日産デイズが軽初の最高ランク評価!! 軽自動車の安全性は普通乗用車と変わらないのか?

日産デイズが軽初の最高ランク評価!! 軽自動車の安全性は普通乗用車と変わらないのか?

 自動車の安全性能を評価・公表する自動車アセスメント(2020年度)の結果が5月25日に発表され、そこで日産デイズが軽自動車として初めて、唯一の最高評価「ファイブスター賞」を獲得した。

 デイズの総合評価は、もっとも安全と評価されたレヴォーグ、そして2番目のハリアーに次ぐ98%の評価で、これはヤリスクロスと同じ。つまり普通乗用車と同等の評価だったのだ。

 ということは、ボディの小さな軽自動車だが、デイズの安全性能は普通乗用車と同レベルと考えていいのだろうか? モータージャーナリストの御堀直嗣氏が解説する。

文/御堀直嗣  
写真/NISSAN、自動車事故対策機構、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】祝! デイズが自動車安全性能2020で星5を獲得!!


■デイズが安全性能の最高評価「ファイブスター賞」を獲得

日産 デイズ(132万7700円〜)は、JNCAPの「2020年度自動車アセスメント」総合評価で最高評価の5つ星を獲得した

 日産自動車は、軽自動車のハイトワゴンであるデイズが、JNCAPの「2020年度自動車アセスメント」総合評価で最高評価の5つ星(ファイブスター)を獲得したと発表した。

 JNCAP(ジャパン・ニュー・カー・アセスメント・プログラム)とは、独立行政法人の自動車事故対策機構によって中立公正な立場から公表される自動車評価だ。自動車事故対策機構は、1973年(昭和48年)に自動車事故対策センターとして設立され、1999年(平成11年)から自動車アセスメントの情報提供を行っている。

 今日まで過程で、評価の内容も時流に応じて更新され、2020年度は衝突安全性能と予防安全性能の評価を統合したのに加え、新たに事故自動緊急通報装置の搭載の評価が加えられた。そして満点から差し引かれた点数の表記ではなく、満点の何パーセントを満たしたかで表示される。

 今回の日産デイズは、衝突安全性能で88%、予防安全性能は96%、そして事故自動緊急通報装置で100%を獲得し、総合92%となって、5つ星を獲得した。

デイズのオフセット前面衝突試験の様子
デイズの 衝突被害軽減ブレーキ試験。奥の2台は死角から出てくる歩行者を再現するために置いてある

 ちなみに、今回の大賞はスバル レヴォーグが獲得し、衝突安全で96%、予防安全で100%、事故緊急通報装置で100%を獲得し、総合では98%となっている。

 日産デイズで若干パーセンテージが劣っている理由を詳しくみると、衝突安全ではオフセットの前面衝突で差がついている。また予防安全では高機能前照灯がないぶん差が出た。

■衝突安全性のために大型化された軽規格

 近年の軽自動車規格は、1998年に定められ、車体寸法が以前に比べ大型化した。1960年代の初代日産サニーやトヨタカローラの横幅と同等にまで大きくなっている。

車体寸法は1960年代の初代日産サニーやトヨタカローラの横幅と同等にまで大きくなった

 その目的は、登録車との衝突においても、同等の乗員安全性能が得られるようにするためだ。交通社会のなかで、互いに安全を確保することをコンパティビリティ(共生)というが、その要望が1990年代後半に強まったからである。

それが、1999年の自動車アセスメント情報の提供開始にもつながっている。

 したがってそもそも23年前から、衝突安全性能においては軽自動車と登録車の差がなくなるような取り組みが行われてきた経緯がある。

 実際、今回の日産デイズの自動車アセスメントのための衝突実験の映像(YouTube)を見ると、前席後席ともシートベルトとエアバッグによって乗員の生命の確保が行われている様子がわかる。

 一方、かつてほかの自動車メーカーで衝突実験の様子を見た経験からすると、軽自動車と登録車を直接オフセット衝突する実験からは、車両自体の安全性能は同等であっても、車両重量の軽い軽自動車は衝突後に車体が跳ね飛ばされることを知った。

 実験場内でのことなので明確には言えないが、車道から歩道あるいは道路の外へ出てしまうほど車体は飛んで行った。転倒することはないが、道路わきに居る歩行者が巻き込まれる可能性は考えられ、また道路の外へ飛び出せば畑などへ転落することも考えられる。

次ページは : ■デイズは予防安全装備も充実