フェラーリがPHVの296GTB発表! これはスーパーカー「だからこそ」の電動化!?

フェラーリがPHVの296GTB発表! これはスーパーカー「だからこそ」の電動化だ!?

 ついに、マクラーレンとフェラーリがプラグインハイブリッドのスーパーカーを発表した。マクラーレンアルトゥーラとフェラーリ296GTBだ。ランボルギーニもアヴァンタドールの最終ガソリンNAエンジン車を発表、電動化の道筋についても明らかにしている。

 もはやスーパーカーは電動化が免れないのか? そこで、スーパーカー評論家の西川淳氏に、スーパーカーの電動化について、現状の分析と、今後スーパーカーは電動化が必須なのか、解説する。

文/西川淳
写真/フェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレン、ポルシェ

【画像ギャラリー】スーパーカーの夢は消えず!電動化の波に乗りつつあるスーパーカー達をチェック!


■ランボルギーニもフェラーリも電動化へ

「スーパーカーの電動化なんて意味ないんじゃないか」と本音を滲ませたという、ランボルギーニCEOのステファン・ヴィンケルマン氏

 スーパーカーの電動化なんて意味ないんじゃないか。そう思う方も多いことだろう。台数は少ないし、距離だってさほど走らないし、そもそも存在自体がアートのようなものなのだから、あえてそんなことしなくても……。

 もちろん当のメーカーだって同じように思っているに違いない。先だってランボルギーニCEOのステファン・ヴィンケルマンも筆者とのオンラインミーティングでこう語っている。

「我々(=スーパーカーブランド)がカーボンニュートラルに向けた大きな筋道を決めているわけではないし、最大限の努力をしたところで世界的なCO2の削減に大きく寄与するわけじゃない」、といみじくもその本音を代弁した。

 けれども世界に対するイメージを変えることはできる。スーパーカーは“不要不急の速いクルマ”だとはいうものの、それを購えるような世界のミリオネア&ビリオネアには社会的なイメージを大切にする人が多い。

 彼らに対して(買う・買わないは別にしても)環境問題に無関心だという誤ったメッセージだけは出したくない。ましてやそのブランドが世界的なメーカーの傘下であったりした場合に、グループ内での理想とも矛盾も生じかねない。

 そもそもスーパーカーとはイメージで売る商品だ。その性能や機能を使いたくて買うわけではないことが、実用車との最大の違いだと言っていい。時速400キロ出したいから買うわけじゃないのだ。

 だからこそ、(電動化しておかないと)将来売れなくなってしまうという危惧よりも、排出量などのレギュレーション違反によって罰金を支払うリスクよりも、まずはイメージを大切にしておきたい商品なのである。そして何より、さらにいっそう高い(けれども容易には解放できない)パフォーマンスを得るためにも!

 だからスーパーカーの電動化は必須である。そのことはこれまで散々噂されてきたメジャーブランドの電動化戦略が今年になって次々と具体化したことからも分かるだろう。

■先にマクラーレンが2021年2月にPHVのアルトゥーラを発表

マクラーレンにより”ハイパフォーマンス・ハイブリッド・スーパーカー(HPH)” とカテゴライズされたアルトゥーラ
アルトゥーラのPHEVシステムは、車両中央に7.4kWh のリチウムイオン電池を搭載。トランスミッションに内蔵されたモーターを駆動する。電気だけの走行も可能で、EV航続距離は30km
マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー(MCLA)を初採用。写真は、そのキャビン兼基本骨格となるカーボンファイバーモノコックだ
アルトゥーラは標準的なEVSEケーブルにより、2時間半で80%まで充電可能。もちろん、エンジンによる走行中の充電もできる
先進運転支援システム(ADAS)も、マクラーレンとしては初採用した

 先陣を切ったのはマクラーレンだった。2021年2月に全く新しいシリーズモデル、アルトゥーラを発表。新開発のバンク角120° 3リッターV6ツインターボに電気モーター&バッテリーを加えたプラグインハイブリッドのスーパーカーが誕生した。

 遅れること4ヶ月、今度はフェラーリもパワートレーン的にはよく似たプラグインハイブリッドモデルを発表する。その名も296GTB。

 跳ね馬伝統のネーミング手法に則って解読すれば、2.9リッター(実はほぼ3リッター)の6気筒エンジンを積んだGTベルリネッタ(=クーペ)で、名前そのものはかの名車ディーノを彷彿とさせる(206もしくは246GTB)。

 ここ数年、フェラーリがV6エンジンを積んだ新たなミドシップカーの開発を進めていることは公然の秘密だった。多くのファンがディーノの復活を期待していたが、果たしてそれは叶わず。

 それどころか296GTB(おそらくそう遠くない将来にはGTSが出るだろう!)はV8モデルの弟分では決してなく、さらなる高性能を秘めた、跳ね馬エンブレム付きとしては初めての6気筒ロードカーとしてデビューしたのだった。

 ちなみにレーシングカーの世界ではF1を筆頭に数多くの6気筒モデルが存在する。また、その昔には4気筒エンジンを搭載した跳ね馬エンブレムのロード&レースカーもあった。

 前述したようにパワートレーンの構成そのものはアルトゥーラのそれととても似る。こちらも120°V6ツインターボ+モーター+バッテリーで、8速DCTの後輪駆動というところまで同じ。

 けれどもこれは、現時点でV6エンジン搭載のミドシップ2シーター・プラグインハイブリッド車を開発するにあたってお手本というべきソリューションである、ということに過ぎない。つまり、似て当然なのだ。

 むしろそれ以外、パフォーマンススペックはもちろんのこと、ボディ骨格やシャシー制御といった重要なパートも含めたトータルパッケージの違いが、それぞれのブランドのオリジナリティであり、モデルごとの魅力ということになるだろう。

次ページは : ■6月24日に発表されたフェラーリ初のPHVのV6モデル、フェラーリ296GTB