デラックス リミテッド スーパーエクシード… 消えた個性的なグレード名

デラックス リミテッド スーパーエクシード… 最近耳にしなくなった魅惑のグレード なぜ今はつまらない記号ばかりなのか?

 国産車メーカーに個性があるので一概にはいえないが、主に1970年代は「スタンダード」といえばおおむね最廉価グレード、「デラックス(DX)」は下位か中間グレードくらい。

 これに「スーパー」や「カスタム」、アルファベットのみになるにつれ上級グレードに…となるなど、グレード数が少ないということもあるが、シンプルで分かりやすかったように思う。

 また「クーペ」「セダン」「ハードトップ」や「1600」など、ボディ形状や排気量をグレード名にしていたモデルも多かった。

 そして1980年代に入り、「GT」や「TURBO」をはじめ、「TWINCAM」「DOHC」「TWIN TURBO」「○○○パッケージ」など、1600、1800、2000、3000といった排気量の数字やそのクルマのスペック、豪華さ、高性能ぶりをアピールするようになっていった感がある。

 これはカタログ表記だけでなく、エンブレムやステッカー、ホイールなど実車においてもグレードの識別が可能であった。

 例えば、トヨタマークIIであれば最普及グレードの「グランデ」と「GTツインターボ」ではグレードを示すエンブレムやホイールなど、特にクルマ好きであれば識別が容易であった。

 時代の変化にともない、国産車メーカーごとに特色のあったグレード名の個性が薄れつつあるように思える。

 そこで今回、最近耳にしなくなった魅惑のグレード名を挙げてみた。当時憧れたり、実際に所有していたり、グレード名が担う役割が大きいことを改めて実感できるに違いない。

文/松村透
写真/トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、日本フォード

【画像ギャラリー】「エクスクルーシブ」「∞」「スーパーエクシード」「リミテッド」「アルティマ」…。懐かしいグレード名の数々


■スーパー・スポーツ・セダン/SSS

名車中の名車といわれる510型ブルーバード1600SSS。1970 年の第18 回東アフリカ・サファリラリーにおいて、国産車初の3冠を達成。昭和の名優・石原裕次郎さん主演の映画「栄光への5000 キロ」で使用されることにもなった

 最近では旧車に接している人でない限り、縁遠いグレード名になりつつあるように思えてならない「SSS」。

 むろん、日産ブルーバードに与えられたグレード名に他ならない。410系のブルーバードから設定されたSSSは「スーパー・スポーツ・セダン(後にスーパー・スポーツ・サルーンとなった)」の頭文字を取ったものだ。

 往年のクルマ好きであれば「ブルーバード=SSS」というイメージを持つ人も多いだろう。事実、410系以降のブルーバードとして販売された歴代モデルには何らかの形で「SSS」の名を冠したグレードが設定された。

 なお、ブルーバードの上位モデルとして販売されていた「マキシマ」の存在も忘れてはならないグレード名だ。

1980年春に910ブルーバードに投入されたZ18ET型ターボエンジンを積む1800ターボSSSは510SSSの再来といわれた。1981年にはブルーバード初の4ドアハードトップを加えるなど、スポーティ方向に振り、コロナとの差を広げている

■アンフィニ/∞

サバンナRX-7アンフィニは前/後期あわせて計4回限定販売され、追加販売されるほど人気モデルとなった。たった1文字の「∞」マークだが、これだけで特別なグレードであることが判別できるほどインパクトがある

 主にマツダの限定車として販売された「アンフィニ」も胸を熱くするグレード名だろう。

 ステアリング部のホーンボタンやホイールキャップ、テールゲートにさりげなくも誇らしげに配された「∞」のエンブレム。

 もっとも有名なのはサバンナRX-7(FC3S型)だが、カペラC2(GDES型)およびファミリア セダン(BG8P型)にもアンフィニが存在した。

 いずれも限定モデルでカペラが300台、ファミリアセダンが1000台だった。

 サバンナRX-7アンフィニは前/後期あわせて計4回限定販売され、通称アンフィニIおよびIIが限定300台、アンフィニIIIおよびIVがそれぞれ限定600台され、後に追加販売されるなど人気を博したモデルだ。

 1991年にフルモデルチェンジしたFD3S型RX-7は、当時発足したマツダのチャンネルのひとつとして誕生した「アンフィニ」を冠したアンフィニ RX-7として登場した。

 しかし、アンフィニブランド消滅にともない、1997年に「マツダ RX-7」と改称された。

次ページは : ■アルティマ/Ultima