みんな大好き「ホットハッチ」 歩んできた軌跡と最盛期…最新ニュース大特集!!

みんな大好き「ホットハッチ」 歩んできた軌跡と最盛期…最新ニュース大特集!!

 環境規制や騒音規制、そして自動運転・電動化。否応なく押し寄せる「ゲームチェンジ」の波の中で、ホットハッチモデルの先行きを危ぶむ声は少なくない。

 クルマ「を」愉しむ時代から、クルマ「で」愉しむ時代へと変わり始めた時に、ドライビングそのものを愉しむモデルたちが岐路に立たされること、それはある意味決まっていたことだったのかもしれない。

 とはいうものの、まだまだホットハッチを楽しみたいクルマ好きたちのために、古今東西のホットハッチの話題をかき集めてみた。ホットハッチの未来へと繋がるハナシもある?

※本稿は2021年5月のものです
文/片山英明、国沢光宏、松田秀士 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年6月10日号

【画像ギャラリー】各トピックと珠玉の名ホットハッチたちをギャラリーでチェック!!!


■そもそもホットハッチにはどんな歴史がある?

 ホットハッチとは、ファミリーカーに高性能なパワーユニットを搭載したハッチバックモデルのことだ。

 元祖はミニクーパーSだが、これはハッチバックじゃなかった。多くの人がホットハッチと認めているのは、1975年秋のフランクフルトショーでベールを脱いだフォルクスワーゲンゴルフのGTIである。

ハイパフォーマンスな性能を有しドライバーを魅了したゴルフGTI

 燃料噴射装置で武装し、高性能化した1.6Lの直列4気筒を積み、サスペンションもハードに締め上げた。峠道で豪快な走りを見せ、レースやラリーでも大暴れしている。

 同じ時期、ルノーも5(サンク)にホットハッチのアルピーヌを設定し、これは1979年に5ターボへと発展した。また、WRC出場の公認を取るためにミドシップに改造した超過激モデルも製作する。

 プジョーも205ターボ16を送り出した。また、ランチアは1979年にデルタを発売したが、これをフルタイム4WDに変更し、2LのDOHCターボを搭載した刺激的なHFインテグラーレも投入する。

デルタHFは4WDとターボで武装しラリー界を席巻する存在となった

 日本でも1980年代からシャレード・デトマソやシビックSi、カローラFX・GT、ファミリア4WD・GT-X、ミラージュ・サイボーグターボ、マーチスーパーターボ、パルサーGTI-Rなどが誕生し、速さと技術力を競った。

(TEXT/片岡英明)

■小排気量だけじゃない! 3L級大排気量ホットハッチ

 軽量コンパクトな2ボックスボディにパワフルなエンジンを積むホットハッチは、年を追うごとに過激になっていく。大排気量エンジンを積むホットハッチも少なくない。

 2002年、4代目ゴルフに「R32」と呼ばれるホットハッチが誕生した。

 心臓は3.2LのV型6気筒DOHCで、パワフルすぎるから4WDとしている。売れゆき好調だったため、5代目にもR32が設定された。その後継が6代目で登場したゴルフRだが、こちらは2Lの4気筒ターボとなった。

3.2L V6を積み込みパワフルな走りを得たゴルフR32

 フランスのルノーには3LのV6エンジンをミドマウントしたクリオRS・V6がある。

クリオV6は唯一無二 3L V6をリヤに載せた

 また、イタリアのアルファロメオも147にGTAを設定した。心臓は250osを生む3.2L V型6気筒DOHCだ。

147GTAに搭載される伝統的な3.2L V6と6MTはまさに刺激的

(TEXT/片岡英明)

次ページは : ■2Lホットハッチパワーウォーズ!

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ