壊れたら高すぎるクルマ部品 だからこそ大事にしたい! 寿命を延ばすにはどうする?

壊れたら高すぎるクルマ部品 だからこそ大事にしたい! 寿命を延ばすにはどうする?

 最近のクルマは、めったに壊れないといわれているが、メンテナンスを怠れば、知らず知らずのうちに蝕んでいき、重大な故障を引き起こすこともある。

 なかには壊れたら部品代や工賃があまりに高すぎて「大事にしていればよかった」と後悔した……なんていう人もいるだろう。

 そこで、もし壊れたら高い部品と、壊さない、故障しないように寿命を延ばすためにどうすればいいのか、モータージャーナリストの鈴木伸一氏が解説する。

文/鈴木伸一
写真/Adobe Stock(トビラ写真/patrick@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】一度壊れると5万円以上吹っ飛ぶクルマの部品とは?


■壊れたら高いクルマの部品は特に大事にしたい!

重大な故障を防ぐには、やはり普段の行い(点検)が重要(写真/buritora@Adobe Stock)

 近年のクルマはメンテナンスフリー化が進んだことで各部の耐久性が格段に向上。新車で初期不良に見舞われることなく1年経過したなら、その後の車検1、2回はオイル交換程度の軽整備で通ってしまう。

 それゆえ、メンテを怠りがち。ひと昔前のクルマに比較して壊れなくなってはいるものの油断は禁物だ。クルマはあくまで機械物。定期的な交換が必要な消耗パーツの塊であり、それら消耗パーツは使っていれば摩耗するし、劣化もしてくる。

 このため、ある日突然、壊れることも。何の手入れもせずに乗り続けていれば、その可能性は格段に高まる。

 また、些細な故障が周辺に悪影響を及ぼし、玉突きのように拡散。重大なトラブルへと発展することも。数千円をケチったがために、数十万円もの修理代へと発展してしまうことがままあるのだ。

 それでも、走行距離が少ない高年式車や古くとも車両価値が高いモデルであればまだしも、それだけの修理代をかけてまで乗り続ける価値があるのかどうか? 年数が経過したクルマだと悩んでしまうケースがままある。

 そんな愛車の寿命にトドメを刺しかねないトラブルをいくつか下に列挙した。その中から遭遇しやすく、対処を誤るとさらに高額な費用がかかるトラブルを抜粋。そのなかから主なものを解説していきたい。

■高額な費用がかかるトラブル例
1:タイミングベルト切れ/工賃込み 8万~40万円
2:エアコン・コンプレッサー焼き付き/工賃込み:20万~30万円
3:パワーステアリングの故障/工賃込み:7万~20万円
4:ウォーターポンプの故障/工賃込み:2万~5万円
5:フロントガラスのヒビ割れ/工賃込み:7万円~10万円
6:オルタネーターの故障/工賃込み:5万~10万円
7:ドライブシャフトの焼き付き/工賃込み:5万~10万円
8:パワーウインドウの故障/工賃込み:5万円~
9:ブレーキローターの偏摩耗/工賃込み:3万~5万円
10:ホイールベアリングの焼き付き/工賃込み:1.5万~5万円

■タイミングベルト切れ/工賃込み:8万~40万円

これを絶対やってはいけないと恐怖に感じる人も多いタイミングベルト切れ(写真/ARTPROXIMO@Adobe Stock)

 4ストロークエンジンの燃焼室に組み付けられている吸・排気バルブはカムシャフトで開閉されており、ピストンの動きに正確に追従させるため、クランクシャフトの2分の1の回転数に同期して回されている。

 そのカムシャフトの駆動方式、2000年代(平成2桁初期)以前は「コックドベルト」が主流だった。が、現在ではチェーンの改良(静音化)によって基本的に交換不要な「カムチェーン」へと主流が移ってきている。

 とはいえ、「コックドベルト」を採用しているエンジンもまだ存在する。もしも、愛車のエンジンがそのタイプだったら要注意!

 「コックドベルト」は10万km以上の耐久性があると言われているが、使用状況やメンテ次第で寿命が左右され、その距離に達する前に突然切れる(といっても歯が欠けるのだが……)トラブルに見舞われることがままある。

 「コックドベルト」が切れてしまうとエンジンが停止してしまい、再始動不可。エンジンによってはバルブが突き出した状態で止まるため、ピストンに突き刺さることも……。それゆえ走行中にトラブった場合、大変危険な状況となり、自走できないためレッカー車を呼ぶ必要も出てくる。

 そして、ベルト交換だけで済んだとしても5万~6万円。万が一にもエンジン本体に損傷を与えてしまった場合、エンジンO/Hもしくはエンジン交換となり、数10万単位(40万~50万円)の高額な修理代がかかることになる。

 このため、走行距離が10万㎞間近で乗り続けるつもりなら迷うことなくベルト交換を実施すべきで、できることなら5万~6万km走行した時点で点検を依頼し、万が一にもヒビ割れなどの異常が認められたときは早めに交換しておきたい。

 また、ベルト交換時は、ベルトがかけられているアイドラプーリーやテンショナープーリーといったプーリーも同時交換が原則。スムーズに回りガタもなかったとしても内蔵されたベアリングの劣化は確実に進んでおり、次回のベルト交換時期まで持たずに焼き付く危険があるからだ。

 万が一にもベアリングが焼き付くと「コックドベルト」に無理な負荷がかかって損傷し、ベアリング自体も分裂してボールが飛び散るなど、悲惨な状態に陥るためケチってはダメ。くれぐれも注意したい。

次ページは : ■パワーステアリングの故障/工賃込み:7万~20万円