働くクルマの変わり種 空港の滑走路の路面を高圧で洗浄清掃する凄ワザトラック


■1台3役以上の高圧洗浄清掃車

 これまでゴム汚れの除去作業の現場には、一般的にクリーナーをはじめ、ポンプ車、バキューム車、清水・汚水タンク車など3台以上の車両と多くの人員が必要とされていた。RWC1500は、それらの作業を1台で行なえる多機能性が最大のセールスポイントだ。

 洗浄清掃作業に際しては、エンジンPTОによって油圧ポンプを駆動するのだが、この油圧を多方面に活用。まず洗浄清掃作業時は、油圧を利用して後輪を駆動し、走行する。これによって作業時の微低速の走行速度を一定に保ち、作業の精度を高めることに貢献するという。

 またPTОにより発生した油圧によって心臓部のKAMATの超高圧ポンプを駆動させるとともに、サーフェスクリーナーユニットも稼働させるというから、洗浄清掃作業時は油圧がすべてのパワーの源なのだ。

 超高圧ポンプは最大吐出圧力2500barを発生し、超高圧水の吐出量は毎分29リッターに達する。

 洗浄用水は、車載の6000リッタータンクに蓄えられ、100ミクロンと25ミクロンの二重のフィルターによってろ過され、給水昇圧ポンプに導かれる。さらに給水昇圧ポンプから10ミクロンのフィルターによってろ過され、超高圧ポンプに給水される。

 これほどまで綿密にろ過するのは、水の中に含まれる細かい錆やゴミが高圧ポンプのバルブに傷つけないよう、さらに洗浄クリーナーの先端のノズル径が0.15mmと小さいため、目詰まりしないようにするためだ。

■スグレモノのサーフェスクリーナーユニット

750mm幅のサーフェスクリーナーが外側と内側に交互に配置され、計1500mm幅の路面を施工する

 2基のサーフェスクリーナーユニットは、作業現場への移動などの通常走行時には路面から高い位置に格納される。

 作業時には降下し、作業位置に750mmずつ合わせて1500mmの作業幅でノズルから高圧水を路面に噴射。路面に付着したゴム成分などの汚れを剥離するとともに、舗装表面から深部に潜り込んだ砂や埃などを浮き上がらせる。

 同時にクリーナー後部に装着された強力バキュームによって吸い上げられ、廃水タンクに送り込まれる。

コンテナはダンプアップでき、これによって廃水タンク内の堆積物も容易に排出できる

 清水タンク、廃水タンクを搭載したコンテナは油圧による傾斜昇降が可能で、これによって排水したのち、後部ハッチを開いて廃水タンク内に堆積したゴム成分、土砂などの排出を容易にしている。

操作はリモコンだ。なおナリコーでは、この車両をARC1500と呼称している(RWCと同等機種)

 また、作業走行速度の設定、高圧水圧力設定、高圧水水量設定など全ての作業は、タブレットタイプのディスプレイにタッチすることで行なうことができる。さらに作業中はライブカメラによって状況確認もでき、作業に関するほとんどの情報がディスプレイに表示されるのだ。

運転席からライブカメラによるモニタリングも可能だ

 RWC1500には追加オプションも多数用意されているが、中でもハンドサーフェスクリーナーは、車両本体に接続して使用できる作業幅250mmの小型サーフェスクリーナーで、ラインの消去など車両から離れた狭小部分に適している。

次ページは : ■滑走路のゴム除去作業を1分で完了

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ