EVに寿命があるけれど 急速充電器に寿命はないのか? 自家用の最良の選択は何か!?


 電動化が進む現在ですが、EVのバッテリーに寿命があるように、高電圧を流し続ける急速充電器に寿命はないのだろうか?

 自宅に設置するという例は少ないと思うが、選択肢としてはなくはない。しかし、ガスの給湯器などもそうだが、大体10~15年くらいで故障が頻発するようになり、買い替えが必要になるものだ。

 決して安いものではない急速充電器の寿命は何年くらいなのか? 買い替え時には補助金などはあるのか? また自宅では200V電源での充電が最適解なのか? など電動化社会で気になるポイントを解説していきたい。

文/高根英幸
写真/NISSAN、Adobe Stock

【画像ギャラリー】EV時代の到来に逆行? 国内の充電設備減少で見えてきた、充電器にも寿命がある現実


■日本でも徐々にEVは増加! しかし頼みの充電施設が減少している驚愕の事実

 衝撃的な事実がある。日本国内の充電スタンドの拠点数が、何と2020年から減少に転じているのだ。地図大手のゼンリンが公共の充電スタンド設置数を集計したところ、2021年3月末の設置数は2万9214基(テスラ専用を除く)と1年前からおよそ1000基減っているらしい。

EVの普及がこれからという時に充電スタンド数は減少している。EV発売では先鞭をつけた我が国だが、普及は進まず。老朽化した充電器は撤去されてしまう悪循環にハマるのか?(Yoshinori-Okada@Adobe Stock)

 政府は2050年のカーボンニュートラル実現を掲げ、クルマの電動化を大きな施策として組み込んでいるというのに、EVやプラグインハイブリッド車のバッテリーを充電する充電スタンドの数が減少しているのである。

 原因は充電器など設備の老朽化により改修する必要が出てきたものが、利用率の低さや予算不足などで改修が見送られ、閉鎖してしまったとうものが大半のようだ。

 充電器はエンジンやモーターのように可動する部分がなくても、部品の劣化により故障する。パソコンやスマホの充電器が壊れた経験は誰にでもあるだろう。家電製品でも電源部が壊れることは珍しくない。重要な部分だけにしっかりと耐久性や信頼性は確保されているため、故障=寿命と言っていいほど、基本的には信頼性の高い部分だ。

 身近なところではガス給湯器なども可動する部分はほとんどない(厳密に言えばバルブなどはある)が日常の使用による劣化と風雨に晒されての腐食で10年から15年で寿命を迎える。

ガス給湯器は風雨にさらされ10年~15年で寿命を迎える。充電スタンドも設置場所は基本的に屋外で同様の環境となれば、老朽化による交換が必要となるのは当然だ(oka@Adobe Stock)

■急速充電器を複数設置した充電スタンドが少なすぎる!

 話をEVスタンドに戻そう。現在でもEVスタンドの設備費用には補助金が支給される制度が続けられている。それでも全体として拠点数が減っているのは、設置したもののあまり利用されておらず老朽化してしまったのでは、修理費用を費やして維持するのは自治体などでは難しい。

 またそれなりに使われていたため故障してしまったが、修理費用を捻出できずにそのまま放置され、結果として閉鎖という状況になってしまったのも、残念だが納得できるものだ。これまでは補助金もあったことから、まずは設置して利用状況を確かめるしか、設置する必要性が見つけにくかったのだろう。

 利用者が少ないところにEVスタンドを設置するのは先行投資としても無駄が多いから、これまでのデータを活かしながら必要な地域に資金を集中的に費やすべきだろう。そして日本の充電スタンドでは急速充電器、それも複数のEVを一度に急速充電できる施設があまりにも少ないことが目下の問題点ではないだろうか。

 全国のユーザーで充電スタンドの情報を共有するサイト「GoGoEV」によれば5月17日現在で普通充電は日本国内に1万3802カ所、急速充電は7785カ所あるとされているものの、急速充電器を複数設置している充電スタンドは、わずか598カ所しかないのである。

急速充電スタンドの大半は写真のような単独でポツンと設置されている。 EVが普及すれば、電欠防止のため、複数台が設置される大規模施設の拡充が急務だ(Yoshinori-Okada@Adobe Stock)

 コインパーキングなどに設置されている普通充電器は、時間が掛かったほうが駐車場側は駐車料金として回収できるから好都合なのだろう。利用者も短時間ではなく2時間程度は止めて充電するつもりであれば、充電と駐車場利用が同時にできるのだからコインパーキングを利用する価値はある。

 しかし、自宅に充電設備を持てないドライバーの場合、近隣に急速充電器がなければ、まずEVを選択することは現実的ではない。自宅敷地内に駐車場を持っているドライバー、あるいはクルマ通勤で勤務先に充電器が設置されているようなドライバーしかEVを選べないような環境はまず改善しなければ、普及は望めないのだ。

 水素ステーションはそう簡単に規制緩和できない(それでも何度か規制は緩和されている)が、充電ステーションは規制緩和や補助金事業により普及を促すことが比較的容易だ。2台目以降の急速充電器は設置費用を100%補助金でカバーする、といったような大胆な施策をブチ上げない限り、EVの普及率を高めることは難しい。自動車メーカーがいくら素晴らしいEVやプラグインハイブリッド車を発売しても、買えないユーザーが続出することになるからだ。

 電源構成や送電網などの問題はあるにしても、急速充電器が足りな過ぎる今の状況では、ハイブリッド車以上の電動化を推進する計画なんて、絵に書いた餅でしかないのである。

次ページは : ■普通充電でも100Vと200Vではまったく利便性が違う