水を使わない!? SUVもデビュー !? ニッポンの消防車がスゴいことになっている!


 消防車といえば、男にとっては子供の頃からの憧れの存在。機能むき出しで勢いよくサイレンを鳴らし走る姿は、その目に実にカッコよく映っていたハズ。

 消防車の歴史は、明治43年(1910年)にモリタが創作に成功した「ガソリンエンジン付きプランジャーポンプ」に始まる。以来、時代に合わせて消防車は進化してきたわけだが、最新モデルを調べてみると、実にとんでもない進歩を遂げていることがわかった。

 これはぜひともお伝えしたい! そんなワケで最新消防車15台の情報をお届け。「これは災害救助に大活躍しそう!!」ときっと思ってもらえるはず!

文・写真:ベストカー編集部
取材協力:(株)モリタ
初出:『ベストカー』2018年7月26日号


消防車にもSUVブームがやってきた!?

Red Ladybug 小型オフロード消防車

右上にあるのは消防用ドローン
右上に搭載されているのは消防用ドローン

 災害時、交通網が麻痺し、一般的な消防車では現場に進入困難な時に活躍してくれるのが、この小型オフロード消防車。約30度の上り坂や、水深約40cmまでのオフロード走行が可能だ。しかも後部ボディユニットを交換すれば機材を簡単に入れ替えられる。

普通免許でも運転できる消防車が登場!

ミラクルLight CD-I型 消防ポンプ自動車

 車両総重量が3.5t未満なので普通免許でも運転できる消防車。それでいながらコンパクトなボディのなかにしっかりした収納スペースを持っているので、各種機材を積載可能だ。しかもCD-I型ポンプ車なので放水性能も高いという。

次ページは : アシモもびっくりの最新消火マシン!