愛車にあまり乗っていない人は注意!! 走ってないほどタイヤは劣化するって本当?


 タイヤの使用限界はまず摩耗。しかし、ほとんど摩耗してないタイヤも年数が経ち、劣化すると使用限界が来る。しかも、走ってないクルマのタイヤほど劣化しやすいというから注意が必要だ。それはいったいなぜなのか? 

 また、近年はタイヤのパンクによるトラブルが増えているという。なぜパンクが増えているのか?

 以上の2つのタイヤトラブルの「なぜ?」について、モータージャーナリストの斎藤聡氏が解説する。

文/斎藤 聡
写真/carbondale@AdobeStock、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】タイヤ劣化に関するアレコレを画像でもチェック!


■その愛車、タイヤ交換が必要かも!?

 私はあまりクルマに乗らないからタイヤの摩耗もほとんどない。タイヤ交換なんて必要ないよ。なんて言っているあなた。

 もしかしたらタイヤ交換が必要になっているかもしれません。

走っていなくとも、製造から年数が経過したタイヤは劣化している可能性があるから注意だ

 タイヤの交換時期はタイヤが摩耗したら、というのが一般的な認識です。ところが、タイヤって走らなくても劣化が進むんです。タイヤは、摩耗していなくてもゴムが劣化して性能を大きく落としたり、タイヤ自体の柔軟性がなくなってバーストしやすくなってしまう、なんてことがあるんです。

 少々極端な例かもしれませんが、以前そんな体験をしたことがあります。

 2年くらいショールームで展示されて、まったく走っていなかったスポーツカーを使ってドライブする企画があって、ドライブに出かけたのですが、その途中にタイトな山道のセンターラインに埋め込まれたキャッツアイ(金属製の突起)を踏んで、あっさりタイヤがバーストしてしまいました。

 試乗日当日、タイヤをチェックすると、トレッド表面がカサカサで、つやがなく細かなひび割れがサイドウォールにもできていたので、いやな予感はしていたのです。けれども新車の状態で展示されて2年なので、少し走ってトレッド表面が削れれば、フレッシュなゴムが出てくるだろうと考えていたのです。

劣化いているタイヤはトレッドブロックやブロックの付け根、サイドウォール部に細かいひび割れが入る(เลิศลักษณ์ ทิพชัย@AdobeStock)

 ところがキャッツアイを踏んでしまい、その衝撃であっさりサイドウォールが切れてバーストしてしまったんです。

■タイヤは生もの

 タイヤメーカーの人は、よく「タイヤは生もの」という言い方をします。製造した時から劣化が始まり性能を落としていきます。といっても刺身のようにイッキに鮮度が落ちてしまうわけではなく、徐々に劣化が始まります。

 ですから、それほどひどい状態になっているとは思っていなかったのですが、考えが甘かったようです。

 タイヤはとても安定した製品だと考えがちですが、じつは酸化劣化は製品が完成したところから始まっていて、性能は少しずつ低くなっているのです。すぐに性能が落ちないように、劣化防止剤とか老化防止剤といわれる添加剤が配合されています。これによって性能の低下を抑えているわけです。

 具体的には、紫外線、熱、オゾン、水、酸化化合物などによって引き起こされます。はじめはタイヤの表面部分から劣化が始まり、合わせてゴムの柔軟性を保つために配合されていたオイル分が染み出したり、蒸発することでタイヤの柔軟性は失われていきます。

 なので、多少走行頻度が少なくても、少し走ってタイヤの表面をひと皮むければ比較的状態のいいゴムが顔を出すことが多いのです。

 例に挙げたバースト事案は、クルマをほとんど走らせらせておらず、ショールームの中で長期間オゾンや紫外線にさらされていたことにも大きな要因があるのです。

バーストしたタイヤ(norikko@AdobeStock)

次ページは : ■古くなったタイヤは硬くなる

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ