こりゃ迷う!! トヨタコンパクトHVのお薦めは新型アクアか? ヤリスか? ヤリスクロスなのか?

こりゃ迷う!! トヨタのコンパクトHVのお薦めは新型アクアか? ヤリスか? ヤリスクロスなのか?

 トヨタは以前からコンパクトなハイブリッド車を豊富に揃えたが、最近は新しいプラットフォームを使ったモデルに刷新している。2020年2月にアクア、同年8月にはヤリスクロス(この2車種はノーマルエンジンも用意する)、2021年7月にはハイブリッド専用車のアクアをフルモデルチェンジした。

 これら3車のハイブリッドシステムやプラットフォームは、部分的に仕様が異なるものの、基本的には共通だ。そしてトヨタはハイブリッドでは長い実績があり、販売店の数も多いから購入しやすい。

 コンパクトなハイブリッド車を買いたいユーザーは、ヤリスハイブリッド/ヤリスクロスハイブリッド/アクアで選択に悩むこともあるだろう。そこでこの3車のベストな選び方を考えたい。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】トヨタのオススメコンパクトカー3モデルを徹底チェック!


■トヨタコンパクトハイブリッド3モデル各車の特徴は?

 まずこの3車で、ベーシックな位置付けになるのがヤリスだ。日本ではヴィッツの後継にあたり、全長を3940mm、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)を2550mmに抑えた5ナンバー車だ。

 車両重量はハイブリッド2WD・Zが1090kgと軽い。WLTCモード燃費は2WD・Zが35.4km/L、ハイブリッドXは36km/Lだから、日本で購入可能な乗用車のなかでは燃費性能が最も優れている。

最もベーシックなヤリス。WLTC燃費で35km/Lを超えるという現世界最強レベルの燃費性能を誇る。走りも軽快だが、そのかわり後席は少し窮屈

 その代わり欠点として、後席の狭さが挙げられる。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ1つ少々だ。運転感覚は軽快だが、乗り心地は硬めに感じられる。

 ヤリスクロスは、コンパクトなSUVで、全長は4180mmだからヤリスに比べて240mm長い。全幅も70mmワイドな1765mmだから3ナンバー車になる。外観の存在感を強めた。

 後席の足元空間はヤリスとあまり変わらないが、床と座面の間隔が20mm拡大したので、腰が落ち込んで膝の持ち上がる窮屈な着座姿勢は改善されている。後席に座る乗員の足が前席の下に収まり、広々感はないものの、ヤリスほど窮屈ではない。

 販売店では「ヤリスを検討していたお客様が、後席が窮屈という理由で、ヤリスクロスを選ぶこともある」という。

「後席が狭いのはちょっと・・・」という層に対して訴求力があるというヤリスクロス。ボディはヤリスよりひと回り大きく3ナンバーになっている

 乗り心地は低速域では少し硬い。開発者は「売れ筋になるハイブリッドZの場合、乗り心地と走行安定性のバランスでは本当は17インチタイヤがベストだが、外観のカッコよさを考えて18インチを採用した」と述べた。

 それでもヤリスに比べると、粗さを抑えている。WLTCモード燃費は2WD・Zが27.8km/Lだから、ヤリス2WD・Zの35.4km/Lに比べると見劣りする。

 アクアは5ナンバーサイズのコンパクトなハイブリッド車だが、ヤリスに比べるとボディが少し長い。全長は4050mmだからヤリスを110mm上まわり、ホイールベースも50mm伸ばして2600mmに設定した。

 そのために後席の足元空間が広がり、前述の測り方で後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ弱だ。大人4名が乗車して快適に移動できる。

 アクアはヤリスに比べて乗り心地も向上した。ホイールベースの拡大、スイングバルブを内蔵したフロントショックアブソーバーの装着などが利いている。3車のなかでも、乗り心地はアクアが最も快適で、次はヤリスクロス、ヤリスの順番だ。

 そしてアクアは走行安定性も優れている。ヤリスに比べると操舵した時の反応は穏やかだが、危険を避ける時などは、後輪がしっかりと接地して安定性が高い。

 アクアはホイールベースが最も長く、全高は1485mm(2WD)で、ヤリスの1500mm、ヤリスクロスの1590mmに比べると低い。重心も下がり、走行安定性を高めるうえで有利な条件がそろっている。

3種のなかで最も上質なアクア。ボディのサイズ感(と、価格)はヤリスとヤリスクロスの中間だが、後席の空間にも余裕があるという

 アクアで注意したいのは後方視界だ。サイドウインドウの下端を後ろに向けて大きく持ち上げたから、斜め後方が見にくい。後席に座った時も閉鎖感が伴う。

 またホイールベースが長いので、ハイブリッドZの最小回転半径は5.2mだ。ヤリスの同グレードは5.1mだから、アクアは若干大回りになる。ただしヤリスクロスの5.3mよりは小回りが利く。購入時には、販売店の試乗車で車庫入れや縦列駐車を行い、取りまわし性を確認したい。

 アクアのWLTCモード燃費は、2WD・Zで見ると33.6km/Lだ。ヤリスハイブリッド2WD・Zの35.4km/Lには負けるが、ヤリスクロスハイブリッド2WD・Zの27.8km/Lよりは優れている。両車の中間的な数値になる。

■お買い得な車種は?

 装備と価格のバランスも比べたい。

 ヤリスハイブリッド2WD・Zの価格は232万4000円で、アルミホイールは8万2500円、100V・1500Wの電源コンセントは4万4000円のオプションだ。この2つをオプション装着した合計額は245万500円になる。

 ヤリスクロスハイブリッド2WD・Zの価格は258万4000円で、アルミホイールは標準装着される。100V・1500Wの電源コンセントは4万4000円のオプションだから、これを加えた合計額は262万8000円だ。

 アクア2WD・Zの価格は240万円で、アルミホイールや100V・1500Wの電源コンセントは標準装着した。さらにディスプレイオーディオのサイズは、ヤリスとヤリスクロスが8インチなのに対して、アクアは10.5インチに拡大する。

アクアのインパネ。ディスプレイは10.5インチと、ヤリス系の8インチよりひと回り大きくて見やすくなっている

 以上のようにアルミホイールや100V・1500W電源コンセントのオプション価格を含んだ合計額は、アクア2WD・Zが最も安く240万円、ヤリスハイブリッド2WD・Zは245万500円、ヤリスクロスハイブリッド2WD・Zは262万8000円になる。

 しかもアクアは前述のとおりディスプレイオーディオのサイズも拡大され、後席の居住性、走行安定性、乗り心地も3車のなかでは最も優れている。

 従って3車のなかでは最も買い得な車種はアクアだ。ヤリスは居住性、乗り心地、価格の割安度でアクアに劣る。ヤリスは運転感覚がアクアよりも軽快で、燃費性能も優れているが、総合力では勝てない。

アクアはお買い得感が高いコンパクトハイブリッド車だ。居住性、乗り心地、価格の割安度でバランスがいい

 そのためにコンパクトカーのハイブリッドを買うならアクア、ノーマルエンジンならヤリスという選び方になる。

ガソリン車を買うならヤリス。他2車種には設定されていない1Lエンジン仕様など、やろうとすれば絶対的な価格が一番低くできる

 ヤリスクロスも価格の割安感、後席の居住性、乗り心地でアクアに負けるが、SUVという独自の価値を備える。そこに魅力を感じるなら、ヤリスクロスも検討したい。

ヤリスクロスはSUVという独自の価値感やデザインが魅力。ノーマルエンジン仕様なら本体価格約180万円から手が届く

次ページは : ■アクアがお買い得な価格設定になっている理由

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ