全身黒ずくめのクルマ! やりすぎ!? 世界的に流行しているのか?

全身クロ黒! 黒過ぎるのが流行っているのか?

 最近、トヨタがランクルプラド、プリウス、C-HRにグリルからアルミホイールまで「全身黒ずくめ」の3つの特別仕様車を立て続けに設定。

 そして6月24日に発表されたマセラティギブリ・フラグメント・オペラネラは、ファッションデザイナーでストリートファッション界のカリスマである藤原ヒロシとマセラティがコラボレーションして誕生したもので、これもまた全身黒ずくめの限定車だった。

 なぜここまで黒くするのか? かつてラッピングが流行し、マットブラックのメルセデスAMGやゲレンデヴァーゲンを街でよく見かけたものだが、今こうした全身ブラックのクルマが流行しているのだろうか、モータージャーナリストの岩尾信哉氏が解説する。

文/岩尾信哉
写真/トヨタ、メルセデス・ベンツ、BMW 

【画像ギャラリー】時代の最先端!? 限定車ブラックエディションの世界


最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ