86/BRZ GRヤリス スイスポ…令和のチューニングベースおすすめ5選

チューニングベースで買いなクルマ 5選

 カスタマイズしたり、チューニングするのもクルマ遊びのひとつ。そこで重要なのはチューニングの素材になりうるクルマかどうか。

 大好きなクルマをベースにするのが一番だが、どうにもパーツが少ないと触りようがないのも事実。では、どれを買えばいいのか、チューニングに『買い』なクルマ5つをピックアップ。

文/加茂 新、写真/TOYOTA、SUZUKI、FIAT、加茂 新

【画像ギャラリー】やらなきゃ逆に失礼でしょ!! チューニングベースに最適な『イジってさらに楽しい』車たち!!


■ECUが現代車チューニングの鍵

現代の車はECU(電子制御装置)でエンジンを制御する。ECU内のデータが書き換え可能な車を選ばないと目立ったチューンは何もできないということになる

 チューニング三種の神器といえば「ソレ・タコ・デュアル」。ソレックスキャブ、タコ足(等長エキマニ)、デュアル出しマフラーだった。あれから30年。じつは現在もあまり変わっていない。当時のキャブレターにあたるECUがキモになる。

 現在はECUでエンジンを制御。ECUがいじれないと速度リミッター解除はもちろん、パワーアップや、燃費向上、アクセルレスポンスの調整など、なにもできない。

 ECU書き換えは、自動車メーカー的としては行っていない。アフターパーツサプライヤーがそれぞれ内部データを解析して書き換える。これが可能な車種を選ばないと前途多難である。それをふまえて、これからいじって遊べる5車種はこちらだ。

■キング・オブ・チューニング 86/BRZ

チューニングベースの王道、86/BRZ。チューンナップパーツも豊富にあり、もちろんECUチューンも可能だ

 今、チューニングベースにするなら王道は86/BRZ。王貞治と長嶋茂雄が合体したくらいの王道感漂う存在! その名の通り86なんて、AE86の「ハチロク」から来ているわけで、トヨタ側もいじって遊ぶベース車と認識。

 ECUチューンは可能。ポイントになるのはツインインジェクターであること。86/BRZは直噴とポート噴射を併用した「D-4S」を採用し、低負荷域はポート噴射、高負荷粋は直噴メインで、併用している。

 直噴は燃費も出力も期待できるが、シビアな特性により現在大容量アフター品がない。すなわち直噴エンジン=インジェクター容量が出力の限界、になってしまう。過給器を取り付けてもガソリンが足りなくなってしまうのだ。

 それがFA20エンジンだとポート噴射で補えるし、ポートインジェクターは大容量品に交換できるので。、かなりパワーを出せるのだ。

 もともと200psのエンジンだが、市販のターボキットで250~300ps、スーパーチャージャーでも同様。エンジンの限界としてはおおよそ400psまで。ミッションはMTが300ps、ATは400psくらいまで耐えられるようである。意外にもATの方が丈夫でスーパーチャージャーと組み合わせるとなかなかおもしろい。

 気になる車検もターボやスーパーチャージャー自体はまったく問題なし。すべてキットが出ていて、推奨する排気系にすれば排ガスや音量も問題なし。要約すると「やりたい放題」ができるのが86/BRZなのである。

次ページは : ■ターボチューニング無双 スイフトスポーツ