いったいどうした!? マシンそれともドライビング? フォーミュラ王者山本尚貴の苦悩

いったいどうした!? マシンそれともドライビング? フォーミュラ王者山本尚貴の苦悩

 2020年、スーパーフォーミュラ王座とスーパーGT王座のダブルタイトルを獲得した山本尚貴。そんなスーパーフォーミュラのディフェンディングチャンピオンが、2021年は不調の波に喘いでいる。

 今季はQ3に一度も進出しておらず、ランキングも現時点で12位。山本の実力を知っていれば不思議としか言いようのない不調の原因を探る。

文/段 純恵、写真/HONDA

【画像ギャラリー】王者の輝きを取り戻せ!! 苦難の2021年を戦う山本尚貴


■SFディフェンディングチャンピオンの不調


2020年のスーパーフォーミュラでは王座に輝いた山本尚貴。スーパーGTでもチャンピオンとなり、自身2度目のダブルタイトル獲得となった。2021年のこの状況を誰が予想しただろうか

 昨年3度目のSF王座にしてスーパーGTとの2度目のダブルタイトルを獲得したスーパーフォーミュラのディフェンディングチャンピオン、山本尚貴(32)が絶不調の沼にハマっている。

 開幕からの4戦中3レースでポイントを獲得しているのだから絶不調なんて大げさでは、と思うかもしれない。だが、予選の上位8台を決めるQ3に今季は一度も進出しておらず、ランキングも現時点で12位と、山本の実力を知っていればこれはもう『絶』のつく不調としか言い様がない。

 山本はホンダのドライバー育成プログラム「鈴鹿サーキットレーシングスクール」を受講し、スカラシップを受けて育った生粋のホンダドライバーだ。

 ’10年ナカジマ・レーシングからSF(当時の名称はフォーミュラ・ニッポン)にデビューし、その翌年にチーム無限へ移籍。’18年に2度目のSFチャンピオンを獲得した後、’19年にダンディライアンレーシングへと移り、昨年3度目の国内トップフォーミュラ制覇。そして今季から古巣のナカジマでSFを戦うこととなった。

 これまでと同様、今回の『異動』もお膳立てしたのはホンダだ。過去10年以上にわたり国内外の若手ドライバーを走らせてきたナカジマ・レーシングで、3度のチャンピオンに輝いた腕を活かしチーム力のさらなる向上を図ってもらいたい、というホンダの意向に山本がひと肌脱いだ格好である。

 ところが冒頭に書いたように、いまのところひと肌脱ぐどころか、山本は予選、決勝をふくむほとんどのセッションで若きチームメイトの大湯都史樹(22)に遅れをとっている。

 確かに大湯は若手の中でも活きの良さと速さでピカイチのドライバーだが、参戦2年目の若者に現王者の山本が負けっぱなしというのは、どう考えても尋常ではない。

■不調の原因はどこにあるのか

不調の原因がどこにあるのかがはっきりすれば光も見えてくるが……

 不調の原因がどこにあるのか。それが突き止められれば光も見えてくるのだが、SUGOでの第4戦を終えても山本とチームがこれぞ!という答えを見つけた様子はない。

 可能性としての原因はいくつも考えられるが、まず浮かぶとしたらマシン個体の何らかの異常だろうか。実は山本と同じ悩みを抱えていたのがKONDOレーシングの二人で、『何をどうやってもマシンが思うように挙動せず、アンダーとオーバーがコーナーごとに変わる』症状に苦しんでいた。

 目に見える部分に問題はなくても、目視で判断できないモノコックの内部などになんらかの瑕疵があれば、レーシングマシン本来の速さで本来の性能を発揮することは難しい。実はこの疑惑、SF19が導入された’19年当時からささやかれていた。出荷時の製品検査が万全だったのかどうかを疑う人もいる。

 ただ山本の場合、燃料が重い状態だとマシンの挙動は比較的安定しており、日曜朝のウォームアップでトップ5に入るタイムをマークしたり、決勝でもそれなりに力強い追い上げでポイント獲得もしている。

 燃料の軽い予選はグリップ感が得られずに苦しんでも、フルタンクの決勝はそこそこ安定して走れるのなら、モノコックに何らかの瑕疵があるという疑いは成り立たないかもしれない。

次ページは : ■原因を探り出すのは現時点では困難か

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ