新型86/BRZはトヨタ&スバル連携の最高傑作なんじゃなかろうか!! 

新型86/BRZはトヨタ&スバル連携の最高傑作なんじゃなかろうか!! 

 2012年にトヨタ・スバルによる連携の象徴のようなカタチで誕生した初代86/BRZ。

 あれから9年。BRZは7月29日に正式発表され、86は8月下旬に予約開始される予定だが、2代目に生まれ変わる新型はトヨタとスバルの開発によって生まれたモデルとして、どのような進化がみられたのか?

 プロトタイプ試乗車から見えた新型86/BRZの2社による連携の成果をモータージャーナリストの斎藤 聡氏が分析する。

文/斎藤 聡
写真/トヨタ、ベストカーWeb編集部、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】共同開発で生まれたスバらしいクルマたちを写真でチェック!!


■両社で違う言葉の擦り合わせから始まった共同開発

 トヨタとスバルのコラボ。そういうと、ちょっと言葉が軽いかもしれませんが、2つのメーカーの共同開発でクルマを作る、というのはありそうでないことでした。

2012年にトヨタとスバルの共同開発で誕生した86・BRZ。写真はトヨタ86

 ある自動車メーカーが作ったクルマを、提携した別のメーカーが供給を受け販売する、いわゆるOEM車(Original Equipment Manufacturer=相手先ブランド供給)というのはわりと頻繁に行われていて、内容も複雑になっているものもあります。

 近いところでは、マツダロードスターをベースにしたアバルト124スパイダーがあります。このクルマなど、エクステリアデザインやサスペンションのセッティングが違うだけでなく、搭載するエンジンも異なります。

マツダとの共同開発で生まれたアバルト124スパイダー。外装、内装、足回りでロードスターと差別化をはかり、極めつけはターボエンジンを装備している

 こうなると86/BRZよりも変更箇所が大きく、OEMと共同開発の利害がわかりにくく思えるかもしれませんが、共同開発が根本的に違うのは開発資金です。

 ロードスターの開発はすべてマツダが行い、できた製品に対してフィアットが供給を受けるという形になります。つまりマツダロードスターをベースにフィアットが独自のチューニングやモディファイを行って販売しているのがアバルト124ということになります。

 逆に86/BRZの共同開発に限りなく近いのが、日産/三菱のデイズ/ekワゴンなどです。ただ、こちらは2社が共同出資して作った合弁会社が企画開発を行っています。ですから2つのメーカーの共同開発ではありません。

共同開発に近いのが日産と三菱のデイズ&ekワゴンだが、こちらは日産と三菱のが共同出資して作った合弁会社が企画開発している

 これは、文化の異なる2つのメーカーが共同でクルマを開発する時に生じる摩擦を極力減らしたり回避するのにとても有効な手段なのだろうと思われます。ただ、共同出資の会社を作るためには、日産・三菱のように2つのメーカーがグッと近い関係にないと難しいのです。

 初代86/BRZの開発でトヨタ、スバル両メーカーから聞こえてきたのが、「文化も言語も違う」ということでした。例えば『静粛性』という言葉ひとつとっても微妙にニュアンスが違うので、まずはその言語の違いを擦り合わせ翻訳するところから共同開発作業が始まる、と言っていたのを覚えています。

 そのくらいトヨタとスバルは文字どおり一体になって開発を行っていたということです。

■トヨタはGRスープラで共同開発の自信を深めた

 それから9年。再び86/BRZは共同開発で2代目が誕生しました。

再び共同開発で誕生した2代目となる新型GR86・BRZ。袖ヶ浦フォレストレースウェイでのプロトタイプ試乗会は自動車ジャーナリストたちにセンセーショナルを巻き起こした

 この9年間でトヨタにはひとつ重要な経験をしています。それはBMWとの共同開発によってスープラ/Z4を作り上げたことです。よく知られているように、ホイールベースとトレッドのアスペクトレシオから2メーカーが意見を交わしながら決定しました。

BMWとの共同開発で誕生したGRスープラ。採算を取るのが難しいスポーツカーを1社でつくるのは難しいので直6エンジンをもつBMWと組んで開発された

 アスペクトレシオは、クルマの基本的な素性を決定するもの凄く重要な要件で、これまでBMWでもやったことのないアスペクトレシオ≒トレッド:ホイールベース比を選択し、スポーツカーを作り上げたことで、トヨタのエンジニアはとても自信を持ったのではないかと思います。

 初代86/BRZ共同開発時には、楽しいクルマの楽しさの本質がどこにあるのか、ごく一部のエンジニアはそのイメージを持っていたのかもしれませんが、少なくとも共有はできていなかったと思います。

 けれども、86を年改しながら進化させていく経験を経て、そしてスープラを開発していく過程で「楽しい」のニュアンスが共通認識としてつくられてきたのではないかと思います。

 新型GR86は発売時期がBRZよりも2カ月ほど遅れるということです。じつはそれこそがトヨタのスポーツカーづくりに対する自信の表れなのではないかと思うわけです。

次ページは : ■GR86のサスセッティングは不完全!?

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ