【さらば愛しきビートル 80年の歴史に幕】購入への道と快楽


 1938年に産声をあげたフォルクスワーゲンタイプ1。世界各地でカブトムシを意味するビートルやバグ、ケーファー、ボチョなどの愛称で呼ばれている。

 2019年7月11日、最後の生産拠点であるメキシコのファクトリーで、ザ・ビートルの最後の1台がラインオフ、誕生から約80年の歴史に幕を下ろすことになった。

 そして2019年9月25日、日本に正規輸入される最終ロット64台のザ・ビートルが豊橋市のVGJ豊橋インポートセンターに隣接する明海埠頭第一号岸壁に陸揚げされた。

 そこで、タイプ1歴代モデルを紹介するとともに、これから手に入れたいという人のために、空冷タイプ1の中古車相場も紹介。さらに、空冷VW専門店に聞いたタイプ1の魅力や実際に所有するオーナーの生の声もお届けする。

文/野里卓也 
写真/Volkswagen AG フォルクスワーゲングループジャパン FLAT4 野里卓也

【画像ギャラリー】写真で見るビートル歴代モデル、キャルルックほか


3代にわたって日本に愛されてきたビートル

2012年6月、ザ・ビートル日本発表時のもの

 プロトタイプが完成した1938年から2003年まで、半世紀以上も発売されたVWタイプ1(空冷)。当時は世界で最も販売された乗用車として(累計2100万台)ギネスブックにも認定されており、販売された地域も欧州圏はもちろん北米や中・南米、それに日本やオーストラリアまで世界各国で愛されてきたモデルだ。

 その一方でご存じのとおり、駆動方式がRRからゴルフベースのFFとなった新しいビートルも登場。1998年にはそれまでの空冷エンジンから水冷エンジンに変わり、新しいデザインと生まれ変わった「ニュービートル」が誕生。

 そして2012年からは「ザ・ビートル」として、さらにデザインが洗練されたビートルが発売された。それぞれの日本での販売台数を見ていくと……。

 空冷タイプ1だけで毎年3400台以上、ニュービートルやザ・ビートルに至っては毎年6000~7000台以上と、コンスタントな台数を売り上げているのだ。

 さらにザ・ビートルは生産終了が発表された2019年7月時点で、前年比110%以上(※ 2019年1~7月。前年同月比)と、まもなく販売終了にもかかわらず台数を伸ばしている。ちなみにザ・ビートルもボディカラーやグレードによって品薄になってきているというので、手に入れたい場合はお早めに!

■タイプ1の日本での累計販売台数/1953年~1978年 8万9810台

ウォルフスブルグのVW本社工場に1938年から1975年までのVWタイプ1が並べられた。5台並んだ写真の左から1938年から1955年、1965年、1975年へと進化を遂げていく。なお、1952年には日本にも輸入されていたのだが、当時は駐留の外国人しか購入できなかったという

■ニュービートルの日本での累計販売台数/1998年~2010年 8万3103台

2代目となるニュービートルはそれまでの強制空冷方式から別れを告げて、ついに水冷エンジンを搭載。ゴルフ4のプラットフォームをベースに2Lエンジンとなり駆動方式もRRから近代的なFFへと進化。スタイルも先代のタイプ1のフォルムを踏襲しながらも、新しいビートルに相応しいデザインが採用されている。後年には1.8Lターボエンジンを搭載したニュービートルターボも登場。ドイツ・カルマン社によるカブリオレモデルがラインアップされていたことも記憶に新しい

■ザ・ビートルの日本での累計販売台数/2012年6月1日~ 4万4681台

2019年9月25日、日本に正規輸入される最終ロット64台のザ・ビートルが豊橋市のVGJ豊橋インポートセンターに隣接する明海埠頭第一号岸壁に陸揚げされた

これを読めば完璧!【空冷ビートル中古車購入ガイド】

 さて、日本では1953年~1978年まで正規販売され、2003年までメキシコで販売されてきたが、年式によってどこがどう違うのか、どの年式のモデルが人気なのか? 空冷VW専門店「FLAT4」に空冷ビートルの魅力をお聞きするとともに、空冷VW専門誌『ストリートVWs』編集部に中古車相場を聞いた。

 空冷ビートルは、VWファンの間で年代別に「スプリット」、「オーバル」、「ロクナナ」、「アイロンテール」、「ビッグテール」などの通称で呼ばれている。そうした通称&年代別に分けて紹介していこう。

 中古車相場について、空冷VW専門誌『ストリートVWs』編集部では、

「ビートルのプライスは、年式だけでなく、さまざまな理由で上下します。ボディの状態(腐っていることも多いです)、エンジンの調子(オーバーホールがしてあるだけで50万円以上アップします)、パーツがオリジナル(世界中から社外品が発売されています)、そして貴重なオプションが付いていると価格がアップする傾向にあります。

 また、カスタムやチューニングされた車両は、そのメニューによってプラスにもマイナスにもなります。30万円で買えたビートルが100万円の時代です。この10年で、相場は下がっていません。ドライブするのが楽しいビートルですから、投機目的よりも本当に欲しい人が求めた結果でしょう」。

 これを踏まえたうえで、各年式の中古車相場を紹介しよう。

次ページは : スプリットウインドウ ~1953