小川直也 ディフェンダー試乗会大乱入 ランドローバー ディフェンダーを乗り倒す

小川直也 ディフェンダー試乗会に大乱入!110 直6・3Lターボディーゼル&90 2Lターボを乗り倒す(仮)

 格闘家、そしてGT-Rなどのオーナーとしても著名な小川直也が久々にベストカーWebに登場!

 コロナのストレスとうっ憤をはらすべく、清水草一の試乗枠に大乱入!? 昨年先代から約30年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたSUV ランドローバー ディフェンダーを乗り倒す!!!

 特別寄稿「清水草一が見た小川直也」も掲載!

※本稿は2021年7月のものです
文/小川 直也、清水 草一 写真/ベストカー編集部 撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』2021年8月26日号

【画像ギャラリー】昨年30年ぶりのフルモデルチェンジ!!! ランドローバー ディフェンダーをギャラリーでチェック!(36枚)

■久々にベストカー登場の小川氏 しかしディフェンダー試乗枠がキャンセルとなってしまい…!!?

 新型コロナの感染拡大のおかげで、俺のベストカーの出番が、何度もキャンセルされすっかりご無沙汰してしまった。

 いよいよ東京オリンピック開幕!(※編集部註:本原稿は東京2020開幕直後に執筆されました)俺も昔のことだがゾクゾクした思い出がある。日本では見たこともないでかいやつらと戦う時は武者震いが止まらなかったものだ。

 武者震いといえば、初めて街中でランドローバー・ディフェンダーを見た時は興奮したぜ。

 都心じゃベンツのGクラスが幅を利かせているが、でかさというか迫力じゃディフェンダーも負けていない。しかも、ディーゼルとショートモデルが日本に導入されたという。どうにか乗りたい!

 さっそく担当編集者に連絡するとふたつ返事でOK! やったぜとウキウキしていたところ、あいにくの豪雨でベストカー枠がキャンセル。

 ウォ~お~、悔しさのあまり俺は久しぶりに天を仰いだ。しかし、俺はあきらめない。翌日 ベストカーでもおなじみの自動車評論家 清水草一さんが乗るという。

 会ったことはないが、「シェアでいいよな」と頼めばイヤと言うまい。なんならスリーパー(ホールド)でもちらつかせりゃ話はつくだろう。

 ところで、GT-Rやポルシェといったスポーツカーが好きな俺だが、実はオフロードを走ることも大好き。パリ・ダカがブームになっていた頃、初代パジェロを中古で買って、オフロードを「おりゃ~」と走っていた時のこと。

 フロントタイヤが浮いたかな!? と思った瞬間、ごろんと横転した時にはビビったぜ。さすがに俺の腕力でも起こせず、泣きべそかいた思い出がある。

 話がそれた! 清水さんはとてもいい人で「どうぞ、どうぞ」と俺に運転を譲ってくれる。もちろん、顔は少し引きつっていたようにも見えたが……。

困惑を隠せない清水氏だが、殺気を感じ即座に戦闘モードに……(乱入をお許しいただき、週刊SPA様と清水草一様に感謝いたします!)

■ ディーゼルはスムーズでしなやか! 90は個性的でキビキビ走る!

 遠慮なく110ディーゼルのステアリングを握って、まずはオフロードセクションへ。

 ディフェンダーはテレインレスポンス2によって地形をモニタリングし、車両設定を最適に行ってくれるという。

 いうならば、アクセルさえしっかり踏んでいれば常に最適のトラクションがかかり、パジェロのような大失敗は起こらないというわけ。

直6ディーゼルは、300psとパワフルかつスムーズで静か。燃料タンクも89Lあるからロングドライブに最適なモデルだ
オフロードは余裕のヨシコさんで、ビッグマックをほおばりながらでも走破してくれそう

 電子制御で走破性を高めるのはもはや当たり前の技術だが、大事なのは安心感。ディフェンダーなら剛性感たっぷりのボディとモリモリ出てくる低速トルクのおかげで岩場や凸凹道でも余裕で走り切る。

 スゲ~の反面、微妙なアクセルワークもいらず、逆に物足りないくらい。

 注目の110に追加された直6、3Lディーゼルはなかなかいいぞ。シュワンとスムーズに加速し、ガソリンよりも静かなくらい。

 発進時にアシストするというマイルドハイブリッドの効果はあまり感じなかったが、渋滞路や街中で試してみたいと思った。

ボディ剛性は揺さぶるにかぎる。アルミ製のモノコックボディはしっかりしていて手応え充分だ。やりすぎると凹むから要注意
ラゲッジにはうるさい。110は3列シート仕様で、2列目はやや膨らむが、3列目はフラットになり、腕立てするには文句ない

 もうすぐ登場するランクル300にはV6、3.3Lディーゼルがラインナップされるというが、この2台、橋本(真也)と俺のような関係になりそうだぜ!

 ショートのほうにも乗ったが、435mm短く320kgも軽いから男子柔道なら81kg級と100kg超級みたいなもの。

193cm、110kg、足のサイズ31cmの男が最適なドライビングポジションを取るには、テレスコピックが必須。ディフェンダーは優秀
サードシートにも座ってみた。エコノミークラス症候群を疑似体験したが、小学生くらいなら問題ないし、フラットに収納できる

 きびきび感が際立ち、高速までよく伸びる。スタイル的にもこっちのほうが個性的で、ドアがでかくて乗り降りしやすく、後席のスペースも想像以上に広いからいい選択かもしれない。

 ディフェンダーは俺の想像どおり、歯応えのあるクルマだった。特に身長が190cmを超える俺のような男がストレスなく乗るにはいいぞ。

 満足、満足、大満足だったぜ!

90は110に比べると軽く、ホイールベースも短いのできびきび走る。エアサス仕様ならワインディングの乗り味も気持ちいい
最上級モデル「X」のコックピットは10インチのタッチスクリーンやヘッドアップディスプレイ、ウィンザーレザーのシートが採用される
48Vのマイルドハイブリッドが装着され、発進時にアシストしてくれるという直6、3Lディーゼルは110のみで選択できる

次ページは : ■エクスプローラーパックが気に入った!