全身黒ずくめのクルマ! やりすぎ!? 世界的に流行しているのか?

全身クロ黒! 黒過ぎるのが流行っているのか?

 最近、トヨタがランクルプラド、プリウス、C-HRにグリルからアルミホイールまで「全身黒ずくめ」の3つの特別仕様車を立て続けに設定。

 そして6月24日に発表されたマセラティギブリ・フラグメント・オペラネラは、ファッションデザイナーでストリートファッション界のカリスマである藤原ヒロシとマセラティがコラボレーションして誕生したもので、これもまた全身黒ずくめの限定車だった。

 なぜここまで黒くするのか? かつてラッピングが流行し、マットブラックのメルセデスAMGやゲレンデヴァーゲンを街でよく見かけたものだが、今こうした全身ブラックのクルマが流行しているのだろうか、モータージャーナリストの岩尾信哉氏が解説する。

文/岩尾信哉
写真/トヨタ、メルセデス・ベンツ、BMW 

【画像ギャラリー】時代の最先端!? 限定車ブラックエディションの世界


■日本ではいまだに白、黒、シルバーが人気のボディカラー

 よく世間で聞かれるのは、「不景気にはモノトーンが流行する」という話だが、インターネット上の情報を調べてみると、世界的にマーケットの人気があるボディカラーは2020年では1位がホワイト、2位がブラック、3位がグレー、4位がシルバーといったところ。

 日本も同様で、グレーとシルバーの順位が入れ替わる程度の差でしかなく、いっぽうで欧州ではグレーとホワイトが約4分の1ずつでトップを争い、ブラックがこれに続いているようだ。

2020年7月に欧州トヨタが発表したRAV4ハイブリッドブラックエディション

 最近のトヨタが打ち出してきた“真っ黒”仕様車の端緒は、意外にも欧州での特別仕様車だったかもしれない。欧州トヨタはEU域で販売されているRAV4ハイブリッドの「ブラックエディション」を発表した(2020年7月発売の受注生産車)。

 具体的には、フロントのグリル周りやバンパー、ドアミラーやリアガーニッシュ、スポイラーをオールブラックで仕立て、19インチアルミホイールもブラックで仕上げられていた。

ランドクルーザー70周年を記念して2021年6月に設定されたランドクルーザープラド TX“Lパッケージ・70th ANNIVERSARY LIMITED”

 そしてなにより、今年6月に入って3つの特別仕様車が一気に3日連続で投入されたことが注目される。まずは6月1日、ランドクルーザープラドに「TX  Lパッケージ・70th ANNIVERSARY LIMITED」が設定された。

 このランドクルーザーの70周年記念車には、外装に2020年8月に発売された特別仕様車「ブラックエディション」(グレードは共通のTX Lパッケージ)を基本として、黒色のメッキグリル&ヘッドランプガーニッシュの加飾や専用ブラック塗装の18インチアルミホイールなどを装備。

 70周年記念車としては、ホワイトなどの計5色のボディカラーを用意する。シート表皮にはブラウンのサドルレザーなどを改めて設定した。70th ANNIVERSARY LIMITED(ベース車両はTXの2.7L、直4ガソリンと2.8L直4ディーゼル、5/7人乗り)。価格は429万~511.8万円となっている。

プリウス S”ツーリングセレクション・Black Edition”

 続いてトヨタは、6月3日にプリウスの特別仕様車「Aツーリングセレクション」と「Sツーリングセレクション」にブラックエディションを、さらに同4日にC-HR “Mode-Nero Safety Plus II”」を発売した。

 このうち、見た目としてのインパクトがあったのはやはりプリウスではないだろうか。この“ブラックプリウス”のボディカラーは、メインとなる特別色の“プレシャスブラックパール”のほか、2トーン2色を含む全6色を用意。

 ブラック仕立ての17インチアルミホイールを与え、内装にダーク基調のセンタークラスター・インパネオーナメント、サイドレジスターベゼルなどを備えて、独特なイメージを施している。価格は294万7000~341万4000円(税込み)。

C-HR G“Mode-Nero Safety Plus II”

 いっぽう、C-HRの“真っ黒仕様車”はカスタマイズモデルの影響なのかどこか見慣れている感覚があるとはいえ、GとG-Tをベースとした特別仕様車である“モードネロセーフティプラスII”にブラック基調の内外装を設定して発売した。

 特別色のスパークリングブラックパールクリスタルシャインをボディカラーに設定したうえで、マットブラックの塗装とダークスモーク仕立てのメッキナットを組み合わせた18インチアルミホイールを装着。ブラックの専用シート表皮などが与えられ、価格は271万5000~304万5000円。

■なぜ全身黒ずくめの3車種を矢継ぎ早に発売したのか、トヨタ広報部に聞いてみた

 なぜ矢継ぎ早に全身黒ずくめの特別仕様車を発表したのか、トヨタ広報部に聞いてみた。

 「今回ブラックの特別仕様車が続きましたのは、偶然です。特筆すべきことがなく恐縮です」とのことだった。

 ちなみに、参考までに、各モデルの人気カラーは以下のようになる。

■ランドクルーザープラド
1位:ホワイトパールクリスタルシャイン
2位:ブラック
3位:アティチュードブラックマイカ
■プリウス
1位:プラチナホワイトパールマイカ
2位:アティチュードブラックマイカ
3位:シルバーメタリック
■C-HR
1位:ホワイトパールクリスタルシャイン
2位:ブラックマイカ
3位:ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン
※2021年1~4月

 このデータを見ればわかる通り、ほぼ見事に白黒のラインナップになっていて、なんともコンサバではあっても、黒のボディカラーによる販売訴求は堅いビジネスということになる。

 加えて「一般的な話として、黒や白は日本人には受け入れられやすいカラーのようで、それは先の3車種の人気カラーに、まさに表れているかと思います」(トヨタ広報部)とのこと。

 また「ブラックでコーディネイトすることによって、スポーティさ、スタイリッシュさが向上し、特に若年層のお客様を中心に、好評をいただけるようです」(同)というのは、特別仕様車の買い得感なども含めて、至極真っ当な話ではある。

次ページは : ■BMWが投入したブラックスペシャル