不正通行を許すな!! 割増料金で2倍請求!! 高速道路料金所に全レーン監視カメラあり

高速道路料金所の監視カメラって何を監視しているの?

 2021年6月、大阪府警は、バイクでETC専用レーンを突破し、高速道路料金を支払わなかったとして、大阪府の会社員の容疑者(60)を、道路整備特別措置法、および、道路運送車両法違反の疑いで逮捕した。なんと、3年間で200回以上も繰り返していたという。

 高速道路交通警察隊によると、男はバイクのナンバープレートの一部をテープで隠し、前の車に追従してETCレーンの開閉バーが下がる前に走り抜けていた。阪神高速道路会社から大阪府警に、悪質なバイクがいる、と連絡があったのが2021年2月、その4カ月後の逮捕となった。そのきっかけとなったのが、高速道路料金所の監視カメラだ。

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:AdobeStock_ Takao
写真:写真AC、AdobeStock、NEXCO西日本、国土交通省

【画像ギャラリー】故障・煽り運転・渋滞・逆走…高速道路で遭遇するトラブルと対処法