自動運転で移動時間が変わる!? 飲酒しても運転できる?? 【自律自動運転の未来 第17回】


 自動運転技術の最先端の話題を紹介する本連載、第17回となる今回は「自動運転中の車内はヒマになる? ドライバーが運転操作から解放されるということは、車内でお酒を飲んでもいいってこと??」について、検討します。

 結論を先に書いておくと、自動運転技術搭載車を運転していても、思っていたほどヒマにはならないし、お酒を飲むなんてとても無理そうです。詳しくは以下、本文を。

文/西村直人 写真/奥隅圭之、メルセデスベンツ、Adobe Stock(アイキャッチ写真は@ metamorworks)

シリーズ【自律自動運転の未来】で自動運転技術の「いま」を知る


■運転中にDVDで映画は流せるけど…

 自動運転技術のうち、レベル3を実装した車両ではドライバーに自由な移動時間が提供されます。

 運転操作にとらわれることなく、移動の時間をより有意義に使えることから、移動の質が向上すると注目されています。

 しかし、実際に公道でレベル3技術を搭載した条件付自動運転車のステアリングを握ってみると、筆者は複雑な印象を抱きました。

 それは独特な緊張感を伴うからです。

 便利で快適なレベル3技術では、ドライバーがいつでも運転再開できる状態を保つことが稼働条件のひとつに掲げられていて、同時にそれに従うことがドライバーの責任であると定められています。このことは本連載の第15回に詳細をレポートした通りです。

第15回 自動運転車の事故はドライバーの責任? クルマの責任??

 レベル3技術が正常に稼働している段階では、システムからの呼びかけにすぐさま応じ、ドライバーによる運転操作が行えることを条件に、カーナビ画面を注視したり、DVDなどの観賞ができたりします。

「レベル3」の自動運転技術の場合、車内でDVDを再生し、それを鑑賞することができる(もちろんハンドルから手を離すこともOK)

 この仕組みについては当連載で過去に数回、詳細なレポートで報告しています。

(1)アクセル&ブレーキ操作の部分的な解放(フットフリー)
(2)ステアリング操作の部分的な解放(ハンズフリー)
(3)ドライバー視線による自車周囲監視からの部分的な解放(アイズフリー)

 上記3つの項目について、システムが正常に稼働している場合に限り解放されるわけです。

 その上で現時点、国際的にレベル3技術の稼働可能な上限速度を60km/hとし、併せて同一車線のみであることも条件として定められています。

 実際、市販車として世界初のレベル3技術を有するHonda SENSING Eliteを搭載した「レジェンド」では、30km/h以下で稼働を開始し、上限を50km/hまでに制限して、車線変更は伴いません。

 こうした条件が付くとはいえ、運転操作から部分的に解放されるとドライバーは快適になる……。これはイメージしやすいと思います。

 一方、ある種の緊張感とはどういったものなのか、具体例を挙げて紹介します。

■「レベル3」では到底無理

 人は脳への情報のうち80%以上を視力から得ています。よって、レベル3稼働時に許されるカーナビ画面であれば詳細な地図情報が、同じくDVD観賞であればストーリー性のある映像が眼から脳へと入力され続けます。

 また、見る行為だけでなくカーナビであればルートの詳細な設定など、スイッチ操作や画面タッチがレベル3稼働時には行え、DVD観賞では同時に音声が耳に届くことから没入感が一層高まります。

 筆者がレベル3技術を公道試乗している際、何度かシステムから運転再開の要請がありました。このシステムからの要請はTOR(Take Over Request)と呼ばれ、システムの運行設計要件であるODD(Operational Design Domain)から外れそうになる際に発せられます。

 わかりやすく説明すれば、システムが手に負えなくなると判断する状況に近づくとTORが発報されるわけです。

 従って、ドライバーは目線こそ自車周囲に向けていなくとも(=液晶画面を見ていても)、自車周囲で高まる危険な状態を肌身で感じなければなりません。第六感を働かせるといったら大げさですが、通常の運転操作とは異なる緊張感を保つ必要があるのです。

 当然、そうなれば飲酒状態での単独乗車は、現状のレベル3環境下ではあり得ません。TORに従い、ドライバーによる手動運転が課されるからです。このことは道路交通法でも禁止であると定められています。

日本でも厳罰化が進み、世界中でも問題視されている飲酒運転。自動運転中なら可能…なのか……というのはひとつの論点として重要だが、現時点(公道でのレベル3)ではとても無理(Adobe Stock@andriano_cz)

 さらに筆者の場合、システムからのTORを受けて、ステアリングを握りペダル類のスタンバイをしたところで、運転操作をすぐさま再開することが出来ませんでした。

 なぜなら、カーナビやDVDを映し出す液晶画面に目線を落としていたことで、自車周囲の目視による安全確認がその間、疎かになっていたからです。TORを認識→、運転再開のスタンバイ→、運転操作へ気持ちを切り替え→、目視による安全確認。これら一連の運転再開動作を完了するまでに、筆者の場合は3~5秒程度かかりました。

 こうしたレベル3稼働時に伴う緊張感は、危険度が低いと思われる自車速度の低いシーンでも強いられます。

次ページは : ■有能な運転者でも避けられない事故は

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ