VWポロ、ビックマイナーチェンジ!! 人気コンパクトハッチはどう生まれ変わったのか!?


■悩ましいパワートレーン、CAFE規制対応できたのは天然ガス車のみ

 現在ホームページ上で確認できた新型ポロ用のパワートレーンは3種類。

 ひとつは、最高出力66kW(90ps)の1L直列3気筒TGIエンジンで、燃料が「Natural Gas」、つまり天然ガス車だ。6速MT車の燃費は3.30kg/100km(≒30.3km/L)、CO2排出量は90g/kmと、2021年の欧州CAFE規制(95g/km以下)にも対応する。このパワートレーンは現行型ポロにも設定があり、そのキャリーオーバー(繰越し)と考えられる。

 ふたつめが、最高出力70kW(95ps)の1L直列3気筒のTSIガソリンエンジン。トランスミッションは5速MTと7速DSGがあり、どちらも燃費は4.60kg/100km(≒21.7km/L)、CO2排出量は105g/km。そしてもうひとつが、最高出力81kW(110ps)の1L TSIガソリンエンジン。トランスミッションは7速DSGのみとなり、燃費は4.70kg/100km(≒21.2km/L)、CO2排出量は107g/kmだ。

 なお、現行ポロの日本仕様にある、1.5L TSIエンジンは、現時点、新型ポロのラインアップにはない。また、ポロGTIに関しても情報はないが、おそらく200ps/320Nmの出力を誇る2L直噴ターボエンジンとなる見込みだ。

■ゴルフとポロ、IDシリーズは共存するのか!?

 欧州市場での2020年販売ランキングでは、1位:VW ゴルフ(28万4909台)、2位:ルノー クリオ(24万8344台)、3位:プジョー 208(18万9872台)、ポロは13位(15万8101台)となっている。ちなみにID:3は、2020年9~12月で5万4522台が売れており、徐々にBEVの足音が聞こえてきている状況だ。

 販売台数の規模を考えると、VWとしては、ゴルフとポロを廃止するわけにはいかない。だが、内燃機関モデルが売れるほどにCAFE規制による罰則が増す。となると、ゴルフとポロ、そのどちらかが、内燃機関モデルをもたない、完全なBEVとなるような気もする。

 なお、新型ポロの日本導入モデルに関しては、VWジャパンからのアナウンスは現時点ないが、おそらく半年から1年遅れとなり、2022年初頭から夏頃の導入となるのではないか、とみられる。ひょっとすると、内燃機関モデルはこれで最後かもしれないポロの新型は、要チェックだ。

【画像ギャラリー】より目力が増して精悍に! 新型ポロを画像で徹底チェック!