なぜヴォクシーは売れてるのにヴェルファイアは売れなくなったのか?


 トヨタは全車併売化などによる車種整理を進めており、そのなかで現在も兄弟車として残っているのがミニバンのアルファード/ヴェルファイア、そしてノア/ヴォクシー/エスクァイアだ。

 しかし、これらのミニバンも次期型では統合されることが予想されるわけだが、そのためか、ヴェルファイアとヴォクシーは現在、グレード体系が縮小されていてほぼ1グレードとなっている。

 この2車種はグレードの選択肢が少なくなっているので、通常であれば販売台数は少なくなる。ヴェルファイアはまさにその状況で、売れゆきは大幅に減少。ところが、一方のヴォクシーは3兄弟シリーズのなかで最も売れていて今も好調なのだった。

 同じく単一グレード化した車種にもかかわらず、ヴォクシーとヴェルファイアの販売台数は明暗が分かれているのだ。その理由はどこにあるのか? 新車販売事情に詳しい小林敦志氏が解説する。

文/小林敦志
写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】アルヴェル時代の終焉?日本のアルファード一強にヴェルファイアは新「転」地に活路を求める!?


■両車ともほぼ1グレードなのに売れゆきは真逆の結果!?

 2021年4月28日、アルファードとヴェルファイアが法規対応などの改良を行った。改良のタイミングで両車ともにグレード体系の見直しも行われたが、ヴェルファイアに関しては、特別仕様車となる“GOLDEN EYES II”のみとなる、モノ(単一)グレード構成となった。

 この時、ヴェルファイアの販売台数を確認してみると、例えば2020年度(2020年4月~2021年3月)での、年間販売台数はアルファード比で約13%となる1万4749台(月販平均約1229台)という、かなり少ない販売台数であったことに改めて驚かされた。

アルファード比13%まで販売数が下落したヴェルファイア。モノグレードに整理されたとはいえ、アルファードも似た仕様が売れ筋なので、ヴェルファイアが純粋に売れていないという事になる

 一方で、アルファードなどより格下となる、ノア、ヴォクシー、エスクァイアでは、トヨタがトヨタ系ディーラー全店での全車種(一部除く)の取り扱いをスタートさせた2020年5月1日の前日、4月30日にヴォクシーはZS系とZSベースとなる特別仕様車「ZS“煌II”」のみとなり、事実上のモノグレードとなっている。

 そのヴォクシーは2020年度の年間販売台数では、ノアに対して約2.5万台差、エスクァイアにいたっては約5.2万台差をつける、7万1903台(月販平均約5991台)と、3兄弟のなかでは断トツでトップとなっていた。

同じくモノグレードとなったヴォクシーの場合、ヴェルファイアとは事情が異なる。もともと人気のエアログレードが残ったため、売れ続けているのだ

 同じモノグレード構成なのに、ヴェルファイアとヴォクシーでは置かれている立場が180度違う。なぜ両車の立場はここまで異なってしまったのだろうか。

■残価率やリセールの高さから、アルファード一強時代が到来してしまった

 今回、2016年度から2020年度締めまでの、ヴォクシー、ヴェルファイア、アルファードの各年間販売台数の推移を棒グラフにしてみた。見ていただければ一目瞭然なのだが、販売台数の差こそあれ、ヴォクシーとヴェルファイアは右肩下がりなのに対し、アルファードは右肩上がりとなっている。

 まずいえることとしては、ヴォクシーとヴェルファイア両車ともに、アルファードにお客を持っていかれているという状況にあるといえよう。

 その要因のひとつには残価設定ローンの残価率がある。残価設定ローンにおいて設定される残価率は店頭で聞く限り、アルファードについては5年後で49%あたりになっている。しかし、この残価率は実際の相場よりも低めに設定されているのである。

 ヴェルファイアは2020年度での販売台数の落ち込みもひどく、同じ兄弟車であっても残価率というよりは、実際の中古車市場などでの評価はアルファードには及ばなくなっている。

2016年度からの3車の販売推移。年を重ねるにつれ、緩やかな下降線をたどっているヴォクシーの推移が通常の売れ方だろう。様々な思惑が絡み、売れまくっているアルファードが異常値ではないか?

 一方のヴォクシーは、小学生ぐらいの子どもがいる現役子育て世代のニーズが多いので、買い物や子どもの習い事の送迎、レジャーなど多方面で使われる頻度が高く、同年式でも過走行や内外装の状態があまりよくない状況の車両も多いので、5年後の残価率は30%前後と伸び悩んでいる。

 そのため残価設定ローンを組んで新車購入を検討していると、車両価格はアルファードが圧倒的に高いのだが、残価率がかなり高いので、支払いプラン次第では「ヴォクシーの月々の支払い額に数千円足すだけでアルファードに乗ることができる」とセールスマンが案内すると、アルファードに飛びつく人が多いとのこと。

残価設定率はリセールのよさや買い替え時期の車両状態を勘案してメーカー側で設定。人気車種は残価も高く設定でき、そのため月々の支払いは軽くなる。これで波に乗ったのがアルファードだった

 こうして、ヴェルファイアはもちろん、当初はヴォクシーの購入を検討していた人の多くもアルファードに流れているのが現状といえるのである。

次ページは : ■現行型は当初、ヴェルファイアが売れていたが、2018年から形勢逆転