「ゴーン後」の日産・三菱 新たな姿とクルマたち


 日産・三菱の足下が慌ただしい。

 同じくアライアンス(提携関係)を結ぶルノーへFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)が統合を持ちかけたのが2019年5月27日。しかしそれからわずか10日足らずの6月6日には、FCA自らがその統合案を撤回するに至った。

 しかし日本のクルマファンからしてみれば、そうしたゴタゴタ云々よりかは「日産と三菱(とそのクルマたち)はどうなるんだよ!」といったところではないだろうか。

 日産にとっては少々耳の痛い話になるかもしれないが、仮にルノーとの提携を解消したとしても、クルマファンからしてみると「で? 日産だけでいい車出せるの?」というのが大方の反応かもしれない。

 しかしながら、それは日本のクルマファンの、日産・三菱への熱い、そして変わらぬ期待の表れだと表現しても決して間違いにはならないだろう。

 ここまでベストカーが集めた日産・三菱のアライアンスの深化具合について、またそこから生み出されるであろうクルマたちの情報を整理してみた。

 まだまだ予測の域を出ないが、秋の東京モーターショー2019では、次世代型e-POWERの出現もあるかもしれない。

 果たして2社の未来は明るいだろうか?

※本稿は2019年5月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年6月10日号


■「2020年大攻勢」の準備が着々と進んでいる?

 これまでにも幾度となくお伝えしてきた通り、日産の日本国内ニューモデル投入は停滞している。

 海外に向けてはインフィニティブランドのニューモデルを積極的に投入したり、北米をはじめ中国やロシアなどに向けた日産ブランドのニューモデルを投入。

 4月16日より開催されていた上海モーターショーには新型シルフィを世界初公開したし、それに先立つ4月12日には北米向けのコンパクトサイズの4ドアモデルVersa(日本では以前ラティオとして販売されていたモデルの後継車)が発表されているなど、新車開発そのものが停滞しているわけではないのだ。

4月12日に発表された北米向けのコンパクト4ドア、新型Versa。これがなかなかカッコいい。日本に向けても、こうしたニューモデルを積極的に投入して欲しいものだ

 しかし……日本国内はというと………、3月28日にデイズが発表されたが、これは2017年9月のリーフ発表以来、約1年半ぶりの純粋なるニューモデルの投入だった。

 これまでベストカーでは、新型ジュークが開発最終段階で、昨年秋から冬にはモデルチェンジする、とお伝えしてきたが、その後開発に時間がかかり延期。

●2020年登場の新型ジュークは次期型RVRとプラットフォームを共用

当初の計画から2年近く開発に遅れが生じた次期型ジュークだが、いよいよ来年前半デビュー。次期型RVRがジュークと共用化により開発される(上がジューク、下は8月マイナーチェンジ予定のRVR。ジュークの画像はベストカー予想CG)

 今年の前半にもやっと開発完了のメドが立ったともお伝えしたが、それもどうやら再度延期となった模様で、日産の今年のニューモデルはデイズのみ、という。ジュークのモデルチェンジは来年、2020年の前半に決定したという。

 この背景には日産自動車のグローバル企業としての戦略があることは当然ながら、三菱自動車とのアライアンスによる開発工程の見直し、日本市場に向けた商品展開ロードマップの見直しなどがある。

●ノートe-POWERの次期モデルも2020年登場

「パラレルタイプ」のハイブリッドを新たな電気自動車のスタイルとアピールすることで、一気に認知力を高め、人気を博すこととなったe-POWER。最初に搭載されたノートは、搭載当時はデビューから時間の経ったモデルで販売的にも低迷していたものが、一気に人気モデルとなり、昨年は暦年販売ナンバーワンを記録。次期モデルは来年登場(画像はベストカー予想CG)

■「アライアンスの理想的な方向性」とは?

 3月28日、eKシリーズ発表の場で三菱自動車の益子修会長は「日産と三菱、それぞれが得意な分野を活かして、お互いに共有して魅力的な商品を作り上げることがアライアンスのあるべき姿。進むべき方向性だ」と語った。

 今回のデイズ/eKは先代型の三菱主導の開発から日産主導の開発へとなった。この背景には例の燃費不正問題が無関係だとは思えないが、一方で「あの問題以前から、次のモデルは日産が開発を主導することで決まっていた」と益子会長は言う。

●デイズ/eK EV

3月14日に岡山県の水島製作所で実施されたデイズ/eKシリーズのオフライン式典で握手をする日産の星野朝子専務執行役員と三菱の益子修会長。デイズ/eKのピュアEVが今後登場することは、その後、eKシリーズ発表会の場で益子会長への取材などでも明言されている。EVのデビュー時期は2020年中晩頃となりそうだ

 開発初期から運転支援システム「プロパイロット」を搭載することが必須とされていたこともあり、シャシーも含めてパワートレーンなど日産が開発するほうが理にかなっているというのがその理由。さらにピュアEV仕様も念頭に置いていることも日産主導の理由だと益子会長は言う。

 今後の展開としてEV及びe-POWERは日産の技術、知見を最大限に活かす一方、PHEVは三菱の持つ技術を活用し、日産が独自に進めていた開発と一体化されることを明言している。

 こうしたアライアンスによる開発体制の集大成となるのがミッドサイズプラットフォームだ。

 具体的には日産では次期型エクストレイルに使用されるプラットフォームで、三菱では次期型アウトランダーになる。さらに日産ではこれをベースにCセグメントスポーツハッチバックが開発されることは既に別のところでお伝えしてきた。

●次期型エクストレイルはe-POWERでNISMOアリ!

次期型エクストレイルも開発の遅れが取りざたされるモデル。その背景には三菱とのアライアンスによるプラットフォーム共用、部品の共用化などの問題があるという(画像はベストカー予想CG)

 パワートレーンはe-POWERが採用されるが、エクストレイルでは、ジュネーブショーに出展されたコンセプトカー「IMQ」に搭載されるとされた1.5Lターボe-POWERの搭載が有力視される。

 車重が重く、4WDが求められるSUVには前後2モーターの4WDとなるこのe-POWERシステムがベストマッチ。

 4WD制御技術は三菱の持つ、PHEV・S-AWC技術が盛り込まれることで悪路走破性、操縦性などに大きな進化が期待できる。よりハイパワー化したNISMOモデルの開発も同時並行で行われる。

●e-POWER搭載Cセグカー、三菱では次期型アウトランダー開発

次期型エクストレイルと基本プラットフォームを共用開発するのが日産のCセグメントスポーツハッチ(上)。三菱では次期型アウトランダー(下)が開発される(画像はベストカー予想CG)

 基本プラットフォームを共用しながら三菱バージョンとして次期型アウトランダーが開発されるのだが、さらにここから発展するかたちで、前回の東京モーターショーに出展された三菱e-EVOLUTIONが市販モデルとして具現化することになる。

 もちろんコンセプトカーがそのまま市販モデルになると言うのではなく、e-EVOLUTIONで示されたモーター駆動技術やデザインコンセプトが盛り込まれたスポーツSUVということ。

 イメージとしてはまさに“ランエボSUV”とも言うべき三菱のフラッグシップイメージリーダーカーとなるモデルだ。

●ランエボSUVには e-EVOLUTIONの技術を投入

上は前回の東京モーターショーに出展された「e-EVOLUTION」。ここに投入されたEV技術、4WD制御技術などを盛り込んで、エクストレイルとプラットフォームを共用して開発される次期型アウトランダーをベースにスポーツSUV、すなわちランエボSUVが開発される

次ページは : ■2019年秋からの胎動を、ファンは楽しみにしていていい?