450psオーバーもドンとこい! 令和の日産車チューニング最前線

450psオーバーもドンとこい! 令和の日産車チューニング最前線

 改造車、チューニングカーといえばNISSAN、と言われていたのは平成まで!? すっかり最近は影が薄く、さらにスカイライン・セダンなどの国内展開までやめるという報道まで流れ……。

 しかし、日産魂はまだまだ健在。GT-R、フェアレディZ、スカイライン400R、そしてノートニスモにマーチニスモと遊べる素材はたっぷりある。チューニングやカスタムは盛り上がり続けている。

文/加茂 新、写真/NISSAN

【画像ギャラリー】日産魂ここにあり!! GT-R、フェアレディZ、スカイライン400R……まだまだ魅力的な『遊べる日産車』たち


■GT-Rは人気ありすぎて高値安定!!

当初777万円という価格は高すぎると言われたが、現在は約1000万円がベース価格。14年前の物価を考えると決して高くはなかった
当初777万円という価格は高すぎると言われたが、現在は約1000万円がベース価格。14年前の物価を考えると決して高くはなかった

 まずは日産といえばGT-R。

 2007年に3.8L+ツインターボ+2ペダル(DCT)という衝撃のパッケージで登場。「オートマで走れるかよ!」(オートマではないが2ペダル)なんて声も当初は聞かれたが、レベルが違った。今や世界のレースのほとんどが2ペダル化されたが、国産車としてはその走りだったのだ。

 発売当初のモデルはミッショントラブルが頻発したが、アフターマーケットで対策メンテナンスが確立されて初期モデルでも問題なし。2011年モデル以降は対策済みで、ノーマルでも問題なし。

 エンジンパワーは2007年モデルで480ps。徐々にパワーアップして最新型は570ps。ベースは大きく変わっておらず、どちらもECU書き換えによるブーストアップで600~650psくらいは出せる。数十万円で600psオーバーとは、RB26では考えられない世界。

 アフターのビッグタービンを組めば800psもスムーズに可能。上限は1200PSほどで、1000psオーバーはエンジン内部まで部品交換が必要でコストも覚悟。だが、特別なチューンではなくお金さえあれば可能だ。

「レヴェェェルが違うんだよ、コノヤロー!」

 という日産自動車から、魂の叫びが聞こえてきそうなほどのキャパシティである。ブーストアップ程度なら、オイル交換だけでお買い物からサーキットまで使えてしまう。

エンジンはHKSから4.1Lキットが出ていて、1000ps超えを目指すなら4.1L+ビッグタービンとなる
エンジンはHKSから4.1Lキットが出ていて、1000ps超えを目指すなら4.1L+ビッグタービンとなる

 その加速を可能にするのは伝統のアテーサE-TSを使った4WDシステム。この4WDのトラクション性能がすごい。

 だからこそ、ケタ違いのパワーを出すことができる。オーナーも扱えるからこそ、またいじりたくなるわけである。チューニングをしたくなるパッケージなのである。

フロントにエンジン、ミッションはリアにあるトランスアクスル方式にすることで前後重量バランスを改善。エンジンパワーはもちろんだが、それはあとから高めることも可能。むしろこの駆動方式とトラクション性能こそGT-Rの凄いところ
フロントにエンジン、ミッションはリアにあるトランスアクスル方式にすることで前後重量バランスを改善。エンジンパワーはもちろんだが、それはあとから高めることも可能。むしろこの駆動方式とトラクション性能こそGT-Rの凄いところ

さすが日産。この瞬間が日産車だね。と言いたくなる。

 しかも、ミッションは大パワーを出しても全然平気なのだ。

次ページは : ■フェアレディZ Z33は一大ブームに。Z34はこれから!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ