「あおりハンドル」やめましょう!まだまだみかける危険運転


 交差点などで左折をするとき、いったん右にハンドルを切る、という危険な運転をするドライバーがいる。「あおりハンドル」と呼ばれるものだが、交差点で見ていると、数台に一台の割合で、あおりハンドルっぽい操作で左折していくクルマを見かける。なぜ彼らは、あおりハンドルをするのか。

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:AdobeStock_yamasan
写真:AdobeStock、写真AC
【画像ギャラリー】これをやったらあおり運転 あおり運転の取り締まり対象となる運転行為をおさらい


内輪差が気になるのは、ハンドルを回しきれていないだけ

 特に狭い道へ入るわけでもない一般的な交差点において、ホイールベースが長いトラックでもない一般的な乗用車で、あおりハンドルをしなければ左折できないのは、運転が下手だからでしかない。

 左側後輪が交差点の縁石や支柱にひっかけた苦い経験でもあるのか、内輪差を気にするあまり、無意識のうちに右側へと流れていき、そこからハンドルを回す。交差点手前での減速が甘くても、大きな半径で曲がることができるので、ハンドルを回す量は少なく済む。危険を振りまいているのを知ってか知らずか、ドライバーは運転が楽になっている。

 しかし、もし内輪差で左側をひっかけた、もしくはひっかけそうになった経験があるならば、それは「交差点左折時のハンドルの回し方が少ない」ことが原因だ。交差点手前で左に寄せながらしっかりと減速をして、ハンドルを回しながらソロソロと進めば、安全確認をする余裕もできて、特に狭い道でなければ、余裕で曲がれるはずだ。

とくに狭い道へ進入するわけでもないのに、一般的な乗用車があおりハンドルをしなければならない理由はなく、危険な行為でしかない(PHOTO:AdobeStock_Marimo)

 ご存じの通り、道交法では、「車両は、左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、できる限り道路の左側端に沿つて(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分を通行して)徐行しなければならない」(道路交通法第34条)と決められている。

 この内容は運転免許取得したドライバーであれば、誰もが勉強したはず。サーキット走行だと、コーナーはアウト-イン-アウトで駆け抜けるよう、アドバイスされることがあるが、そこは公道だ。

あおりハンドルの危険性

 左折時にあおりハンドルをしようとすると、左へ出しているウインカーは、右へハンドルを切った時点で、キャンセルされてしまう。後続する自動車や自転車、二輪車にとっては、「左へ曲がろうとしたけど、やっぱり右へ行くのか」という理解ができる。というか、そのように理解するのが一般的だろう。

 後続の自動車はともかく、自転車や二輪車にとっては、前走車が「左折するか否か」は非常に重要。左ウインカーがキャンセルされた時点で、直進する二輪車や自転車は加速してしまう危険もある。

 あおりハンドルをするドライバーたちが、どれだけ慎重にこれらの巻き込み確認をしているかわからないが、どちらにしろ、もし左ウインカーがキャンセルされた状態で左折すれば、それは「合図不履行違反」だ。この時、二輪車を巻きこんだ事故となってしまえば、過失割合が相当高くなることは避けられない。

たとえ、巻き込み確認はしっかりとしているとしても、周囲を混乱させるあおりハンドルは危険な行為であることには変わりない(PHOTO:写真AC_cyou99)

 あおりハンドルは、左折時の内輪差でひっかける原因を勘違いしている、もしくは、できるだけ減速をしたくない、という自分勝手な理由でこれほど危険な運転をしていることに気づいていない、非常に愚かな行為だ。

次ページは : 挙動不審なクルマは「観察する」

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ