大ヒット中のハリアー買うならハイブリッド? それともガソリン?


■購入3年以内に売却すればハイブリッドが有利に

ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、シルバー系のスティールブロンドメタリック、ブラックの3色に人気が集中している

 ハリアーの損得勘定では、ガソリンNAエンジンが有利だが、購入してから短期間で売却する場合はハイブリッドの不利が抑えられる。

 この背景には、ハリアーが中古車市場で高い人気を得ていることが挙げられる。ガソリンNAエンジン、ハイブリッドともに、残価設定ローンを組むと、3年後の残価率(新車価格に占める残価の割合)は59%に達する。一般的な残価率は43~48%だから、59%は相当な好条件で、アルファードS・Cパッケージの55%を上まわる。

 仮に3年後に新車価格の59%で売却できれば、ハリアー2WD・Gは201万円に達する。3年間の価値の低下は140万円だ。2WDハイブリッドGは236万円で売却され、3年間に下がった価値は164万円になる。

 3年後に売却するなら、ガソリンNAエンジンとハイブリッドの差額は24万円に収まり、しかもハイブリッドは前述の通り税額も10万5000円安い。差額は13万5000円まで縮まる。

 さらに燃料代も1km走行当たり2.9円、3年間/3万kmの走行であれば8万7000円節約できるから、3年間に4万8000円(1年間に1万6000円)を多く払えばハイブリッドを使用できる。

 1年間の走行距離が1万5000kmなら、3年間に4万5000kmを走るため、13万5000円の差額がほぼ解消される。

 クルマの売買には、必ずメーカーや販売店の利益が上乗せされるから、基本的には故障が増え始めるまで10年以上にわたって乗るのが得策だ。

 このような使い方をすると、ハイブリッドでも売却時の金額は下がり、ガソリンエンジン車と大差はなくなる。従って前述の16万kmで差額を取り戻せる計算が成り立つ。

 しかし短期間で売却する場合は、特にハイブリッドは高値で売られるため、3年程度の使用であれば負担を小さく抑えられる。

 ハリアーで3年間の残価設定ローンを均等払いで組んだ場合、月々の返済額は、ガソリンNAエンジンの2WD・Gは5万1100円、2WDハイブリッドGは6万円だ。月々8900円の差額でハイブリッドを使えて、購入時の税額も10万5000円安い。

ハリアーのグレードと価格

■結論:長く乗るならNAエンジン、それ以外ならハイブリッド!

ハリアーの4WD車は電気式4WDシステム「E-Four」を採用。前後輪のトルクを100:0~20:80のなかで最適な配分に調整する

 以上のように、長く乗るならガソリンエンジン、短期間で乗り代えたり、残価設定ローンを使うユーザーにはハイブリッドのメリットが大きい。使い方や乗り方に応じて、ガソリンエンジンとハイブリッドの損得勘定も違ってくるわけだ。

 このほかガソリンエンジンとハイブリッドでは、動力性能、加速感、静粛性などにも違いが生じる。特にハリアーでは、ガソリンエンジンは直列4気筒2Lで、ハイブリッドは2.5Lエンジンにモーター駆動を組み合わせた。そのために性能や運転感覚の差も開きやすい。

 ハリアーに2LガソリンNAエンジンを搭載する2WD・Gの車両重量は1570kgだ。実用的にはパワー不足はないが、上級SUVとしては少々物足りない。特に2000~3000回転の実用域では、もう少し粘り強さが欲しい。4500回転を超えると、吹き上がりが活発になるが、ノイズも耳障りに感じられてしまう。

 その点でハイブリッドは、登坂路に差し掛かってアクセルペダルを踏み増した時など、反応の素早いモーターが駆動力を滑らかに高める。ガソリンエンジンほど、アクセルペダルを深く踏む必要はない。モーター駆動の併用でノイズも小さく、上級SUVのハリアーに相応しい上質な運転感覚が得られる。

 ハリアーは実用指向の車種ではないから、数値に示される動力性能や燃費だけでなく、アクセルペダルを踏み増した時の力強さ、吹き上がりの滑らかさ、エンジンノイズの静かさといった感覚的な要素も大切だ。

 購入する時は、ガソリンエンジンとハイブリッドの両方を乗り比べてグレードを決めたい。そのために1年間の走行距離が1万km以下で、燃料代の節約によって価格を取り戻しにくいユーザーが、走りや運転感覚の違いでハイブリッドを選ぶことも多い。

 またハリアーの場合、ハイブリッドであれば、100V・1500Wの電源コンセントを4万4000円でオプション装着できる。1500Wの容量があれば、電子レンジやヘアドライヤーも使用可能だ。キャンプなどに使えて、災害時にも役立つ。1500W電源コンセントのニーズはユーザーによって異なるが、ハイブリッドでなければ得られない貴重な付加価値だ。

 現実的には、ハイブリッドとガソリンエンジンの価格差を、燃料代の差額で取り戻せるユーザーは少ない。後半に述べた運転感覚、静粛性、ハイブリッドを活用した電力供給機能など、付加価値のとらえ方でガソリンエンジンとの選択も左右される。

 また損得勘定ではなく、環境負荷を抑えるために、走る距離が短くても可能な限りハイブリッドを選ぶユーザーも多い。これも強い説得力を伴うハイブリッドの正しい選び方だ。

【画像ギャラリー】プレミアムSUVの真髄 トヨタハリアーの美しさを堪能しよう!!