いている。これこそアメリカンラグジュアリーが追及する快適さなのだ。

アグレッシブなエクステリアに対して、シックなインテリア。これが乗員のくつろぎを生む

次ページは : 快適かつ実用的なキャビン

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ