GRヤリス MIRAI レヴォーグ…プロ厳選の乗って楽しいベストパワーユニットモデル


 ガソリンNA&ターボ、クリーンディーゼル、ハイブリッド&プラグインハイブリッド、EV、FCV…、今やパワーユニットは百花繚乱。過渡期だからこその選ぶ楽しみもあれど、さすがにちょっと多すぎる。

 では、こうした状況の中で、国産車で単純に走りが楽しいクルマを選ぶならどんなクルマが上位にくるのか?? 自動車評論家6名に、各々のベスト5を選んでもらった。

※本稿は2021年5月のものです
文/鈴木直也、片岡英明、国沢光宏、渡辺陽一郎、松田秀士、斎藤 聡 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年6月26日号

【画像ギャラリー】リーフ、エクリプスクロス、ロードスター…順当? 意外?? 各氏のベスト5をギャラリーでチェック!


■MIRAI(FCV)にはハイブローなテクノロジーを感じる(鈴木直也が選ぶ5台)

 1位はMIRAI(トヨタ)としたい。なぜかといえば、バッテリーの電気で走るピュアEVに比べ、その場で電気を作って走るFCVにはハイブローなテクノロジーを感じるからだ。

 例えば、ホンダの先代クラリティFCVなどはアクセルを踏み込むと、空気を吸い込んでポンプが作動する音が聞こえてきた。このあたりがボクたちクルマ好き、内燃機関派のロマンを感じるのよ。

 それに走っていて何も出さないBEVに比べ、FCVは蒸留水を出すじゃない? FCVは将来的にはまず、商業バスなどから普及が始まって、乗用系ではプレミアムな電動車としての位置づけになるんだろうけど、MIRAIの1位は外せないね。

NA、EV、PHV…これから何に乗ればいい? プロ厳選の乗って楽しいベストパワーユニット
鈴木直也氏が選んだのはFCV、PHV、EVが1台ずつに内燃機関がターボとNA1台ずつという結果になった。なかでもプレミアムな乗用車として内燃機関に通じるロマンを感じさせるFCVのMIRAIが1位に選出されることになった

 続く2位は内燃機関のレヴォーグ(スバル)。この水平対向1.8Lターボは先代より排気量が上がっているけど、基本的にはダウンサイジングのユニットだ。

 今後、内燃機関で生き残るにはクリーンディーゼルではキツいけど、こういったダウンサイジングターボと軽などに使われる廉価なNAは残ると思う。

 現状では剛性の高いシャシー、SGPとの組み合わせで走りもいいレヴォーグが2位。

NA、EV、PHV…これから何に乗ればいい? プロ厳選の乗って楽しいベストパワーユニット
スバル レヴォーグ(内燃機関)

 本来ならば2位にしてもよかったのがエクリプスクロスPHEV(三菱)。

 内燃機関としての究極の姿だと思う。プラグインハイブリッドはレンジエクステンダータイプが本命になるだろうけど、このクルマはガソリン色が強いのがいい。

 ちゃんとしたエンジンとミッション、バッテリーを積んでいることを考えると効率とコスパも悪くない。

 4位のホンダeは、都市でのシティコミュータがBEVとして最もふさわしい存在であることを体現したモデル。2030年までにホンダで年間100万台をBEVにするという目標はかなりハードルが高いけどね。

 5位のロードスターの直4、1.5Lは最後の「何も引かない、何も足さない」、ピュアモルトウイスキーのようなガソリン車。

●鈴木直也が選んだ乗って楽しいパワーユニット ベスト5
・1位 トヨタ MIRAI(FCV)
・2位 スバル レヴォーグ(内燃機関)
・3位 三菱 エクリプスクロスPHEV(PHV)
・4位 ホンダe(EV)
・5位 マツダ ロードスター(内燃機関)

■GRヤリスは理屈抜きで楽しい(片岡英明が選ぶ5台)

 理屈抜きで運転するのが楽しいのが、コンパクトなボディにパワフルなパワーユニットを押し込んだGRヤリス。

 直3、1.6L DOHCターボはカリカリにチューニングしているワケではないが、1200kg台の軽量ボディに272ps/37.7kgmのスペックだから低回転からパワフルだと感じるし、6速MTを駆使しての走りが楽しい。

 アクティブトルクスプリット4WDの味つけもマニア好みで特にスポーツモードをチョイスすると、FR車のように操っている感覚が強く、意のままの走りを満喫できる。

NA、EV、PHV…これから何に乗ればいい? プロ厳選の乗って楽しいベストパワーユニット
片岡英明氏が選んだのは1位がガソリンターボのGRヤリスで、以下FCVのMIRAI、ハイブリッドのノート、プラグインハイブリッドのRAV4PHV、EVのリーフe+とすべての種類のパワートレーンがベスト5内に入る結果となった
NA、EV、PHV…これから何に乗ればいい? プロ厳選の乗って楽しいベストパワーユニット
片岡氏2位のトヨタ MIRAI(FCV)

 FCV(燃料電池車)のMIRAIは第2世代になって走りを楽しめる新感覚スポーツセダンに変身した。アクセルを踏み込むとパワーとトルクが一気に立ち上がり、痛快な加速を見せる。しかも加速時でもノイジーじゃない異次元の感覚。

 後輪駆動になり、後ろから押される力強い加速感を楽しめるようになった。ハンドリングは軽やかで、狙ったラインに乗せやすいなど、意のままの気持ちいい走りを引き出せる。

 第2世代になったノートのe-POWERも魅力を増した。モーターと発電用の1.2L直列3気筒エンジンはパンチ力を増し、間髪を容れず1クラス上の加速を見せつける。

 先代で指摘されたノイジーな騒音なども大幅に減少。売りのひとつであるワンペダル制御も進化し、アクセルペダルの加減によって自在にスピードをコントロールできる領域が広げられている。

 プラグインハイブリッドを追加したRAV4もお薦めの1台。普通充電だけの対応としているが、50km前後の距離をモーター走行だけでこなせるのは大きな魅力である。モーターならではの鋭い瞬発力と群を抜く静粛性の高さもチャームポイントだ。

 新鮮味は薄いが、EVビギナーにお薦めなのがリーフのe+である。のけぞるほどの力強い加速を誰でも味わえ、バッテリー容量も62‌kWhと多めだからロングドライブでも不安は少ない。

●片岡英明が選んだ乗って楽しいパワーユニット ベスト5
・1位 トヨタ GRヤリス(内燃機関)
・2位 トヨタ MIRAI(FCV)
・3位 日産 ノート e-POWER(ハイブリッド)
・4位 トヨタ RAV4 PHV(PHV)
・5位 日産 リーフe+(EV)

次ページは : ■日本の設計と思えないほどの余力を持つGRヤリス G16E(国沢光宏が選ぶ5台)