VWがNEWポロを公開!! 人気コンパクトハッチはどう生まれ変わったのか!?


 フォルクスワーゲン(以下VW)は2021年5月14日、ビッグマイナーチェンジした新型『ポロ』の予約受注を欧州で開始した、と発表した。ポロは、これまでにグローバルで1800万台以上も製造されたクルマであり、世界で最も成功したコンパクトハッチバックのひとつだ。同社のゴルフ同様、コンパクトカークラスの世界的なベンチマークとなっている。

 その人気コンパクトハッチは今回のビッグマイナーチェンジでどう生まれ変わったのか、全貌を見ていこう。

文/吉川賢一
写真/VW

【画像ギャラリー】より目力が増して精悍に! 新型ポロを画像で徹底チェック!


■目力が増し、インパクト抜群のフロントフェイスに!

 VWは、2021年のワールドカーオブザイヤー(WCOTY)において、BEV(=Battery Electric Vehicle=バッテリー動力のみで駆動するEV)の『ID:4』がイヤーカーを獲得している。『ID:3』『ID:4』と、立て続けにBEVを打ち出すVWだが、主力販売モデルは、『ゴルフ』『ティグアン』『T-ROC』、そしてこの『ポロ』だ。ちなみに、ポロの中でもより多く売れているのは、排気量の小さなグレードだという。

 先代5代目からデザイン・機能面ともに大幅に進化して2017年6月に登場した、6代目となる現行型ポロ。そこから4年が経ち、今回のビッグマイナーチェンジとなった。

ボディ全体のプロポーションは6代目ポロのままだが、フロントとリアのデザイン変更で目力が増した

 新型ポロは、2019年末にドイツで登場した新型ゴルフ8を彷彿とさせるフェイスとなった。最大の特徴である新形状のLEDヘッドランプは、ライトバーがフロントグリルを貫通して左右を繋げるような形をしている。また、2本のアイラインがヘッドライト下に装備された。これまでありそうでなかったデザインであり、目力が半端なく増したことでインパクトはバツグンだ。

 リアスタイルも一新。標準装備となるLEDリアテールランプは、リアハッチまで伸びて、ブーメランのような形状となった。こちらもゴルフ8に寄せてきているように見える。

全角LEDライトバーを備えた新しいヘッドランプを手に入れた。もちろん、新デザインのVWエンブレムを装着している
ブーメランのような形状のLEDテールランプ

■欧州Bセグも、デジタルメーターが当たり前の時代に

 インテリアに関しても、最新のデジタル化が織り込まれている。新形状のステアリングホイールを採用したコクピット周りは、10.25インチのデジタルメーターディスプレイが上級グレードに標準装備となる。

 先進運転支援ももちろん搭載しており、ACC(アダプティブクルーズコントロール)とレーンアシストを組み合わせたアシストシステムを持つ。同じくBセグメントであるホンダフィットや日産ノートもそうであるように、もはやこのクラスにも、こうした先進運転支援は「欠かしてはならない装備」となってきており、いかにコストを抑えられるか、各社の技術の見せ所ともなっている。

上級グレードには、10.25インチのデジタルメーターディスプレイが標準装備となる
新形状のステアリングホイール
上級グレードでは8.0インチのインフォテインメントシステムがセンターコンソール最上段に備わる

次ページは : ■悩ましいパワートレーン、CAFE規制対応できたのは天然ガス車のみ