クルマをスマホ化する!? 買ったあとに愛車がどんどん進化!! カギを握る「OTA」と道筋


 「OTA」という言葉をご存じでしょうか。OTAとは、「Over the Air」の頭文字で、データの送受信を無線通信で行うこと。身近なところでいえば、スマートフォンなどで、ファームウエアアップデートを無線通信で行ったりしますが、これが「OTAアップデート」、略して「OTA」といっています。

 いまクルマ開発でも、このOTAの普及が進み、クルマ開発の流れが大きく変わろうとしています。我々ユーザーにとっても大きなメリットのあるOTA。OTAの普及によって何が変わるのか、考えていきます。

文:エムスリープロダクション、橘一徳
アイキャッチ写真:AdobeStock_ SergeyBitos
写真: NISSAN、写真AC、AdobeStock

【画像ギャラリー】クルマにOTAが普及することで、できるようになること


クルマのリセッティングが容易に

 前述したように、OTAとは、「無線通信を経由してデータの送受信する技術」のこと。

 クルマに関していえば、コネクティッドによって、クルマ同士やその他の外部との通信ができることのほか、ナビゲーションのアップデートや、不具合のあったプログラムの書き換えなどのソフトウェアのアップデートも、OTAによって、販売店にいくことなく可能となります。

 トヨタでは、MIRAIやレクサスLSで、最新の地図情報を常時アップデートするため、OTAの導入を進めています。今後、自動運転技術がさらに進化する中では、常に最新の地図情報がクルマに登録されていることが、より重要になります。地図情報が古いままだと適切な道案内ができず、クルマが遠回りしてしまったり、目的に着けなかったりすることが考えられるためです。

OTA普及のメリットとして、もっともわかりやすいのが「地図データの更新」だろう。地図データのアップデートをわざわざ販売店にいかずともできるのは、うれしいメリットだ(PHOTO:写真AC_BANANA18)

 地図情報だけではありません。かつてボルボの40シリーズでは、エンジンやトランスミッションを制御するソフトウェアの書き換えを、オプション(約19万円)で用意していました。

 このオプションによって、40シリーズを同社のスポーツモデル「ポールスター」並のエンジンマッピングにすることも可能であり、加速性能を容易に向上させることができたのです。(法規変更に伴い、日本では本サービスはすでに終了)

 ほかにも、自動運転機能や車載AIアシスタントなどのソフトウェアの更新も、OTAの普及によって可能となります。

 ご存じの通り、近年のクルマには、さまざまな電子制御が搭載されているため、搭載されているソフトウェアも多くあります。OTAは、それらのソフトウェアを通信によって書き換え、クルマのリセッティングを容易にする技術として期待されているのです。

地図情報のほかにも、自動運転機能や車載AIアシスタントなど、OTAによって、さまざまなソフトウェアの更新が容易にできるようになる(PHOTO:AdobeStock_ zapp2photo)

ソフトウェアのリコール対応も迅速に

 また、リコールに関しても、ソフトウェアであれば、OTAの普及によって容易になります。従来は、自動車メーカーが販売会社に更新版のソフトウェアを配布し、販売会社がお知らせを配布。その後、ディーラーへの入庫調整をする、といった対応が必要ですが、OTAがあれば、自動車メーカーがオンラインで更新プログラムを配布することでクルマのアップデートが可能。販売会社やユーザーの手を煩わせることなく、クルマの品質・信頼性を維持できるのです。

いちいち販売店に持ち込まなくていいので、いろいろな手間やコストを省くことができる(PHOTO:写真AC_acworks)

 あるとき、筆者の所有する30系プリウスが、ブレーキ制御のソフトウェアのエラーでリコールを受けました。しかし、プリウスの販売規模が巨大すぎるためか、販売店との調整がなかなかつかず、何か月もの間ブレーキに不安を抱えて運転するはめに(修理完了まで8カ月かかりました)。

 その後も複数のリコールがありましたが、OTAがあれば、迅速にアップデートができたのに、と考えさせられる出来事でした。

次ページは : 高額車を中心に続々と導入

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ